トラウト

シマノトラウトワン ASのインプレ評価【パフォーマンスは最高!】

ニジマス

 

びぎなん
シマノトラウトワン ASってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノトラウトワン ASの主な特徴

 

シマノトラウトワン ASは、エントリークラスの価格にかかわらず本格的なエリアトラウトロッド。

高級モデルに使われているような技術が採用されているので、操作感はワンクラス上。

実売の価格的にも13,000円ほどと、初心者の初めての一本にもピッタリなリーズナブルさ♬

 

エントリークラスのロッドじゃ釣れないんじゃないの、と思うかもしれませんが、全然そんなことはないです。

最近の実売で1万円を超えるようなロッドは、はっきり言って釣るのには何も問題がないレベル。

例えば高級クラスの感度を表現すると、すさまじい、ヤバイ、次元が違う、といった感じだと思うんです。

それに対してトラウトワン ASレベルのロッドの感度は、悪くないよね、といったところ♪

 

高級ロッドには当然敵わないんですが、実用性やコスパでは決して負けていない!

 

これくらいのロッドをガンガン使って釣りを楽しむ方が、上手くなるのも早いですよ。

 

ではシマノトラウトワン ASの特徴などを紹介すると、

ハイパワーX、CI4+

ハイパワーX

出典:シマノ

 

ハイパワーX、CI4+といった高級ロッドにも採用されているカーボンの技術を採用しています。

軽量かつねじれなどに強くなって、感度も向上しています。

 

アクティブフェルール

 

この価格でアクティブフェルールを搭載!

継の部分がしなやかに曲がることによって、キャスティング性能や感度が大幅アップ。

 

スリムエアーシートCI4+

スリムエアーシートCI4+

出典:シマノ

 

CI4+素材の軽量で高感度なリールシート。

ベイトモデルはファイティンググリップTYPE R。

 

トラウトワン NS AS の違い

 

NSはネイティブトラウト向けのモデル。

渓流や湖などでトラウトを狙う時にピッタリ。

流用することもできますが、エリア用とネイティブ用だとアクションや硬さが変わってきます。

 

シマノトラウトワン ASと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

シマノ トラウトライズ、カーディフ AXと比較してみる

トラウトの群れ

 

トラウトライズ S60UL トラウトワン AS S60UL-F カーディフ AX S62UL
1.83m 2ピース・仕舞:93.9cm 1.83m 2ピース・仕舞:93.8cm 1.88m 2ピース・仕舞:96.2cm
適合ルアーウェイト(g) 1~8 ルアー:0.7~6g ルアー:0.7~6g
カーボン含有率(%):95.2 カーボン:95.6% カーボン:96.2%
重さ:76g 重さ:70g 重さ:69g
ステンレスフレームSiCガイド[トップ] 記載なし ステンレスKガイド・チタンATガイド
シマノオリジナルリールシート ハイパワーX・スリムエアーシートCI4+・アクティブフェルール・ソフチューブトップなど ハイパワーX・スパイラルX・スリムエアシートCI4+・アクティブフェルール・ソフチューブトップなど
定価:11,100円 定価:18,300円 定価:28,800円

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウトライズ S60UL:9500円前後
  • トラウトワン AS S60UL-F:14000円前後
  • カーディフ AX S62UL:20000円前後

[価格は変動します]

シマノのエントリークラスやミドルクラスのトラウトロッドと比べてみました。

トラウトライズと比べると、実売価格は約1.5倍。

トラウトワン ASのほうがブランクやリールシートなど大幅にグレードアップしています。

これから釣りにはまるかどうかわからない、子どもに買ってあげる場合などコストをできるだけ抑えたい場合はさらに安い6000円くらいで買えるルアーマチックがおすすめ♪

トラウトライズでもSICガイドだし悪くはないんですけど、ちょっと中途半端な感じかなと (^^;

ある程度の頻度で行く予定の人は、もう少し出してトラウトワン ASにしておくほうが後々後悔しない!

 

ルアーマチックサムネイル
参考ルアーマチック解説!この価格でこの性能はずば抜けてる

  びぎなんシマノのルアーマチックって最近人気があるみたい。 すごく安いけどどうなんだろう   シマノのルアーマチックはすごく安いんですよね。 どんな性能なんでしょうね。 今回はル ...

続きを見る

 

カーディフ AXと比べると実売価格は1.4倍くらい。

カーディフ AXはさすがにミドルクラスのロッドだけに、チタンガイドまでついてくるので性能は段違いに高いです。

いまエントリークラスのロッドをすでに使っている人はカーディフ AXを選択するほうが絶対にいい!

違いがはっきりと分かるはず (^^)/

>>カーディフAX

もし初めての一本やサブのロッドならトラウトワン ASがおすすめです。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • トラウトワン ASは初めての一本に最適
  • 入門用から買い替えるならカーディフ AX

といったところ。

 

ダイワ イプリミと比べてみると

トラウト

 

トラウトワン AS S60UL-F イプリミ 62UL
1.83m 2ピース・仕舞:93.8cm 1.88m 2ピース・仕舞:97cm
ルアー:0.7~6g ルアー:0.7~6g
カーボン:95.6% カーボン:84%
重さ:70g 重さ:68g
記載なし ステンレスフレームKガイド[オールSiCリング]
ハイパワーX・スリムエアーシートCI4+・アクティブフェルール・ソフチューブトップなど ブレーディングX・TVSシート
定価:18,300円 定価:13,800円

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウトワン AS S60UL-F:14000円前後
  • イプリミ 62UL:11000円前後

[価格は変動します]

ダイワのエントリークラスのイプリミと比較してみました。

ブランクやジョイント、リールシートといった部分は、価格が高い分トラウトワン ASが勝っています。

ガイドはステンレスフレームKガイド[オールSiCリング]が付いたイプリミに軍配が上がるかと♪

 

ガイドをとるかほかの部分の性能をとるか、といった感じになっています (^^;

デザインも対照的なので、見た目が気に入ったほうでもいいかも。

PEラインを使わなければSICじゃなくてもいいですし、トップガイドを交換するだけなら釣具屋ですぐに可能なので、予算があれば個人的にはトラウトワン ASがおすすめです♪

 

参考ダイワ イプリミの評価インプレ【入門には最高のロッド!】これしかない

  びぎなんダイワ イプリミってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ イプリミはどんなロッド? ダイワ イプリミの主な特徴 ...

続きを見る

 

シマノトラウトワン ASのラインナップ

 

モデル 長さ 継数 仕舞 重さ 先径 ルアー 適合ラインPE(号) カーボン含有率 定価[円]
S57XUL-F 1.7m 2 87.3cm 68g 1.4mm 0.4~2.5g 0.2~0.6 96.1% 17,400円
S60XUL-F 1.83m 2 93.8cm 68g 1.4mm 0.4~2.5g 0.2~0.6 95.9% 17,700円
S60SUL-F 1.83m 2 93.8cm 70g 1.4mm 0.5~4.5g 0.2~0.6 96.2% 18,000円
S60UL-F 1.83m 2 93.8cm 70g 1.4mm 0.7~6g 0.2~0.6 95.6% 18,300円
S66SUL-F 1.98m 2 101.3cm 75g 1.4mm 0.5~4.5g 0.2~0.6 95.4% 18,500円
S66UL-F 1.98m 2 101.3cm 70g 1.4mm 0.7~6g 0.2~0.6 95.6% 18,800円
B60SUL-F 1.83m 2 93.8cm 85g 1.4mm 1.5~4g 0.2~0.6 96.4% 18,300円
B66UL-F 1.98m 2 101.3cm 90g 1.4mm 1.5~6g 0.2~0.6 95.9% 19,100円

 

※F:ファーストアクション
※S:スピニング  B:ベイトモデル

 

全8種類のラインナップ♪

全てファーストアクション[先調子]。

ルアーのアクションをつけやすく、キャスティング性能が優れています。

 

トラウトワン AS S57XUL-F、S60XUL-F

 

一番柔らかいタイプのエクストラ・ウルトラライトモデル。

ルアーは 0.4~2.5g まで対応。

  • マイクロスプーン◎
  • プラグ〇

 

トラウトワン AS S60SUL-F、S66SUL-F

 

XULよりも少し重ためのルアーを扱うのにピッタリなスーパーウルトラライトモデル。

ルアーは 0.5~4.5g に対応。

  • スプーン◎
  • プラグ◎

 

トラウトワン AS S60UL-F、S66UL-F

 

ミノーやクランクなどを得意とするウルトラライトモデル。

ルアーは0.7~6gに対応。

  • 軽量スプーン〇
  • プラグ◎
  • ボトム◎

 

トラウトワン AS B60SUL-F、B66UL-F

 

一度使うと病みつきになるベイトモデルも2種類ラインアップ♪

 

シマノトラウトワン ASのインプレ、評価

 

ではシマノトラウトワン ASのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

軽いから使いやすい上位機種と使い比べても劣らない、といった感じの意見が多いです。

価格の割にしっかりとした、ミドルクラス並みの使用感と言ってもいいのではないかと♪

SICガイドなら良かった、といった意見もありましたね。

アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

シマノトラウトワン ASのインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノトラウトワン ASを紹介しました。

パフォーマンスが優れたロッドなので、これから本格的に釣りをやってみたい、サブのロッドが欲しいといった人にピッタリ♪

 

>>アマゾンでトラウトワンASを見てみる 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト