トラウト

ダイワ プレッソ・Vのインプレ評価【破格のパフォーマンス!】

ニジマス

 

びぎなん
ダイワ プレッソ・Vってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ プレッソ Vの主な特徴

 

ダイワ プレッソ・Vはミドルクラスのトラウトロッド。

2万円台の価格ながらチタンフレームSICガイド!

AGSにこそ及ばないものの、使用感は高級ロッドにも匹敵します。

耐久性ならAGSよりチタンフレームのほうが当然高いです。

 

少し前のモデルになりますが、現在のモデルと比較してもコスパに関してはすごいんです。

ここ最近の2万円台クラスの購入しやすいロッドの性能はうなぎのぼりなんですが、プレッソ・Vはその中でも輝いて見えますね (^^;

 

今エントリークラスのロッドを使っている人や、古いモデルのミドルクラスからの買い替えにピッタリかと。

高級ロッドになると、多数のアングラーにとっては傷が付いたらどうしよう、折れたら修理代がすごいことになる、といった心配がつきもの。

ダイワ プレッソ・Vも決して安いものではないですが、ある程度ロッドの扱いに慣れた人ならのびのび釣りを楽しめる♪

そういった意味ではガンガン使っていける、実用性や性能、価格のバランスがかなり高いロッドシリーズになっています (^^)/

 

早速ダイワ プレッソ・Vの特徴などを紹介すると、

X45、HVF

ダイワX45

出典:ダイワ

 

X45、HVFといったカーボンの技術を使って強度や感度、軽量さを向上させています。

現代のロッドの基本となるもの。

 

オールチタンフレームSiCガイド

 

チタンフレームでSICガイドが採用されているということで、ダイワの気合まで伝わってきそうです (^^;

AGSモデルになると価格的に結構高くなってしまうので、チタンガイドが付いているのはうれしい所。

先ほども書きましたが、丈夫さはAGSよりチタンのほうが上!

僕なんかもそうですが、釣りに集中するとロッドを雑に扱いがち 笑

そんなせっかちな?アングラーにもピッタリです (*^^)v

 

V-JOINT、コルクグリップ

コルクグリッププレッソ・V

出典:ダイワ

 

V-JOINTは高級モデルにも使われている、継の部分の技術。

しなやかに曲がって、キャストや魚とのやり取り、感度も大きく向上しています。

またコルクグリップで、かっこいいデザインになっています♪

 

ダイワ プレッソ Vと他のロッドを比較してみた!

渓流のポイント

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

プレッソ ST、プレッソ AGSと比較してみる

ダイワの他のロッドと比べてみると、

プレッソ ST 60XUL
プレッソ・V 60XUL・V プレッソ AGS 60XUL
2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm
ルアー:0.4-3g ルアー:0.4-3g 0.5-3g
カーボン:98% カーボン:99% 99%
重さ:69g 重さ:70g 69g
記載なし オールチタンフレームSiCガイド AGS
X45・HVF・エアセンサーシート X45・HVF・V-JOINT X45・SVF・V-JOINT
26,000円 定価:35,000円 49,800円

 

ネット上での価格をみると、

  • プレッソ ST 60XUL :20500円前後
  • プレッソ・V 60XUL・V:26000円前後
  • プレッソ AGS 60XUL:45000円前後

[価格は変動します]

 

プレッソシリーズ3種類と比べてみました。

プレッソ STと比べると、実売の価格差は5000円前後。

プレッソ STのガイドはホームページに記載がないのですが、SICではないという情報があります。

5000円出してチタンフレームSiCガイドなので、この2モデルならプレッソ・Vに決まりでしょう♪

ガイドはロッドの最重要部分と言っても過言ではないですからね。

プレッソ・Vなら V-JOINT もついてくるので、感度やキャスティング性能はSTより間違いなく高いです。

 

次にプレッソ AGSと比べてみると、実売価格が1.7倍以上!

AGSの威力はさすがにすさまじいものがあるので、もしロッドに5万近く出せるのであればプレッソ AGSを買うほうがいいでしょう♪

先ほど書いたように、チタンガイドのほうがぶつけたときなどに壊れにくいんです。

手荒にロッドを扱ってしまう、傷など気にせずガンガン使っていきたい、といった人にはプレッソ・Vがおすすめ。

 

個人的にAGSは使ったことがあってすごい好きなんですが、やっぱり持ち運びなど気を使いながら使わないといけないです。

チタンはステンレス並みの強度なので細かいことを気にする必要はないですね。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • プレッソ STと迷うなら、絶対プレッソ・Vがいい
  • 予算があるならプレッソ AGSを選ぶ方が後悔しない

といったところ。

 

シマノ カーディフ エクスリードと比べてみると

ニジマス

 

プレッソ・V 60XUL・V  カーディフ エクスリード AT S60SUL/R-S 
2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94.1cm
ルアー:0.4-3g 0.4~3.5g
カーボン:99% 99.7%
重さ:70g 51g
オールチタンフレームSiCガイド 記載なし
X45・HVF・V-JOINT スパイラルX・ハイパワーX・アクティブフェルール・ブリッジライクシートなど
定価:35,000円 42,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • プレッソ・V 60XUL・V:26000円前後
  • カーディフ エクスリード AT S60SUL/R-S:33000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの価格の近いモデルと比べてみました。

カーディフ エクスリードのほうが値段が少し高いので参考程度に読んでください。

カーディフ エクスリードはガイドについてはシマノのホームページには記載がなかったですが、チタン+トルザイトガイドみたいです。

2つの大きな違いは重さ。

カーディフ エクスリードは20g近く軽い!

軽すぎないですかこれ!

軽量すぎるのも正直どうなのかな、と思いますが。。。

 

2つのスペックを見ても重さ以外はほぼ似通っています。

まとめると、プレッソ・Vはワンランク上のロッドと比べても遜色ない、ということが分かります♪

 

ダイワ プレッソ・Vのラインナップ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー 適合ライン
ナイロン
(lb.)
カーボン 定価(円)
60XUL・V 1.83m 2 94cm 70g 1.3(1.2)/5.9mm 0.4-3g 1.5-3 99% 35,000
60UL・V 1.83m 2 94cm 71g 1.4(1.3)/6.4mm 0.4-3g 1.5-3 99% 35,000
60ML・V 1.83m 2 94cm 72g 1.5(1.4)/6.9mm 0.6-4g 2-4 99% 35,500
62XUL・V 1.88m 2 97cm 69g 1.2(1.1)/6.4mm 0.4-3g 1.5-3 99% 36,000
64LF・V 1.93m 2 99cm 73g 1.2(1.1)/6.9mm 0.6-4g 2-4 99% 37,000
64MLF・V 1.93m 2 99cm 74g 1.2(1.1)/6.9mm 0.6-4g 2-4 99% 37,000
61MF・V 1.85m 2 95cm 75g 1.2/7.4mm 1-6g 2-6 96% 37,000
57L-S・V 1.7m 2 88cm 70g 0.9/6.4mm 0.6-4g 1.5-5 99% 37,000

 

全8種類のラインナップ♪

プレッソ・V 60XUL、62XUL

 

エクストラ・ウルトラライトの2本。

軽量なスプーンを快適に操作できます。

60XULは色々使えるオールラウンドモデル。

62XULはクランキングに適したロッド。

 

プレッソ・V 60UL

 

レギュラーファーストの食わせのロッド。

スプーンからミノーまで幅広く対応します。

 

プレッソ・V 60ML

 

重めのルアーを多用するのに適したモデル。

ビックトラウトにも力負けしない!

 

プレッソ・V 64LF、64MLF、61MF

 

遠投性能が高くて感度に優れた3つのモデル。

ファーストテーパーで掛けていくスタイルのロッドになっています。

64MLF は重めのスプーンなどに対応。

61MF は手返しよく攻めていくスタイルに向いています。

 

プレッソ・V 57L-S

 

シリーズ中唯一のソリッドモデル。

繊細な穂先でショートバイトも逃さない。

ショートレングスなので取り回しもGood!

 

ダイワ プレッソ・Vのインプレ、評価

 

ではダイワ プレッソ・Vのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

ほかにも、

  • かなり感度がいい
  • バットがシャキッとしている
  • ミノーのトゥイッチも完璧
  • バイトをはじかない
  • デザインがカッコいい
  • コルクグリップが使いやすい

 

ネガティブなものは、

  • コルクのグリップがあまり好きではない

 

価格的に見てもかなりスペックの優れたモデル。

知り合いの60ULを少し触らせてもらいましたが、トラウトロッドにしてはかなりシャープで張りもあって、ワンランク上の使い心地。

高級ロッド並みのバランスの良さを感じました。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ プレッソ・Vのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ プレッソ・Vを紹介しました。

ミドルクラスにしては破格のコストパフォーマンス!

是非次の一本の候補に入れてほしいです♪

 

>>アマゾンでプレッソ・Vを見てみる 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト