トラウト パックロッド

ダイワ ワイズストリームのインプレ【比較検証】このクラスでベスト!

湖のポイント

 

びぎなん
ダイワ ワイズストリームってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ワイズストリームの主な特徴

 

ダイワ ワイズストリームはネイティブトラウト用のパックロッドシリーズ。

実売価格は20000円ほどで、ゴリゴリ使っていくにはちょうどいいくらいの設定になっています♪

源流でのネイティブトラウトは、パックロッドが真価を発揮するジャンル!

足場が悪かったりするような場所でも、パックロッドなら楽勝。

さらにテレスコタイプならルアーをセットしたまま移動できるので、手返しよく釣りができます。

もちろん旅行先でサクッとトラウトを楽しんだりすることも可能♬

普段から電車やバイク釣行がメインの方にもおすすめです。

レングスやパワーも多彩なラインナップなので、トラウトだけじゃなくて、モデルによってブラックバスやシーバスはもちろん、ソルトのライトゲーム、ロックフィッシュなど万能に楽しめますよ (^^♪

パックロッドって、普通のロッドで釣りをするのとはまた違った楽しさがあるんです。

特にテレスコとか、おもちゃ的なワクワク感がありますよね (^^;

 

ではダイワ ワイズストリームの特徴などを紹介すると、

チタンフレームSiCガイド

チタンフレームSiCガイド

出典:ダイワ

 

トップはチタンフレームガイド採用で、ハイミドルクラス並みの風格!

そのほかはKL-HフレームSiCガイドでライントラブルは心配無用です。

ベイトモデルはダブルフットガイドも採用しているので、堅牢性も高い。

 

高級感あるデザイン

ワイズストリーム

出典:ダイワ

 

コルク調のグリップと、黒を基本としたブランクでかなり高級感がありますね♪

木目調のリールシートがいい感じのアクセントになっています。

 

ダイワ ワイズストリームと他のロッドを比較してみた!

トラウト

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

ダイワ ピュアリスト、シルバークリーク ストリームトゥイッチャーと比較してみる

 

ピュアリスト 49L-3・V ワイズストリーム 49L-3 シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 46UL-4
1.45m 3ピース・仕舞:53cm 1.45m 3ピース・仕舞:52cm 1.37m 4ピース・仕舞:40cm
ルアー:2-10g ルアー:2-9g ルアー:1.5-7g
カーボン:91% カーボン:95% カーボン:99%
重さ:82g 重さ:80g 重さ:80g
ステンレスフレーム Kガイド チタンフレームSiCガイド、KL-HフレームSiCガイドなど チタンフレームSiCリングガイド
X45 X45 X45・HVF・V-JOINT
定価:16,000円 定価:20,400円 定価:33,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • ピュアリスト 49L-3・V:12000円前後
  • ワイズストリーム 49L-3:19000円前後
  • シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 46UL-4:29000円前後

[価格は変動します]

 

1つ下位のピュアリストと比べてみると、価格差は7000円ほど。

ピュアリストは、49L-3、53UL-3、64LB-4の3つのマルチピースモデルがあります。

ピュアリストとワイズストリームならブランク自体は同じような素材かと。

大きな違いはチタンやSICガイド!

さらにリールシートがワイズストリームのほうがグレードがアップしているんじゃないでしょうか。

なので予算がある人ならワイズストリームを選ぶべきでしょう。

コストを抑えたい人で自分の欲しいマルチピースのモデルがあるなら、ピュアリストが手軽に購入できるシリーズになっています♪

 

参考ダイワ ピュアリストのインプレ【比較検証】すでに入門用じゃない!!

  びぎなんダイワ ピュアリストってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ピュアリストはどんなロッド? ダイワ ピュアリス ...

続きを見る

 

上位機種のシルバークリーク ストリームトゥイッチャーと比べると、10000円ほど高くなりますね。

シルバークリークになると、HVF・V-JOINTといった高級ブランク素材やしなやかなジョイントの技術が使われています。

シルバークリークは、46UL-4、51UL-4、51ULB-4の3つがマルチピース。

4本継なので仕舞が40~44cmとかなり短い!

4本継なんですがV-JOINTのおかげで、しなやかさは問題ないでしょう。

より仕舞が短くて性能が高いものを探している人は、シルバークリーク ストリームトゥイッチャーの3モデルも候補に入れるべき!

>> シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 

 

ワイズストリームは、ネイティブトラウト用のパックロッド専門のシリーズ。

テレスコなど多彩なモデルが揃っているので、自分にピッタリのモデルが見つけやすい所が魅力です♪

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ピュアリストはコスパ、シルバークリークは携帯性や性能が高い
  • ワイズストリームはラインナップが豊富なので、ピッタリなパックロッドが見つかるかも♪

といったところ。

 

シマノ カーディフ NXと比べてみると

 

カーディフ NX S43UL-4 ワイズストリーム 45UL-3
1.3m 4ピース・仕舞:36.8cm 1.33m 3ピース・仕舞:49cm
ルアー:1~7g ルアー:1.5-7g
カーボン:91.8% カーボン:90%
重さ:68g 重さ:75g
ステンレスフレーム Kガイド[SIC] チタンフレームSiCガイド、KL-HフレームSiCガイドなど
スパイラルX・ハイパワーX・ソフチューブトップ・CI4+・エアフェクトシート・パーフェクションシート・アクティブフェルールなど X45
定価:29,000円 定価:20,400円

 

ネット上での価格をみると、

  • カーディフ NX S43UL-4:20000円前後
  • ワイズストリーム 45UL-3:28000円前後

[価格は変動します]

 

シマノのカーディフ NX と比べてみました。

価格的にはカーディフ NX のほうが上位機種になりますね。

カーディフ NXのパックロッドは、S43UL-4、S48UL-4、S120H-3、B43UL-4、B48UL-4がラインアップ。

4ピースモデルのコンパクトなものがメインになっています。

アクティブフェルール搭載なので、ジョイント部分のしなやかさも問題なし。

マルチピースで仕舞が短くて、さらに使用感の高いものを探しているなら、シルバークリーク ストリームトゥイッチャーやカーディフ NXといった一つ上の機種が優秀です。

 

参考シマノ 21カーディフ NXのインプレ【比較検証】実用性抜群!!

  びぎなんシマノ 21カーディフ NXってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノ 21カーディフ NXはどんなロッド? シ ...

続きを見る

 

でもワイズストリームもテレスコなら40cm台でかなり短い!

振り出しモデルが欲しいといった人にはワイズストリーム以外ないですね (^^♪

 

ダイワ ワイズストリームのラインナップ

トラウト釣り堀

 

モデル 長さ 仕舞 重さ ルアー カーボン 価格[yen]
45UL-3 1.33m 3 49cm 75g 1.5-7g 90% 20,400
49L-3 1.45m 3 52cm 80g 2-9g 95% 20,400
50TUL 1.53m 4 45cm 85g 1.5-g7 92% 20,900
53UL-3 1.6m 3 58cm 82g 1.5-7g 90% 20,900
56TL 1.67m 5 42cm 90g 2-10g 94% 21,900
60TL 1.83m 5 45cm 95g 2-10g 94% 22,400
62L-3 1.88m 3 67cm 93g 2-10g 92% 22,900
710ML-3 2.39m 3 84cm 130g 3-18g 92% 24,900
86MH-3 2.59m 3 91cm 169g 7-30g 99% 26,400
45ULB-3 1.34m 3 49cm 71g 1.5-7g 95% 20,400
62LB-3 1.88m 3 67cm 89g 2-10g 95% 22,900

 

全11種類のラインナップで様々なパックロッドがあります♪

ワイズストリーム 45UL-3、49L-3

源流など小場所にピッタリなショートスピニングモデル。

 

 

ワイズストリーム 53UL-3、62L-3

中規模河川などの対応する3ピースのスピニングモデル。

 

 

ワイズストリーム 50TUL、56TL、60TL

便利さではダントツ!振り出しモデルが3種類ラインナップ。

 

 

ワイズストリーム 710ML-3、86MH-3

ビックトラウトがターゲットのスピニングモデル。

86MH-3なら30gまでのルアーをキャスト可能です。

 

 

ワイズストリーム 45ULB-3、62LB-3

ベイトモデルも2種類ありますよ♪

 

 

ダイワ ワイズストリームのインプレ、評価

 

ではダイワ ワイズストリームのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

やっぱりダイワ ワイズストリームは、携帯性だけじゃなく性能も抜群のモデル!

いろんな意見をみて受けた、個人的な印象としては、

感度やキャスティング性能は間違なくいい。

この価格帯のパックロッドとしては、パフォーマンスはかなり高い。

マルチピースの弱点ですが調子が硬め。

といった感じです。

 

このクラスのパックロッドで、全体として硬めのアクションになるのは仕方ないこと (*_*;

いつも使っているよりも一つ下のパワーのモデルを購入するとか、リーダーを伸びがあるナイロンラインを長めにとる、といった対応が必要になります。

どうしても気になるなら、V-JOINTが搭載している上位モデルを購入するのも一つの手ですね♪

もともと張りがあるロッドが好みなら、何も問題ないですが。

普通トラウトロッドは胴調子で柔らかい、バイトをはじかないイメージですよね。

ウルトラライトレベルの、ものすごく柔らかいタイプのパックロッドは高級モデルになってしいます ( ;∀;)

そのあたりは携帯性を優先して、自分なりに工夫して釣りをするのも意外と楽しいですよ。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になります♪

 

ダイワ ワイズストリームのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ワイズストリームを紹介しました。

手ごろの価格のパックロッドなので、一本あるとかなり出番は増えるかと♪

サブのロッドとしても優秀です!

 

★ダイワ ワイズストリーム各種モデル★

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト, パックロッド