シーバス

ダイワラテオ Rの評価やインプレ!【完全比較すると】

ダイワラテオ

 

びぎなん
シーバスのタックルを買いたいんだけど、ダイワのラテオRってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ラテオRの主な特徴

 

ダイワの人気シリーズのシーバス、ヒラメ用ロッド。

高級ロッド並みの性能で、19000円~30000円前後で買える、ミドルクラスのしっかりとしたロッド。

初心者の方から、上級者の方まで安定して使えるロッドになっています。

最近は低価格帯のロッドもかなり良くなってきているんですが、釣行回数の多いアングラーや本格的にやっている人にとってはまだまだ物足りない部分があるんです。

そういった部分がほとんどない、どんどん使い込んでいきたい印象のシーバスロッド。

ベイトタイプもありますが、今回は人気のスピニングタイプを紹介します♪

 

特徴などを紹介すると、

HVFナノプラス+X45

ダイワテクノロジー

出典:ダイワ

 

高級ロッドに使われているものと同じ技術で作られたブランク。

軽量さと感度、強度が高くなっています。

 

KタイプSICガイド

ラテオガイド

出典:ダイワ

 

ラインが絡んでもすぐにほどけるKタイプSICガイドを採用しているので、ライントラブルはほとんど起きないです。

この辺りはミドルクラスのロッドの強みかと。

 

エアセンサーリールシート

リールシート

出典:ダイワ

 

高級ロッドのモアザンなどと同じタイプのリールシートを採用。

使いやすさはもちろん、キャスティング、感度などにも影響するので大きなポイントですよ♪

 

ダイワ ラテオRと他のロッドと比較してみた!

 

ダイワの上位、下位の価格帯のロッドと比較してみましょう。

 

レイジー、エンカウンターと比較してみる

 

シマノの同じような価格帯のロッドと比べてみると、

レイジー 90ML ラテオR 90ML ラブラックス AGS 90ML 
適合ルアーウェイト(g) 7~35 7-35g 7-35g
カーボン含有率(%):96 96% 97%
重さ:130g 123g 130g
トップガイドはSiC KタイプSICガイド AGS(エアガイドシステム)
X45・HVFカーボン  HVFナノプラス・X45・エアセンサーシート HVFナノプラス・X45・オーバルリールシート
定価:20,800円 27,000円 41,500円

 

レイジーとラテオなら少し値段は上がりますが、確実にラテオがおすすめ。

ガイドがいいので、ライントラブルが少ないのは釣りをする以前の問題ですからね。

釣りができる時間の大半を、ライントラブルにかけるのはもったいないです。

かなり価格的には上がってしまいますが、ラブラックス AGSも魅力的。

ダイワ独自のガイド、AGS(エアガイドシステム)を採用していますからね。

本格的にシーバスをやりたい、といった方にはラブラックス AGSもいいかと (^^♪

ダイワラブラックスAGSの評価は?【他のロッドとも徹底比較】

 

ダイワのほかのロッドと比較しての個人的な結論としては、

レイジーと迷うならラテオが絶対いい!
高級機種は予算がなければ考えなくてもいいんじゃない

といったところ。

 

シーバス

 

シマノのシーバスロッドと比べてみると

 

ラテオR 86ML ディアルーナ S86ML
ルアー:7-35g 6~32g
カーボン含有率:96% 99.7%
自重:117g 自重(g): 121
KタイプSICガイド ステンフレームKガイド
定価:27,000円 定価:27,500円

 

シマノの同価格帯の人気ロッドと比べてみると、ライバルメーカーだけによく似た感じかと。

ガイドも両方Kガイド。

カーボン含有率はディアルーナのほうが高いです。

 

この辺りはスペックよりもダイワ派かシマノ派か、といった感じになってきますよね。

どちらが上とはいいがたい、両方優秀なロッドと言っていいでしょう♪

両方使って比べてみる、というのは贅沢ですか (^^;

 

ディアルーナ!圧倒的人気のシーバスロッドを徹底紹介

21年発売|シマノムーンショットの評価やインプレ!完全比較

シーバスロッドって結局どれがいいの?ベテランアングラーが厳選!

 

ダイワ ラテオRのラインナップ

 

シーバス

 

全12種類のラインナップがあって、シーバスゲームに必要なものは全て揃っています。

全てのラインアップは公式ホームページをどうぞ。

ここではいくつかおすすめのものをピックアップしました。

 

86ML

  • 長さ(m):2.59
  • 継:2
  • 仕舞(cm):134
  • 重さ(g):117
  • 先径/元径:1.6/11.9mm
  • ルアー(g):7-35

まず最初に一本買うならこのオールラウンドのシーバスロッド。

シーバスやるなら86MLが基本です。

湾奥から大河川の河口までほぼいろんなところで使えます。

サーフのような大遠投の必要なポイント以外に行く場合はおすすめです。

 

 

90ML

  • 長さ(m): 2.74
  • 継(本): 2
  • 仕舞(cm): 142
  • 重さ(g): 123
  • 先径/元径: 1.6/12.4mm
  • ルアー: 7-35g

86MLよりも遠投性を重視したいならこのモデル。

ウェーディングや河口のオープンスペースならうってつけ。

使いまわしの良さと遠投性能のバランスの取れたロッド。

93ML や 93M、96MLといった細かいバリエーションもそろっています♪

 

 

シーバス

 

100ML

  • 長さ(m):3.05
  • 継(本):2
  • 仕舞(cm):157
  • 重さ(g):137
  • 先径/元径:1.6/13.9mm
  • ルアー:7-35g

飛距離が必要なサーフや大河川でも十分に対応できるモデル

軽めのルアーでも意外とキャストできるので、使い勝手はとてもいいですよ!

ポイントまで届かないと当然釣れないので、小場所に行くことのない人はこのモデルで十分です。

もう少しパワーのある100Mもありますよ。

 

 

106M

  • 長さ(m): 3.20
  • 継数: 2
  • 仕舞(cm): 164
  • 重さ(g): 160
  • 先径/元径: 2.0/13.9mm
  • ルアー: 10-50g

サーフなどで遠投してシーバスを狙うのにはうってつけのモデル。

ルアーも50gまでキャストできるので、かなりの飛距離が出ますよ。

シーバスメインで軽くライトショアジギングも、と考えている人にもおすすめできるモデル。

 

 

シーバス

 

110MH

  • 長さ: 3.35m
  • 継数: 2
  • 仕舞(cm): 172
  • 重さ(g): 175
  • 先径/元径: 2.2/15.2mm
  • ルアー: 12-60g

シリーズ中最もパワーのあるモデル。

磯などでのヒラスズキやマルスズキはもちろん青物が来ても全然大丈夫。

シーバスも楽しみながらライトショアジギングもやってみたい人にはかなりおすすめのモデル。

いろいろと使えるほうが確実に出番も増えるし、コストパフォーマンスも高くなりますからね。

若干短めの 100MH もおすすめですよ。

 

 

ダイワ ラテオRのインプレ、評価

 

ではダイワ ラテオRのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

価格的なものを考えてもかなり評判はいいですね。

高級ロッドのモアザンと比べられているところが、このロッドのクオリティの高さが分かります。

自分も以前に旧タイプのラテオ86mlを長く使っていたんですが、かなりしっかりとした実用性重視の作りでとても使いやすかったです。

今回のモデルはそれよりもかなりグレードアップしていますからね。

友人のものを借りて少し投げさせてもらいましたが、やっぱり使いやすい (^^♪

旧タイプよりもかなり軽量化されてシャープに感じました。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ!

 

ダイワ ラテオRのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ラテオRを紹介しました。

価格的にもクオリティ的にもパフォーマンスがかなり優れたロッドなので、絶対おすすめ!

初心者からベテランまで満足すること間違いなしです。

>>アマゾンでラテオRを見てみる

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-シーバス