トラウト

ダイワ ピュアリストのインプレ【比較検証】すでに入門用じゃない!!

渓流のポイント

 

びぎなん
ダイワ ピュアリストってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ピュアリストの主な特徴

 

ダイワ ピュアリストはエントリークラスのネイティブトラウトロッド。

実売の価格的は、モデルによって1万円台前半~後半とかなり購入しやすいシリーズになっています。

ここ最近の1万円台のロッドって、ほんとに快適に使えますよ♪

私も今までいろんなメーカーのロッドを使ってきましたが、1万円以下のロッドはさすがに価格相応かなといったものが多いんですが、1万円超えてくるとはっきりとレベルが上がってきます (^^♪

コスト的に1万円以下だとかなり使える技術やパーツが限られてきますから。

釣りをすることはできるんですが、安いロッドって中級者から上級者向きなんですよ。

『激安ロッドでも全然使える、コスパが凄い』といったレビューも多いんですが、そういったものはロッドの扱いに慣れている人の意見なんです。

初心者は特に、ロッドやリールは実売で1万円以上するモデルを購入することをおすすめします♪

その価格帯のものなら長く使えますしね (^^♪

 

ではダイワ ピュアリストの特徴などを紹介すると、

ステンレスフレームKガイド

 

初心者にうれしいステンレスフレームKガイド[アルコナイト]を使用。

ガイドに絡んでしまうようなライントラブルは心配なし!

安いガイドだと、ラインがらみで穂先が折れてしまうことも多いんです (*_*;

個人的には、ビギナーは絶対Kガイドを選ぶべきかと。

 

X45

ダイワX45

出典:ダイワ

 

X45はカーボンをX状に巻き付けてロッドの強度を上げる技術。

高級ロッドにも使われるような、基本のロッド構造です。

 

コルクグリップ

ピュアリストグリップ

出典:ダイワ

 

高級グリップとはいかないまでも、デザインのしっかりとしたコルクグリップを採用。

見た目も結構かっこよくなっています♪

 

価格的にびっくりするような技術などはさすがにないですが、実用性や快適性といった面で十分の性能を持ち合わせている、と言っていいでしょう (^^♪

 

ダイワ ピュアリストと他のロッドを比較してみた!

トラウト

 

シマノやダイワのほかのネイティブトラウトロッドと比較してみましょう。

ダイワ ワイズストリームと比較してみる

 

ピュアリスト 62L・V ワイズストリーム 62L-3
1.88m 2ピース・仕舞:97cm 1.88 m 3ピース・仕舞:67cm
ルアー:2-10g ルアー:2-10g
カーボン:88% カーボン:92%
重さ:98g 重さ:93g
ステンレスフレーム Kガイド チタンフレームSiCガイド、KL-HフレームSiCガイドなど
X45 X45
定価:15,200円 定価:22,900円

 

ネット上での価格をみると、

  • ピュアリスト 62L・V:12000円前後
  • ワイズストリーム 62L-3:20000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワの一つ上の機種、ワイズストリームと比べてみました。

実際の価格差は8000円ほど。

ワイズストリームは3ピースやテレスコなど、携帯性に優れたモデルになっています。

なんといっても注目はガイドでしょう!!

ワイズストリームになるとチタンフレームSiCガイドが使われていますから、ハイミドルクラスと言ってもいいくらいのスペック。

ブランク自体はX45の同じようなものかと。

ここで考慮したいのは、3ピースやテレスコなどの継が多いロッドはどうしても硬めになりがち (^^;

そういった意味でワイズストリームはやや好みが分かれるところかもしれません。

源流での移動やバイク釣行などでモバイルロッドが欲しい人は、ピュアリストには数種類しかないので、ワイズストリームも候補に入れるべき♪

>> ダイワ ワイズストリーム 

 

2ピースのトラウトロッドでコストを抑えたい人はピュアリストがおすすめです♪

ビギナーの方なら、扱いや手入れが少し難しいモバイルロッドよりも、2ピースモデルのほうがおすすめですよ。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • モバイルロッドが欲しければ、ワイズストリームはコスパ◎
  • 初心者は扱いやすいピュアリストの2ピースモデルがいい!

といったところ。

 

シマノ トラウトワン NSと比べてみると

 

トラウトワン NS S77ML ピュアリスト 76ML・V
2.31m 2ピース・仕舞:119cm 2.29m 2ピース・仕舞:118cm
ルアー:5~25g ルアー:3-18g
カーボン:95.2% カーボン:97%
重さ:125g 重さ:120g
ステンレスフレーム Kガイド ステンレスフレーム Kガイド[アルコナイト]
ハイパワーX・CI4+・ソフチューブトップ・アクティブフェルール・エアフェクトシートなど X45など
定価:23,000円 定価:21,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • トラウトワン NS S77ML:20000円前後
  • ピュアリスト 76ML・V:17000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの同価格帯のネイティブトラウトロッドと比べてみました。

両モデルともよく似ている感じですが、トラウトワン NSのほうが、

  • ソフチューブトップ:ソリッド並みのしなやかなチューブラーの穂先
  • アクティブフェルール:継がきれいに曲がる技術
  • エアフェクトシート:軽量で高感度のリールシート

など豪華なオプションがついています。

いまのところピュアリストのほうが価格的には安いですが、トラウトワン NSが性能的には一歩抜け出している感はありますね♪

個人的にこの2つで選ぶとすれば、スペックを見る限りトラウトワン NSのほうがお得感があります (^^♪

 

参考シマノトラウトワン NSのインプレ【このクラスでは最高?】比較検証

  びぎなんシマノトラウトワン NSってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノトラウトワン NSはどんなロッド? シマノトラ ...

続きを見る

 

ダイワ ピュアリストのラインナップ

池のブラックバスのポイント

 

モデル 長さ 仕舞 重さ ルアー カーボン 価格[円]
48UL・V 1.43m 2 75cm 83g 1.5-7g 87% 13,500
52UL・V 1.58m 2 82cm 86g 1.5-7g 86% 14,000
56UL・V 1.68m 2 87cm 87g 1.5-7g 87% 14,200
56L・V 1.68m 2 87cm 90g 2-10g 88% 14,700
62L・V 1.88m 2 97cm 98g 2-10g 88% 15,200
49L-3・V 1.45m 3 53cm 82g 2-10g 91% 16,000
53UL-3・V 1.6m 3 58cm 85g 1.5-7g 91% 16,500
52ULB・V 1.58m 2 82cm 77g 1.5-7g 86% 14,200
56ULB・V 1.68m 2 87cm 74g 1.5-7g 98% 15,500
64LB-4・V 1.93m 4 53cm 98g 2-10g 98% 19,200
68ML・V 2.03m 2 105cm 104g 3-18g 97% 19,000
76ML・V 2.29m 2 118cm 120g 3-18g 97% 21,000
83M・V 2.51m 2 129cm 128g 5-24g 98% 22,500
90M・V 2.74m 2 141cm 148g 5-24g 98% 24,000
100MH・V 3.05m 2 156cm 197g 7-30g 95% 25.500

 

さまざまなターゲットに対応できる豊富なラインナップ!

人気のあるものを紹介すると、

ダイワ ピュアリスト 48UL・V、52UL・V、56UL・V

1.5-7gのルアーに適合する源流向けのスピニングロッド。

エリアでも余裕で使えそうです♪

 

 

ダイワ ピュアリスト 49L-3・V、53UL-3・V

携帯性に優れた3ピースのスピニングモデル。

 

 

ダイワ ピュアリスト 56L・V 、62L・V

2-10gのルアーに適合する、中規模河川向きのスピニングモデル。

 

 

ダイワ ピュアリスト 76ML・V

3-18gのルアーに適合する、パワーのあるスピニングモデル。

 

 

ダイワ ピュアリスト 52ULB・V、56ULB・V、64LB-4・V[ベイト]

根強い人気のベイトモデルも3種類ラインアップ!

64LB-4・Vは4ピースでかなりコンパクトになります。

 

 

ダイワ ピュアリストのインプレ、評価

 

ではダイワ ピュアリストのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

価格的にも手ごろでかなり人気がありますね!

いろんな意見をみた個人的な印象としては、

若干硬めでシャキッとしたロッド。

ミノーなどが使いやすそう。

価格の割にかなりよくて、中級者レベルの人でも十分な性能。

高級モデルに比べると重たく感じてしまう。

といった感じです。

 

初心者の人の初めてのロッドにはもちろん、中級者以上のサブのロッドとしても満足のいくレベルのロッドかと♪

私も店頭で触ってみる機会がありましたが、最近の1万円台クラスのロッドってかなりいいんですよ!

適度にシャープ感もあって、絶対使いやすいロッドというのはすぐにわかりました♪

ソルトのライトゲームにトラウトロッドをよく使うし、手軽に購入できる価格なので思わず買ってしまいそうになりました (^^;

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ピュアリストのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ピュアリストを紹介しました。

価格的にみてもかなりパフォーマンスが優れたロッドなのは間違いないでしょう♪

初心者の最初の一本、中級者以上のサブのロッドとしてピッタリといった印象です。

 

★ダイワ ピュアリスト各種モデル★

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト