トラウト

シマノ 19 トラウトライズのインプレ評価【このクラスでは最強】

トラウトのポイント

 

びぎなん
シマノ 19 トラウトライズってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ 19 トラウトライズの主な特徴

 

シマノ 19 トラウトライズは、一万円でおつりがくるくらいの入門用エリアトラウト&ネイティブトラウトロッド。

釣りを始めるときって、ロッドやリールだけじゃなくルアー、ライン、小物類、といったものにこまごまと出費がかさむんです。

そういった面でできるだけコストを抑えて、気軽に始められるのがトラウトライズシリーズ。

 

安くてもシマノ品質、しっかりと使えます!

最初は高いロッドは必要ないんです、初めて買うロッドってかなり高い確率で折りますから ((+_+))

エントリークラスのロッドを折ってから、上位の高いものに買い替えていけばいいんです。

トラウトライズは、釣ることに関しては実用レベル以上の性能!

まずは気軽に楽しく釣りをすることが大事です。

 

では19 トラウトライズの特徴などを紹介すると、

ステンレスフレームSiCリングガイド[トップ]

 

この価格でSiCガイドがついているのはかなり嬉しい所。

ソルトのライトゲームなど、PEラインを使う釣りにも安心して使えます♪

 

セパレートグリップ

セパレートグリップ

出典:シマノ

 

グリップも使いやすいセパレートタイプ。

シマノオリジナルリールシートとの組み合わせで使用感も高いです。

 

使われている技術は、それほどびっくりするようなものがさすがにないですが、釣り楽しむといった意味では必要十分な機能を備えています。

ネットなどではものすごく安いロッドもたくさんあるんですけど、マイナーなメーカーのロッドだとやっぱりガイドリングが外れたりかなりトラブルが多い。

ある程度釣りに慣れた人なら激安ロッドでも意外と問題ないんですが、初心者は基本的にやめといたほうが無難です ((+_+))

 

シマノ 19 トラウトライズと他のロッドを比較してみた!

トラウト

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

 

ルアーマチック、トラウトワン ASと比較してみる

 

シマノの他のロッドと比べてみると、

ルアーマチック S60UL トラウトライズ S60UL トラウトワン AS S60UL-F
1.83m 2ピース・仕舞:94.8cm 1.83m 2ピース・仕舞:93.9cm 1.83m 2ピース・仕舞:93.8cm
適合ルアーウェイト(g) 2~6 適合ルアーウェイト(g) 1~8 ルアー:0.7~6g
カーボン含有率(%):96.5 カーボン含有率(%):95.2 カーボン:95.6%
重さ:90g 重さ:76g 重さ:70g
Fuji Oリングガイド ステンレスフレームSiCガイド[トップ] 記載なし
  シマノオリジナルリールシート ハイパワーX・スリムエアーシートCI4+・アクティブフェルール・ソフチューブトップなど
バリュープライス 定価:11,100円 定価:18,300円

 

ネット上での価格をみると、

  • ルアーマチック S60UL:7800円前後
  • トラウトライズ S60UL:9500円前後
  • トラウトワン AS S60UL-F:14000円前後

[価格は変動します]

シマノのエントリークラスのトラウトロッドを比べてみました。

ルアーマチックと比べてみると、S60ULの価格は1700円ほどの違い。

トラウトライズのほうがトップがSICで、重さも軽くなっています。

ルアーマチックのすごい所はルアーマチック S56ULなら5600円前後[変動します]というかなりのコスパ!

もし初めて釣りをする人ならルアーマチックの安いモデルもおすすめです(^^)/

気軽に始めるほうが絶対楽しめる!

 

ルアーマチックサムネイル
参考ルアーマチック解説!この価格でこの性能はずば抜けてる

  びぎなんシマノのルアーマチックって最近人気があるみたい。 すごく安いけどどうなんだろう   シマノのルアーマチックはすごく安いんですよね。 どんな性能なんでしょうね。 今回はル ...

続きを見る

 

トラウトワン ASと比べると、実売の価格差は1.5倍ほど。

トラウトワン ASはエントリークラスの中でも一番上位のモデルで、ガイド以外はトラウトライズよりも数段上。

これから本格的に釣りを始めたい、予算もあるよ、という人はトラウトワン ASを選ぶ方が後悔しない♪

トラウトワン ASはミドルクラスのカーディフと比べてもそれほど変わらない、といった意見もあるくらい性能が高いです。

 

参考シマノトラウトワン ASのインプレ評価【パフォーマンスは最高!】

  びぎなんシマノトラウトワン ASってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノトラウトワン ASはどんなロッド? シマノトラ ...

