トラウト

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのインプレ!!

渓流のポイント

 

びぎなん
ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーの主な特徴

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーは中堅クラスのネイティブトラウト用のロッドシリーズ。

実際の価格帯はモデルにもよりますが30000円前後。

この辺りの価格帯になってくると、さすがにいろんな最先端技術が使えるので、エントリークラスとは一味も二味も違った使用感になってきます。

現在1万円前後のロッドを使っている人の、次の一本に最適!

初心者でも予算がかなりある方なら、ちょっと贅沢ですが思い切ってこの辺りのクラスのロッドで初めてもいいかもしれません♪

ここ最近のロッドは低価格帯[1万円前後]でもかなりのスペック。

少し前の高級モデルに採用されていた技術が使われているものも多いんです。

そんなロッド環境の中で、ミドルクラスのロッドのメリットは非常に大きい!

普通のコンデションであればエントリークラスのロッドでも十分に釣りを楽しめますよ。

でも風が強かったり流れが速いようなタフな状況下では、ミドルクラス以上のロッドの性能がはっきり出ます♪

強風だろうが激流だろうが、あるレベル以上のロッドなら釣りが成立する!

エントリークラスのロッドでは攻めきれないような時でも、シルバークリーク ストリームトゥイッチャーなら攻略できてしまいます。

 

ではシルバークリーク ストリームトゥイッチャーの特徴などを紹介すると、

X45、HVF

ダイワX45

出典:ダイワ

 

X45、HVFはブランクに使われているカーボンの技術。

高級ロッドにも採用されています。

 

V-JOINT

V-ジョイント

出典:ダイワ

 

V-ジョイントは継の部分がしなやかに曲がる技術。

特に源流向けのパックロッドの性能に大きく貢献!

マルチピースでもしなやかで柔らかい調子になっています。

 

チタンフレームSiCガイド

 

ミドルクラスらしいチタンガイド搭載!

足場の悪い場所などを移動することが多い釣りなので、軽量でかつ頑丈なチタンフレームはかなりポイントが高いです♪

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーと他のロッドを比較してみた!

トラウト

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

ダイワ ワイズストリーム、シルバークリーク グラスプログレッシブと比較してみる

 

ワイズストリーム 49L-3 シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 46UL-4
シルバークリーク グラスプログレッシブ 48UL-G
1.45m 3ピース・仕舞:52cm 1.37m 4ピース・仕舞:40cm 1.42m 2ピース・仕舞:74cm
ルアー:2-9g ルアー:1.5-7g ルアー:1.5-7g
カーボン:95% カーボン:99% カーボン:31%
重さ:80g 重さ:80g 重さ:68g
チタンフレームSiCガイド、KL-HフレームSiCガイドなど チタンフレームSiCリングガイド チタンフレームSiCリングガイド
X45 X45・HVF・V-JOINT SVF GLASS・X45・V-JOINT・GLATECH Construction
定価:20,400円 定価:33,000円 定価:42,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • ワイズストリーム 49L-3:19000円前後
  • シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 46UL-4:29000円前後
  • シルバークリーク グラスプログレッシブ 48UL-G:37000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワの源流向けのモデルを比べてみました。

ワイズストリームとの実際の価格差は10000円ほど。

ワイズストリームはリーズナブルなパックロッドシリーズ。

テレスコなども揃っていて、楽しいモデルが多いです。

ワイズストリームはこのクラスでは仕方ないんですが、マルチピースにありがちな硬めのロッド。

実用に問題あるほどではないですが、柔らかめのしなやかなトラウトロッドが好きな人には使いにくく感じるかも ( ;∀;)

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーはV-JOINT搭載で、マルチピースでもしなやかで食い込みがいい!

パックロッドを探していてワイズストリームと悩むのなら、予算があればシルバークリークを選ぶほうが間違いないです。

ワイズストリームのマルチピースは4本継なので、携帯性も抜群!

 

逆にリーズナブルでガンガン使えるようなパックロッドが良ければ、ワイズストリームはかなりコスパに優れています。

参考ダイワ ワイズストリームのインプレ【比較検証】このクラスでベスト!

  びぎなんダイワ ワイズストリームってどんなロッド? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ワイズストリームはどんなロッド? ダイワ ...

続きを見る

 

シルバークリーク グラスプログレッシブと比べると、モデルにもよりますが価格差は8000円くらい。

源流向けのネイティブトラウトロッドとしては、現在シルバークリーク グラスプログレッシブがハイエンドの位置づけ♪

グラスプログレッシブは、カーボンが31%と全く違った個性的なロッドになっています。

グラスロッドのしなやかさや粘りが好きな人にとってはたまらないシリーズ (^^♪

グラスでも非常に軽量なのが何気にすごい。

>> シルバークリーク グラスプログレッシブ 

 

この2つで迷うとすれば、グラスロッドを使ったことがあって好きであればグラスプログレッシブは魅力的!

私自身はグラスロッドがかなり好きなので興味津々なんですが (^^;

高感度の現代的なロッドが好きな人なら、ストリームトゥイッチャーが無難でしょう。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ストリームトゥイッチャーはパックロッドモデルも高性能
  • グラス好きにはグラスプログレッシブはたまらない

といったところ。

 

シマノ カーディフ ネイティブスペシャルと比べてみると

 

カーディフ ネイティブスペシャル S60UL シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 60UL
1.83m 2ピース・仕舞:94cm 1.83m 2ピース・仕舞:94cm
ルアー:2~9g ルアー:1.5-8g
カーボン:97.8% カーボン:98%
重さ:86g 重さ:92g
チタンフレームKガイド  チタンフレームSiCリングKガイド
スパイラルX・ハイパワーX・ソフチューブトップ・CI4+・アクティブフェルール・天然木オリジナルシート・パーフェクションシートなど X45・HVF・V-JOINTなど
定価:41,500円 定価:32,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • カーディフ ネイティブスペシャル S60UL:32000円前後
  • シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 60UL:28000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの同価格帯のモデルと比べてみました。

カーディフのほうが若干高くなりますが、

  • ソフチューブトップ:チューブラーだけどソリッドのようなしなやかなティップ

といった部分がグレードが高いのかな、といった印象です。

この辺りは最終的には好みの問題になってきます。

カーディフもシルバークリークも、メーカーの顔のようなロッドシリーズ。

どちらを選んでも性能は十分にあると言っていいでしょう (^^)/

 

参考シマノ カーディフ ネイティブスペシャルのインプレ【徹底比較!】

  びぎなんシマノカーディフ ネイティブスペシャルってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノカーディフ ネイティブスペシャル ...

続きを見る

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのラインナップ

トラウト

 

モデル 長さ 仕舞 重さ ルアー カーボン 価格[yen]
38UL 1.12m 2 58cm 75g 1.5-7g 69% 29,500
48L 1.42m 2 74cm 82g 2-9g 96% 30,500
53UL 1.6m 2 83cm 85g 1.5-7g 94% 31,000
56L 1.68m 2 87cm 90g 2-10g 99% 32,000
60UL 1.83m 2 94cmc 92g 1.5-8g 98% 32,500
63L 1.91m 2 99cm 98g 2-10g 98% 33,000
73ML 2.21m 2 114cm 120g 3-18g 99% 35,000
46UL-4 1.37m 4 40cm 80g 1.5-7g 99% 33,000
51UL-4 1.55m 4 44cm 90g 1.5-7g 97% 35,000
48ULB 1.42m 2 74cm 74g 1.5-7g 95% 32,000
51LB 1.55m 2 80cm 79g 2-10g 96% 33,500
51ULB-4 1.55m 4 44cm 75g 1.5-7g 98% 36,000

 

さまざまなターゲットに対応するモデルがラインアップ!

ここでは代表的なものを紹介します。

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 46UL-4、51UL-4

4ピースのスピニングモデル。

46UL-4なら仕舞が40cmまで短くなるので、驚異的な携帯性です♪

 

 

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 53UL、60UL

中規模河川などで使いやすいウルトラライトアクションのスピニングモデル。

万能に使えるタイプのロッドです♪

 

 

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L

2-10gのルアーに適合する、ライトアクションのスピニングモデル。

 

 

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 73ML

3-18gのルアーに適合する、シリーズ中最もパワーのあるモデル。

 

 

シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 48ULB、51LB、51ULB-4

ベイトフィネス用のモデルもラインナップ!

 

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのインプレ、評価

 

ではシルバークリークシリーズのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

シルバークリークシリーズはダイワの主力モデルだけに性能は問題ないでしょう!

いろんな意見をみて受けた印象としては、

シャキッとしていて感度の良いタイプのロッド。

軽量で操作性は抜群。

ライトアクション以上ならかなりの大物でも大丈夫。

シマノやダイワの源流向けのトラウトロッドとしてはベストと言ってもいいかと。

といった感じです。

 

デザインに一目ぼれした、といった意見も多数ありました (^^♪

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーを紹介しました。

ミドルクラスの本格的なロッド。

かなりの上級者でも不満はないでしょう!

 

★ダイワ シルバークリーク ストリームトゥイッチャーの各種モデル★

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト