ロッド

シマノ ネッサ BBの評価やインプレ!徹底比較すると?

シマノネッサBB

 

びぎなん
シマノ ネッサ BBはどんなロッドかな?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ ネッサ BBの主な特徴

 

シマノのサーフでのヒラメゲームのために作られたネッサのミドルクラスのロッド。

NESSA CI4+といった高級機種の必要な部分だけを搭載した、廉価版ながら十分な実力があります。

初めてサーフのヒラメゲームにデビューする人から、ベテランのサブのロッドとしてもおすすめ。

もちろんパワーのあるモデルなら、人気のライトショアジギングにも流用可能です。

 

特徴などを紹介すると、

ハイパワーX

ハイパワーX

出典:シマノ

 

ハイパワーXというブランクの独自の技術によって、キャスティングのしやすさがかなり向上していて、ブレを押さえて振り抜きやすくなっています。

ジグやルアーの操作性も抜群です。

 

ガイドはステンレスフレームKガイド

ネッサBBガイド

出典:シマノ

さすがにこのクラスのロッドだとKガイドが標準装備。

これからの時代はKガイド以上がスタンダードです。

 

CI4+リールシート

CI4+リールシート

出典:シマノ

 

CI4+の技術でかなりの軽量化と強度アップを同時に実現。

高級ロッドに使われているものなので使用感もバッチリ。

 

シマノ ネッサ BBと他のロッドを比較してみた!

ヒラメ

 

シマノやダイワのほかのショアキャスティングロッドと比較してみましょう。

シマノコルトスナイパーBB、ネッサ XRと比較してみる

 

シマノのロッドと比べてみると、

コルトスナイパーBB S100MH ネッサ BB S1002M ネッサ XR S104M
2ピース・長さ 3.05m 仕舞:157cm 3ピース・長さ 3.1m 仕舞:110cm 3ピース・長さ3.15m 仕舞:110cm
適合ルアー(g) MAX65 ジグMAX80 8~35gジグMAX42 8~36gジグMAX42
カーボン含有率(%):99.9 95.6% 99%
重さ:293g 185g 170g
アルコナイトKガイド ステンレスフレームKガイド,トップSiC ステンレスフレームSICガイド
  ハイパワーX・CI4+リールシート スパイラルXコア・ハイパワーX・CI4+

カーボンモノコックグリップ

定価:21,000円 定価:24,000円 定価:42,000円

 

ネット上での価格的にみると、

  • コルトスナイパーBB S100MH:15000円前後
  • ネッサ BB S1002M:21000円前後
  • ネッサ XR S104M:32000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの同じような価格のショアジギロッドのコルトスナイパーBBと比べてみると、3ピースなので収納が楽♪

キャストできるウェイトが全然違うので、ライトショアジギングがメインなら当然コルトスナイパーBB。

季節によっても狙う魚は変わってくるので、価格的にコルトスナイパーBBとネッサ BB両方揃えてもいいのかと。

 

ネッサ XRには、スパイラルXコアやカーボンモノコックグリップといった最新の技術が採用されているので、かなり使用感が違います。

そのほかの基本的な部分はあまり変わらない印象。

予算が許すならネッサ XRを選ぶべきですが、実用性ではネッサ BBで十分!

浮いたお金でコルトスナイパーBBも揃えてしまうほうがより快適に釣りを楽しめると思います。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 予算があるならネッサ XR
  • 出来たらコルトスナイパーBBとネッサ BB両方欲しいかも (^^;

といったところ。

 

コルトスナイパーサムネイル
参考コルトスナイパーbbの評価インプレは?徹底比較【コスパ最強】

  びぎなんショアジギをやりたいんだけど、コルトスナイパーってどうなんだろう? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ コルトスナイパーbbはどんな ...

続きを見る

 

ダイワのレイジーと比べてみると

ヒラメ

 

ネッサ BB S1002M レイジー 100ML
3ピース・長さ 3.1m 仕舞:110cm 2ピース・3.05 m 仕舞:157cm
8~35gジグMAX42 7~40g
カーボン含有率:95.6% 96%
標準自重:185g 145g
ステンレスフレームKガイド,トップSiC トップSICガイド
定価:24,000円 21,700円

 

ダイワのシーバスロッドと比べてみました。

ジギングや飛距離重視のためにネッサのほうが重たい仕様になっています。

シーバスがメインであればシーバスロッドを買うべきで、サーフでのキャスティングがメインならネッサといった感じ。

レイジーと比べても、やっぱりネッサの仕舞の短さは魅力ですね♪

 

シマノ ネッサ BBのラインナップ

 

全4種類のモデルがあって、ヒラメゲームに最適なものが見つかります。

ネッサ BB S1002M

  • 全長:3.1m
  • 継数:3
  • 仕舞寸法:110cm
  • 自重:185g
  • 先径/元径:2.2 /16.2mm
  • プラグウェイト:8~35g / ジグウェイト:MAX42g
  • 適合ライン PE:0.8~2号

ヒラメゲームの基本の長さとアクション。

飛距離と操作性のバランスが抜群です。

ヒラメ入門にもピッタリ♪

 

 

ネッサ BB S1008MMH

  • 全長:3.25m
  • 継数:3
  • 仕舞寸法:115.3cm
  • 自重:195g
  • 先径/元径:2.2 /16.2mm
  • プラグウェイト:8~38g / ジグウェイト:MAX45g
  • ライン PE:0.8~2号

上のモデルよりももう少し長さとパワーをアップしたモデル。

サーフでは遠投性能が一番大事なので、こちらのモデルを最初から選ぶのも正解。

振り抜きやすさも抜群です。

 

 

ネッサ BB S1102MMH

  • 全長:3.4m
  • 継数(本):3
  • 仕舞寸法:120.3cm
  • 自重(g):200g
  • 先径/元径:2.2 /16.2mm
  • プラグウェイト:8~38g / ジグウェイト:MAX45g
  • 適合ライン PE:0.8~2号

かなり飛距離が必要なポイントにピッタリの一番長いモデル。

それでもS1002Mと15gしか変わらない。

長いわりに操作性も悪くないんです。

 

 

ネッサ BB S1002MH

  • 全長:3.1m
  • 継数:3
  • 仕舞寸法:110.3cm
  • 自重:186g
  • 先径/元径:2.4 /16.2mm
  • プラグウェイト:10~45g / ジグウェイト:MAX52g
  • ライン PE:0.8~2号

シリーズ中最もパワーのあるモデル。

ジギングロッドが重たすぎる、と感じる人にもおすすめ。

飛距離もかなり出ます。

 

 

シマノ ネッサ BBのインプレ、評価

 

ではネッサ BBのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

入門用のロッドとしてはかなり評価が高いです。

上位のロッドと比べると重たい、といった意見もありますが倍以上するロッドと比べると仕方ないです。

これくらいのクラスのロッドを使い倒してから、もっといいロッドを使うことを考えるほうがいいですね♪

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

シマノ ネッサ BBのインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノ ネッサ BBを紹介しました。

ヒラメ専用のロッドってあまりないので、何種類もグレードが選べるのはうれしい所。

ライトショアジギングにも使えることを考えてもコストパフォーマンスが高いロッドと言えます。

 

>>ネッサBBをアマゾンで見てみる 

 

 

 

-ロッド