続きを見る

 

トラウトライズはトラウトワン ASが予算的に手が届かない人にピッタリかと。

ルアーマチックの存在がある分、トラウトライズはコスパの良さが目立たない感じになってますね (^^;

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 初めて釣りをするなら、ルアーマチックの安いモデルがコスパがいい
  • 予算があるならトラウトワン ASも視野に入れたいところ

といった感じ。

 

ダイワ イプリミと比べてみると

泳ぐトラウト

 

トラウトライズ S60UL イプリミ 62UL
1.83m 2ピース・仕舞:93.8cm 1.88m 2ピース・仕舞:97cm
適合ルアーウェイト(g) 1~8 ルアー:0.7~6g
カーボン含有率(%):95.2 カーボン:84%
重さ:76g 重さ:68g
ステンレスフレームSiCガイド[トップ] ステンレスフレームKガイド[オールSiCリング]
シマノオリジナルリールシート ブレーディングX・TVSシート
定価:11,100円 定価:13,800円

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウトライズ S60UL:9500円前後
  • イプリミ 62UL:11000円前後

[価格は変動します]

ダイワのエントリークラスのロッドと比べてみました。

イプリミのほうが少しだけ価格が高いんですが、ガイドもブランクもレベルの高いものを使っています。

イプリミはKガイド[オールSiCリング]!

初心者はライントラブルに悩まされてしまうことが多くて、穂先に絡まったままキャストしてロッドが折れてしまう、こともしばしば ((+_+))

なので初心者にこそKガイドがおすすめ!

 

トラウトライズとイプリミで迷うのなら、僕ならイプリミを選びますね。

 

参考ダイワ イプリミの評価インプレ【入門には最高のロッド!】これしかない

  びぎなんダイワ イプリミってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ イプリミはどんなロッド? ダイワ イプリミの主な特徴 ...

続きを見る

 

シマノ 19 トラウトライズのラインナップ

 

モデル 長さ 継数 仕舞 重さ 先径 ルアー 適合ラインナイロン (lb) 適合ラインPE(号) カーボン 価格
S60XUL 1.83m 2 93.9cm 72g 1.3mm 0.5~4g 1~4 0.2~0.6 95% 10,500円
S60SUL 1.83m 2 93.9cm 77g 1.3mm 0.6~6g 1.5~4 0.2~0.6 95.3% 10,800円
S63SUL 1.91m 2 97.9cm 77g 1.3mm 0.6~6g 1.5~4 0.2~0.6 95.5% 11,100円
S66SUL 1.98m 2 101.4cm 79g 1.3mm 0.6~6g 1.5~4 0.2~0.6 95.6% 11,400円
S60UL 1.83m 2 93.9cm 76g 1.3mm 1~8g 1.5~6 0.2~0.6 95.2% 11,100円
S63UL 1.91m 2 97.9cm 77g 1.3mm 1~8g 1.5~6 0.2~0.6 97.2% 11,400円
S66UL 1.98m 2 101.4cm 79g 1.3mm 1~8g 1.5~6 0.2~0.6 95.4% 11,700円

 

全7種類のラインナップ♪

19 トラウトライズ S60XUL

 

シリーズ中一番柔らかいエクストラ・ウルトラライトモデル♪

0.5~4gまでのルアーが投げられます。

  • マイクロスプーン◎
  • 小型クランク◎

 

19 トラウトライズ S60SUL、S63SUL、S66SUL

 

エクストラ・ウルトラライトよりも少し重ためのルアーに対応する、スーパーウルトラライトの3つのモデル。

0.6~6gと幅広いルアーに対応しています♪

  • マイクロスプーン〇
  • スプーン◎
  • プラグ◎
  • 遠投性〇[S63SUL]、◎[S66SUL]

 

19 トラウトライズ S60UL、S63UL、S66UL

 

一番パワーのあるウルトラライトの3つのモデル。

1~8gと重ためのルアーに対応。

  • マイクロスプーン△
  • 大型スプーン◎
  • 大型プラグ◎
  • ビックトラウト◎
  • 遠投性〇[S63UL]、◎[S66UL]

 

今回紹介している19 トラウトライズシリーズ

 

シマノ 19 トラウトライズのインプレ、評価

 

ではシマノ 19 トラウトライズのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

釣りを始めるときに購入する人が多いモデルで、エントリークラスの中では使いやすい、といった意見がほとんどです。

当然上を見るときりがないですから ((+_+))

初心者の初めての一本として、1万円以下で買えるものの中では優れたモデルといえますね。

アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

シマノ 19 トラウトライズのインプレ、評価まとめ

 

今回は19 トラウトライズを紹介しました。

入門用の価格帯で買えるトラウトロッドとしてはかなりの性能♪

この冬は管理釣り場で楽しみましょう!

 

>>シマノ 19 トラウトライズをアマゾンで見てみる 

>>シマノ 19 トラウトライズを楽天で見てみる 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト