トラウト

ダイワ プレッソ STのインプレ評価【徹底比較】実力十分!

渓流のポイント

 

びぎなん
ダイワ プレッソ STってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ プレッソ STの主な特徴

 

ダイワ プレッソ STはミドルクラスのトラウトロッド。

価格的には20000円前後。

ここ最近の流れとして、2万円代くらいのロッドの完成度がかなり高い (^^;

当然高級クラスになればなるほど使用感や性能は上がっていくんです。

でも誰でも手を出しやすいミドルクラスのレベルがどんどん凄くなってきている!

 

なのでエントリークラスのロッドからミドルクラスに買い替える意味は大きいかと。

感度やキャスティング、ルアーの操作性がグンっと上がって、ライントラブルも激減しますから♪

ロッドをグレードアップしていく楽しみといった意味では、今はかなり選択肢が広がっています。

 

早速ダイワ プレッソ STの特徴などを紹介すると、

X45、HVF

ダイワX45

出典:ダイワ

 

X45、HVFといったロッド本体のカーボン素材や構造の技術が使われています。

カーボン素材をX状に巻き付けることによって、ねじれに対する強度や感度が大幅にアップしています。

 

エアセンサーシート

リールシート

出典:ダイワ

 

リールシートは、高級ロッドにも使われるエアセンサーシートでデザインもかっこいい♪

文字どうり空気のように軽くて感度が高いものになっています。

 

そのほかにも、

  • スピゴットジョイント
  • メガトップ:56UL-S

などが採用されています。

 

ダイワ プレッソ STと他のロッドを比較してみた!

ニジマス

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

 

イプリミ 、プレッソ・V と比較してみる

ダイワの他のロッドと比べてみると、

イプリミ  60XUL プレッソ ST 60XUL
プレッソ・V 60XUL・V
2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm 2ピース・仕舞:94cm
0.6-3g ルアー:0.4-3g 0.4-3g
84% カーボン:98% 99%
64g 重さ:69g 70g
ステンレスフレームKガイド、SiCリング 記載なし オールチタンフレームSiCガイド
ブレーディングX X45・HVF・エアセンサーシート X45・HVF・V-JOINT
定価:13,800円 定価:26,000円 35,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • イプリミ  60XUL:12000円前後
  • プレッソ ST 60XUL :20500円前後
  • プレッソ・V 60XUL・V:26000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワの上位下位のトラウトロッドと比較してみました!

イプリミと比べると実売の価格は1.7倍。

プレッソ STに関してはガイドの記載がないんです。

記載がないということは、おそらくそんなに自慢するようなものがついていないと思ってもいいのかと ((+_+))

イプリミはステンレスフレームKガイド、SiCリングがついているのでかなりコスパは高い!

初心者だけじゃなく中級者でも十分満足できるレベルのロッド。

でも当然プレッソ STは、ブランクはグレードアップしているのでイプリミよりも高い感度や操作感が得られます。

 

次にプレッソ・Vと比べてみると、実売の価格差は5000円前後。

5000円の差でオールチタンフレームSiCガイドならプレッソ・Vに決まりでしょう!

継の部分がしなやかに曲がるV-JOINTもついてるし。

さらにその上のAGSモデルはかなり高くなってしまいますからね。

 

エントリーロッドあたりから買い替えるなら、あまり予算がなければイプリミでいいんじゃないですか。

3つの中では一番軽量ですし。

2万円台のミドルクラスを狙っているとしたら、僕ならプレッソ・Vを選びますね。

ロッドの心臓部分と言っていいガイドが高級ロッド並みですから。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • イプリミやプレッソ・Vのほうがコスパは高い

といったところ。

 

参考ダイワ イプリミの評価インプレ【入門には最高のロッド!】これしかない

  びぎなんダイワ イプリミってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ イプリミはどんなロッド? ダイワ イプリミの主な特徴 ...

続きを見る

参考ダイワ プレッソ・Vのインプレ評価【破格のパフォーマンス!】

  びぎなんダイワ プレッソ・Vってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ プレッソ・Vはどんなロッド? ダイワ プレッソ・ ...

続きを見る

 

 

シマノ カーディフ AX と比べてみると

渓流のポイント

 

プレッソ ST 60XUL
カーディフ AX S62XUL-F
1.83m2ピース・仕舞:94cm 1.88m 2ピース・仕舞:96.2cm
ルアー:0.4-3g 0.4~3.5g
カーボン:98% 94.4%
重さ:69g 65g
記載なし ステンフレームSiCガイド[トップ]・チタンATガイド
X45・HVF・エアセンサーシート スパイラルX・ハイパワーX・スリムエアーシートCI4+など
定価:26,000円 28,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • プレッソ ST 60XUL :20500円前後
  • カーディフ AX S62XUL-F:21000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの同じような価格帯のトラウトロッドと比べてみました♪

カーディフ AXなら実売価格は同じでも、チタンフレームガイド♪

さらにカーディフのほうが若干長めでありながら軽量なんです。

このふたつのモデルのスペックを見る限りでは、カーディフ AXのほうが確実にコスパは高い!

 

>> カーディフ AX はこちら 

 

ダイワ プレッソ STのラインナップ

 

モデル 長さ 継(本) 仕舞 重さ 先径 元径 ルアー重量 適合
ライン
ナイロン
(lb)
カーボン
含有率
定価(円)
56XUL 1.68m 2 87cm 67g 1.2mm 5.4mm 0.4-3g 1.5-3 98% 25,500
60XUL 1.83m 2 94cm 69g 1.3mm 5.9mm 0.4-3g 1.5-3 98% 26,000
60UL 1.83m 2 94cm 70g 1.3mm 6.4mm 0.4-3g 1.5-4 97% 26,000
61L 1.85m 2 95cm 73g 1.3mm 6.9mm 0.6-4g 1.5-5 98% 26,500
62ML 1.88m 2 97cm 75g 1.4mm 6.9mm 0.8-5g 2-5 98% 27,000
62MF 1.88m 2 97cm 77g 1.1mm 7.4mm 1-6g 2-6 98% 27,000
60UL-4 1.83m 4 51cm 72g 1.3mm 6.4mm 0.4-3g 1.5-4 98% 27,500
56UL-S 1.68m 2 86cm 67g 0.8mm 5.9mm 0.4-3g 1.5-4 97% 25,500
53XUL-4 1.60m 4 45cm 67g 1.2mm 5.4mm 0.4-3g 1.5-3 98% 27,000
60L-B 1.83m 2 94cm 79g 1.1mm 5.9mm 1.5-5g 2-5 98% 25,800

 

全10種類のラインナップ♪

ダイワ プレッソ ST 56XUL、60XUL

 

軽量のスプーンを使うのに最適なエクストラ・ウルトラライト。

56XULはショートロッドで取り回しがいい♪

60XULは一本あればいろいろこなせるオールラウンドモデル。

 

ダイワ プレッソ ST 60UL

 

少し重めのミノーなども使いたい人にはULがおすすめ。

トゥイッチなどもアクションもつけやすい。

 

ダイワ プレッソ ST 61L、62ML、62MF

 

遠投しないといけないポイントに最適なロングモデル。

61Lは軽量なルアーを遠投するのに最適。

62MLは重めのルアーが扱えるタイプで、大型のトラウトでも力負けしない。

62MFはファーストテーパーなので、掛けていく釣りにピッタリ!

 

ダイワ プレッソ ST 60UL-4、53XUL-4

 

パックロッド好きにはうれしい4ピースモデル。

かなり短くなるので持ち運びも便利。

源流などにも重宝します。

 

ダイワ プレッソ ST 56UL-S

 

メガトップソリッドティップを搭載した、かなり繊細なモデル。

軽量スプーンの操作性がすばらしい!

 

ダイワ プレッソ ST 60LB ベイトモデル

 

シリーズ中唯一のベイトキャスティングモデル。

スピニングとはまた違った楽しみ方が出来ます♪

 

ダイワ プレッソ STのインプレ、評価

 

ではプレッソ STのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

ほかにも、

  • かなり使いやすい
  • コスパは高い
  • ソリッドタイプはフッキングがきまる
  • ベイトタイプがあるのがうれしい

 

ネガティブなものは、

  • SICガイドじゃない

 

やっぱりガイドがSICではないところが少しネックかな、と (^^;

同じくらいの価格帯でチタンフレームやSICガイドがありますからね。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ プレッソ STのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ プレッソ STを紹介しました。

ミドルクラスの本格的なロッドになっています♪

 

>> プレッソ STをアマゾンで見てみる 

 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト