トラウト

ダイワトラウト X AT・Nのインプレ評価【実用性は半端ない!】

ニジマス

 

びぎなん
ダイワトラウト X AT・Nってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ トラウト X AT・Nの主な特徴

 

ダイワ トラウト X AT・Nは1万円でおつりがくるくらいの価格で買える、エントリークラスのトラウトロッド。

エリアトラウト[管理釣り場]対応のルアーロッドになります。

初心者の初めての一本にも最適ですし、冬の間ちょこっとエリアトラウトをするアングラーにもピッタリ。

価格的にはリーズナブルですが、釣りを楽しむという意味での必要な要素は全部揃っています♪

 

何より気軽に釣りが楽しめる (^^)/

釣りを始めた頃っていきなり高い道具をそろえても釣れなかったり、竿を折ってしまったりすることもしばしば。

家族と一緒に釣りを楽しむときに高級ロッドなんて正直使ってられない (^^;

最近釣りに行った時にうちの子が、

『お父さん、竿踏んずけたけど折れなかったよ!』

としれっと言ってましたからね 笑

 

そうは言っても普通に釣れますから♪

そのあたりは心配いらないです。

 

ではダイワ トラウトXの特徴などを紹介すると、

BRAIDING X

ブレーディングX

出典:ダイワ

 

ブレーディングXという、カーボンをロッドにスパイラル状に巻きつける技術を採用。

ねじれに強くなって反発力も向上しています。

 

リールシート

リールシート

出典:ダイワ

 

リールシートは冬の時期に最適なEVA。

使用感が高いものになっています。

 

聞いたことのないようなメーカーのロッドなど、あまりに安いものははっきり言って使えないものが多い  (^^;

すぐにガイドのリングが外れたり。。。

トラウト X AT・Nは、ダイワだけに釣りをする上での必要条件をしっかりと満たして、耐久性も問題ないロッドになっています。

 

ダイワ トラウト X AT・Nと他のロッドを比較してみた

トラウト釣り堀

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

ダイワ イプリミ、無印トラウト X と比較してみる

 

ダイワの他のロッドと比べてみると、

トラウト X  60XUL トラウト X AT・N 60XUL イプリミ  60XUL
2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm
0.8-4g 0.8-4g 0.6-3g
99% 98% 84%
80g 80g 64g
記載なし 記載なし ステンレスフレームKガイド、SiCリング
ブレーディングX ブレーディングX ブレーディングX
定価:オープン価格 定価:9,900円 定価:13,800円

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウトX 60XUL:9000円前後
  • トラウト X AT・N 60XUL:8000円前後
  • イプリミ  60XUL:12000円前後

[価格は変動します]

エントリークラスのトラウトロッド3種類を比べてみました。

無印のトラウトXと比べてみるとスペック的にはほぼ一緒。

でもトラウト X AT・Nは発売時期がかなり遅いだけにデザインがカッコいい♪

リールシートのデザインもよくなっているので、確実に操作感は無印より高いかと。

 

上位のイプリミと比べてみると、モデルにもよるんですが価格が約1.5倍。

でもイプリミはKガイド、SiCリングというミドルクラスレベルのガイド!

特に初心者の方はライントラブルに悩まされることが多いので、しっかりしたガイドがついているほうが安心です。

重さも16g軽いので、操作感はトラウト X AT・Nよりずいぶん上に感じますよ。

 

そういったことを考慮すると、

釣りが初めての方や、家族や子供に買ってあげる場合はトラウト X AT・Nが最適ですね。

いつ折ってしまうか分からないので、できるだけコストを抑えたいところ。

少しお金をかけられる人や、長く使いたい人はイプリミのほうが絶対いい♪

トラウトだけじゃなくて、メバリングやアジングといったPEラインを使うようなライトゲーム全般に使えるのでコスパも高いです。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ゆるーく楽しみたいならトラウト X AT・N
  • 本格的に使いたいならイプリミ

といったところ。

 

参考ダイワ イプリミの評価インプレ【入門には最高のロッド!】これしかない

  びぎなんダイワ イプリミってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ イプリミはどんなロッド? ダイワ イプリミの主な特徴 ...

続きを見る

 

シマノ ルアーマチックと比べてみると

トラウト

 

シマノの他のロッドと比べてみると、

トラウト X AT・N 60XUL ルアーマチック S60SUL
2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm
0.8-4g 1.5~4.5g
98% 95.9%
80g 88g
記載なし Fuji Oリングガイド
ブレーディングX
定価:9,900円 定価:バリュープライス

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウト X AT・N 60XUL:8000円前後
  • ルアーマチック S60SUL:6000円前後

[価格は変動します]

シマノのエントリークラスのトラウトロッドと比べてみました。

ルアーマチックは昔からある、入門用ロッド。

価格はものすごくリーズナブル!

できるだけコストを抑えたい人にはルアーマチックがおすすめです♪

 

トラウト X AT・Nの発売時期は21年のものが多いので、デザインや性能はルアーマチックよりかなり高い!

少しでも性能などにこだわる人はトラウト X AT・Nが最適でしょう。

 

ルアーマチックサムネイル
参考ルアーマチック解説!この価格でこの性能はずば抜けてる

  びぎなんシマノのルアーマチックって最近人気があるみたい。 すごく安いけどどうなんだろう   シマノのルアーマチックはすごく安いんですよね。 どんな性能なんでしょうね。 今回はル ...

続きを見る

 

ダイワ トラウト X AT・Nのラインナップ

リール

 

モデル 重さ 長さ 仕舞 ルアー 適合
ライン
(lb.)
カーボン 定価[円]
40XUL・N 74g 1.22m 2 65cm 0.8-4g 1.5-4 92% 6,800
46XUL・N 78g 1.38m 2 72cm 0.8-4g 1.5-4 92% 7,400
50XUL・N 82g 1.52m 2 80cm 0.8-4g 1.5-4 92% 8,000
56XUL・N 76g 1.68m 2 87cm 0.8-4g 1.5-4 98% 9,600
56UL・N 78g 1.68m 2 87cm 0.8-7g 2-6 98% 9,600
60XUL・N 80g 1.83m 2 95cm 0.8-4g 1.5-4 98% 9,900
60UL・N 81g 1.83m 2 95cm 0.8-7g 2-6 98% 9,900
60L・N 82g 1.83m 2 95cm 1-10g 3-8 98% 9,900

 

全8種類のラインナップ♪

トラウト X AT・N 40XUL、46XUL、50XUL

 

小さなエリアに最適な3つのショートモデル。

取り回しがいいので、お子さんや女性にもピッタリです。

長さが短いのでアタリもわかりやすくて楽しいロッド。

 

トラウト X AT・N 56XUL、56UL

 

エリアトラウトでオールマイティーに使える5.6フィート。

56XULはマイクロスプーンなど軽量なルアーにピッタリ。

56ULは万能に使えるベーシックモデル。

 

トラウト X AT・N 60XUL、60UL、60L


少し大きめのエリアで遠投したい場合に活躍する6フィートモデル。

60XULはかなり軽量なルアーをしっかり操作できます。

60ULは何でもできる基本のモデル。

60Lはプラグなども使いたい時に。

ソルトでも使いたければ60UL、60Lがおすすめです♪

 

ダイワ トラウト X AT・Nのインプレ、評価

 

ではトラウト X AT・Nのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

スペックがほぼ同じの無印トラウトX のものも含めていい評価が多いです。

ほかにも、

  • 普通に釣れる
  • 万能ロッド
  • コスパ最高
  • 感度も結構高い
  • 使いやすい

 

悪いものでは、

  • 上位のモデルと比べるとやっぱり劣る
  • イプリミを買ったほうが後悔しない

 

価格の割に使いやすい、という意見が多いです。

エリアだけじゃなくて渓流や河川、ソルトでも十分使えますよ。

さすがのダイワだけに折れた、といったレビューはほとんどないです。

普通のコンディションであれば、エリアに限らずロッドの性能よりもポイントの選び方やルアーの操作などが一番重要なんです。

反応する魚がいて、そこに正しいルアーを投げてあげれば自然と釣れるもの。

トラウト X シリーズは初心者でも十分釣果を上げられる性能があります (^^)/

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ トラウト X AT・Nのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ トラウト X AT・Nを紹介しました。

無印トラウト Xよりもデザインがかっこよくなって、使うのが楽しいロッド。

肩ひじ張らずに楽しむにはちょうどいい感じのシリーズに仕上がっていますよ (^^♪

 

>> トラウト X AT・N シリーズはこちら 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト