ルアーやアイテム

シマノ ピットブル[pitbull]を実際使ってみた!インプレや評価

シマノピットブル

 

びぎなん
シマノ ピットブル[pitbull]ってどんなライン?

という疑問にお答えします。

 

今回私自身が実際に購入して使ってみた感想などをまとめてみました。

はっきり言ってかなり使える、というのは間違いないでしょう♪

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ ピットブル[pitbull]の主な特徴

シマノピットブル

 

ピットブルはシマノから発売されているPEライン。

価格的には一番安い4本編みタイプなら、150mでなんと1000円以内で買えてしまう (*´Д`)

かなりコスパに優れたPEラインになっています。

最近はPEラインもかなり安くなってきていますが、1000円以内で買えるものってほとんどない♪

海外製のラインであれば激安のものもありますが、国内のラインよりも号数は同じでも太いんです (*_*;

2号や3号クラスのラインを使う人ならいいですが、ライトゲームなど1号以内の細いPEを使う人には海外の製品はいまいち。

まして0.5号以下のPEなら国産一択です。

150mならかなりリーズナブルなので、使い切るのにちょうどいい長さでもあります。

 

いつも同じ釣りをやっていても、もうあと0.1号落としたいな、ということってよくありますよね♪

でも実際使ってみるといつものラインのほうが良かったりして、、、。

そういった場合にでも気軽に試すことができるのがいい所かと。

 

早速ピットブルの特徴などを紹介すると、

イザナス、VT工法

イザナス

 

イザナスという素材やVT工法という編み方の技術が使われています。

しなやかさや強度がアップするということらしいです。

 

ピットブル4、8、12 の選び方やカラー

 

ピットブルで主なものは4本編み、8本編み、12本編みの3種類があります。

一般的には、

  • 根ずれなどに強い ⇒  4本
  • コシや張りがある ⇒ 4本
  • 遠投性 ⇒ 12本
  • 引張強度 ⇒ 12本

とされています。

8本編みは、4本と12本の中間ということになります。

価格の安い4本編みのPEはメリットも意外と大きい♪

遠投性などは8本、12本には負けますが、4本編みはシャキッとしていて扱いやすくて、スレなどに強い。

PEラインのデメリットは価格や根ずれに弱いことなので、そういった意味で4本編みのPEはコスパが高くて使いやすいラインと言えます (^^)/

カラーは、ライムグリーンやスーパーブルーといった視認性に優れたものになっています。

 

 ピットブル[pitbull]を実際に使ってみた!

 

実際にピットブル4の0.4号を使ってみました。

ソルトのライトゲーム全般で使いたかったので本当は0.3号が欲しかったんですが、ピットブルは0.4号からのラインアップとなっています。

最初は細めのラインだし低価格帯のPEってどうなんだろう、という不安はありました (^^;

でも何度も釣行しましたが、自分がよく行くライトゲームでは正直まったく問題なし!

逆にしなやかで、かつ張りがあって結構使いやすい。

ガイド抜けもいいのか、1g前後のジグヘッドでも飛距離が十分出ます。

 

ガシラ、カサゴ

 

当然アジングでも問題なく使えます♪

 

アジング

 

号数に対する太さはメーカーや商品によって変わってくるので何とも言えませんが、1gのジグヘッドの遠投性は十分あると感じました。

 

ピットブルは切れる?色落ちなどの耐久性

 

今回使ってみた限りでは、切れるとか色落ちがすごい、と言ったことはなかったです。

色落ちは他のメーカーのPEラインのほうがかなりひどかった ((+_+))

1回の釣行でほとんど色が抜けてしまいましたから。笑

低価格なのでいろいろと言われていますが、さすがにシマノだと思いました。

少し前のものに比べると、PEラインはかなり良くなっていると感じます。

耐久性の問題はもう少し使ってみないと分からないですが、毎シーズン巻きなおしても十分なコスパですから。

少なくとも数回の釣行で使えなくなるような、実用性の低いレベルではないことだけは確かです♪

 

メンテナンス

 

PEラインのメンテナンスですが、ソルトで使用後は水をかけて塩抜きするのは基本です。

あと PEにシュッ! といった専用のコーティング剤を使うのが一番いいのですが、結構高い (*´Д`)

ぶっちゃけホームセンターで売っているシリコンスプレーで十分なので、釣行前に一吹きしておくとライントラブルが激減しますよ!

 

 

どんな釣りに向いている?

 

どんな釣りにでも使えるんでしょうが、低価格帯のラインなのでそれほど高額なルアーを使わない釣りのほうがいいんじゃないですか♪

数千円するようなルアーばかり使うような釣りなら、ラインブレイクのことも考えてラインにもコストをかけるほうがやっぱりいいですよ。

キャスト切れすると、数千円がフリーで飛んでいきますから (*´Д`)

 

また0.5号以下のPEは比較的値段が高いので、その分ピットブルなら0.4号からある♪[1号以上なら海外のPEのほうがかなり激安]

淡水でもソルトでも、ラインにあまり負担がかからないライトゲーム系には向いているのかな、と思います。

劣化したな、と感じたらすぐにカットして使うといったことで、十分いろんな釣りに使えるでしょう♪

上手く適材適所で使いこなせば、ラインにかかるコストをかなり下げられるかと (^^)/

 

シマノ ピットブル[pitbull]のラインアップ

 

ピットブルにはいくつかのラインアップがあります。

ピットブル 4[150m、200m、300m]

今回私が購入した4本編みのPEライン。

 

 

 

ピットブル 8[150m、200m、300m]

8本編みバージョンのPEライン。

 

 

ピットブル 12[150m、200m、300m]

12本編みでも、かなり低い値段設定になっています♪

  • タフクロス 2

を採用。

 

 

ピットブル8+[150m、200m]

ピットブルをさらに進化させたバージョンもあります。

  • タフクロス 2
  • ヒートシンクコーティング

といった技術を採用。

 

 

 

ピットブル G5[100m、150m]

比重が高くて沈むタイプのPEライン。

これもかなりコスパが高いモデルです。

0.6号からしかないのが残念。

 

 

シマノ ピットブル[pitbull]のインプレ、評価

 

ではほかの人のシマノ ピットブル[pitbull]のインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

PEラインは使い方によってかなり耐久性などに差が出てくるライン。

この価格を考えると十分な性能じゃないかな、個人的には思います。

アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

シマノ ピットブル[pitbull]のインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノ ピットブル[pitbull]を紹介しました。

自分が使った感じでは、非常に使いやすいラインという印象です。

手ごろな価格のラインなので、 毛羽立ってきたらすぐにカットして使用すればほぼ問題なく使えます。

PEラインのコストを抑えたい人はぜひチェック!!

 

★ピットブル[pitbull]各種★

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-ルアーやアイテム