シーバス ロッド

ルアーマチック解説!この価格でこの性能はずば抜けてる

ルアーマチック

 

びぎなん
シマノのルアーマチックって最近人気があるみたい。

すごく安いけどどうなんだろう

 

シマノのルアーマチックはすごく安いんですよね。

どんな性能なんでしょうね。

今回はルアーマチックを紹介したいと思います。

 

こんな記事

  • シマノのルアーマチックを大紹介

こんな人向け

  • 初めてルアー用のロッドを購入する人
  • 安いパックロッドがほしい人

 

[toc]

 

シマノ、ルアーマチックとは

ルアーマチックパックロッド

amazonホームページより引用

 

トラウトやバスから、ソルトではアジング、シーバスまでたくさんのモデルがあります。

普通の2ピースモデルは、スピニング用とベイト用があります。

ベイト用は2種類だけですが、スピニング用は19種類もあるんです。

ルアーマチックMBのパックロッドモデルもあって、そっちが気になっているんですよね!

ルアーマチックMBは6種類がラインナップ!

一応PEラインにも対応しています。

 

コストパフォーマンスがものすごい

アジやメバル用のS76ULなんて、アマゾンで4800円前後で売っています。

4800円ですよ!

シマノのブランドですからね。

中国製のノンブランドじゃないですよ。

アマゾンの評価もかなり多いんです、売れてる証拠。

評価もとてもいいので、性能も問題ないです。

パックロッドも大体7000円前後で手に入るってすごくないですか?

 

ルアーマチックの特徴

ルアーマチックリールシート

amazonより引用

 

これだけの価格を実現するのに仕方ないですがリールシートなどはさすがに安っぽいですね。

少し使っている間に緩んでくることもあるようです。

でもこういうロッドに高級感とか求めちゃダメ!笑

あくまでこういうロッドは車で言うと普通の軽トラ。

高級感なんかより、走ってくれりゃそれでいいんです。

この価格でもカーボン95%のモデルもあるので、感度も問題ないですね。

でもこの値段なのでガイドがさすがにあまり良くないです。

 

ポイント

ルアーマチックはとても評判のいいロッド

 

安いロッドで釣れるの?

初心者の人ってロッドが安ければ釣れないんじゃないか、と思っていませんか?

でも僕が思うに、

高いロッドだから釣れる魚はいない。

これは自信をもって言えますね。

結局魚釣りで一番大事なのは

 

  1. タイミング(シーズン、時間帯)
  2. ポイント(場所)
  3. ルアー

 

シーズン、時間帯、ポイントがあってないとルアーや腕がよくてもなかなか釣れない。

逆にシーズン、時間帯、ポイントがあっていれば多少ルアーや腕が悪くても普通に釣れる。

この中にロッドは入っていないです。

ロッドは、硬さとアクションがその釣りにあっていれば大丈夫!

チニングで2000円の鱒レンジャー使ってみましたが、3万円の竿と同じように釣れる。笑

鱒レンジャーがチニングに合っているのはあるんですけど。

2000円でも3万円でも、釣り方とポイントとシーズンがあっていれば釣れるんですよね。

 

ポイント

安いロッドだから釣れない、ということはない!

 

コスパ最強

 

安いロッドのメリット、デメリット

メリットですが、初心者はまず確実にロッドを折る!

これ確信をもって言えます。

ロッドを折ったことのないアングラーっていないですよ。

ロッドが悪いんじゃなくて、不注意で折ってしまいます。

これ仕方ない。

慣れれば不思議と折らなくなりますからね。

最初は安いものがいいですよ。

 

デメリットは、重かったり、ガイドが悪いとラインが絡んだりしがち。

それが気になるなら、1万円以上のロッドを選んだほうがいいですね。

 

ポイント

ロッドは折れるから最初は安いものを選ぼう!

 

チニングロッドについて解説

チニングロッド圧倒的に釣果が変わる一本はどれ?

 

気になるルアーマチックのモデル紹介

今回は管理人の大好きなパックロッドシリーズ、ルアーマチックMBの中から紹介します。

パックロッドといっても、壊れやすかったりするテレスコではないんです!

3ピース、4ピースモデルなので使いやすい。

シマノは3ピースロッドなどは定評がありますからね。

安くても性能は折り紙付きです!

ルアーマチック種類

amazonホームページより引用

ルアーマチックMB S70UL-3

 

  • コスパ 
  • お勧め 

適合ルアー0.8-10g

メバリングやアジング用の3ピースロッド。

6000円台で買える、コスパがやばいパックロッド。

チニングにもピッタリそうですよ。

重さも80gとめちゃくちゃ軽い。

初心者にはこれくらいの長さ(7ftくらい)が使いやすい。

メバリングやチニングをやってみたい方にはピッタリのパックロッド!

 

ルアーマチックMB S80L-4

 

  • コスパ 
  • お勧め 

ルアー5-25g。

シーバスやエギング用の万能ロッド。

S80L-4はチニング、シーバスをメインにやりたい人にはピッタリです。

バイクや、自転車釣りに行く人にとっては、パックロッドってありがたい。

普段車で行く人も、たまの旅行に持っていくのにもGOOD。

 

ルアーマチックMB S90M-4

 

  • コスパ 
  • お勧め 

ルアー6-32g。

9ftくらいになってくると2ピースのロッドだと本当にかさばる!

自転車釣行とか無理無理!

こういう時にパックロッドの出番です。

4ピースロッドだと77cmに収まっちゃいますから。

移動がほんと楽。

シーバスからショアジギングまでこなせるロッド。

上級者でもこの価格ならサブのロッドでほしいです!

 

ポイント

ルアーマチックMBは使いやすい万能ロッド系が揃ってる!

 

パックロッドが熱い

 

ルアーマチックと合わせて使いたいリール

これが一番重要なポイントなんですよ!

ロッドが安いんで、リールも5000円くらいのワゴンに入っているようなものでいいような気がしません?

そこがあなた、間違ってます。

リールはエントリーモデルといわれるような価格帯のものは避けたほうがいいです。

少しお金を使ってもいいところなんです。

最低でも実売価格が1万円以上のモデルを購入することをお勧めします。

理由は

  • ロッドと違って壊れない
  • 安いリールはライントラブルで釣りにならない
  • リールはメンテ次第で長く使える

リールは、釣りに行った後に水洗い、注油さえしていけば壊れないです。

不注意で折れたりしないですからね。

金属だし。

初心者でも少し高いもの買っても大丈夫。

スプールに傷が入ってもサンドぺーパーで磨けばいいんです。

逆に安いリールは壊れやすいですね。

ねじが外れたりとか。。。

また安いリールにPEラインとか最悪です。

スプールにラインが絡んだりすることも多くて、イライラしちゃいます。

中級クラスのリールだとそういうライントラブルがほぼないんです。

例えばシマノだとアルテグラ以上のモデルがおすすめです。

ダイワだとフリームス以上のモデルです。

どちらも12000円前後で購入できますね。

このクラスだと釣りがうまくなってからでも不満なく使えます。

 

ポイント

リールは中級クラスのものを買ったほうがいい!

 

シマノルアーマチックまとめ!

  • コスパ 
  • お勧め 

こちら4800円前後で買えますからね。

メバルやアジングのロッドをまだ持っていない人は買って損のないロッドです。

 

シマノのロッドがこういう格安で手に入るってすごく便利ですよね。

安いノンブランドのロッドはやっぱり使いづらかったり、耐久性がなかったりするんです。

その分シマノだと、最低ラインは満たしていますからね。

購入するときも安心感が違います。

 

普段はシーバスだけど、年に数回メバリングをするとかそういったニーズに合わせて使っていきたいロッドになっています。

高級ロッドも惹かれますけど、こういうローエンドモデルも不思議と興味がそそられます。

いろんな価格帯のロッドで遊べるのも釣りの一つの魅力かもしれませんね!

-シーバス, ロッド