トラウト

ダイワ プレッソ AGSのインプレ評価【一度使うとやめられない!】

トラウト

 

びぎなん
ダイワ プレッソ AGSってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ プレッソ AGSの主な特徴

 

ダイワ プレッソ AGSは高級クラスと言っていいトラウトロッド。

実売の価格は4万円台で、ちょっと頑張れば手が届くモデルになっています♪

何といっても注目はAGS[エアガイドシステム]!

感度が異次元といった意見まであるダイワの最先端ガイド。

AGSのためだけにプレッソ AGSを購入するのもありかと (^^;

それくらい従来のガイドシステムとは雲泥の差があります。

 

この上にも2つモデルがありますが、実力的にはハイエンドと言ってもいいでしょう!

基本的に普通に釣りをするのであれば、これ以上のスペックは必要ないんじゃないですか。

ミドルクラス並みの価格でハイエンドの性能を楽しめるのでコスパも高いです (^^)/

 

ではダイワ プレッソ AGSの特徴などを紹介すると、

AGS

AGS

出典:ダイワ

 

エアガイドシステムは、ダイワの最先端のガイド。

僕も使ったことがありますが、感度やキャスティングが半端ない (^^;

一度使うと釣りの世界観が変わる感じかと。

 

SVF

SVF

出典:ダイワ

 

SVFはハイエンドクラスにしか採用されていないカーボン素材。

軽量さや強度に大きく貢献しています。

 

V-JOINT

V-ジョイント

出典:ダイワ

 

V-JOINTはジョイント部分の技術で、従来のものよりもしなやかに曲がるように設計されています。

キャスティング性能だけじゃなく感度も向上するので、AGSとの相乗効果ですごいことになります♪

 

ダイワ プレッソ AGSを他のロッドを比較してみた!

トラウトの群れ

 

シマノやダイワのほかのトラウトロッドと比較してみましょう。

プレッソ・V、プレッソ-LTD AGSと比較してみる

ダイワの他のロッドと比べてみると、

プレッソ・V 61MF・V プレッソ AGS 62ML・V
プレッソ-LTD AGS 61ML
1.85m2ピース・仕舞:95cm 1.88m2ピース・仕舞:97cm 1.85m2ピース・仕舞:95cm
ルアー:0.4-3g ルアー:0.8-5g ルアー:0.6-5g
カーボン:96% カーボン:99% カーボン:99%
重さ:75g 重さ:73g 重さ:67g
オールチタンフレームSiCガイド AGS AGS
X45・HVF・V-JOINT X45・SVF・V-JOINT X45・SVF NANOPLUS・ESS・V-JOINT
定価:37,000円 定価:51,000円 定価:56,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • プレッソ・V 61MF・V:28000円前後
  • プレッソ AGS 62ML・V:44000円前後
  • プレッソ-LTD AGS 61ML :52000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワのプレッソシリーズの3つを比べてみました。

プレッソ・V比べると、大きな違いはオールチタンフレームSiCガイド ⇒ AGSになっていること。

ロッドの素材もHVF ⇒ SVFにグレードアップしています。

AGSの感度やキャスティング性能はさすがにずば抜けていますからね (^^;

価格差は結構ありますが、予算が許す人はプレッソ AGSがおすすめです。

 

1つ考慮したいのは、チタンガイドとAGSを比べるとチタンガイドのほうが丈夫。

チタンなら多少ぶつけてもステンレスと同じで全然問題ないです。

僕もそうですが、釣りに夢中になるとロッドの扱いが雑になるような人はプレッソ・Vでもいいのかなと( ;∀;)

プレッソ・Vもかなりコスパに優れた、性能の高いモデルになっています👇

参考ダイワ プレッソ・Vのインプレ評価【破格のパフォーマンス!】

  びぎなんダイワ プレッソ・Vってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ プレッソ・Vはどんなロッド? ダイワ プレッソ・ ...

続きを見る

 

プレッソ-LTD AGSと比べてみると、価格差は8000円ほど。

LTD AGSはSVF NANOPLUS・ESS[エキスパートセンスシミュレーション]といったハイエンドモデルのみに使われている技術が採用されています。

ガイドはほぼ一緒なんですが、ブランクの性能が上がっています。

この辺りのロッドを買う余裕があるのなら、思い切ってプレッソ-LTD AGSを購入するほうが後悔することは少ないかと♪

最上位モデルにプレッソ-LTD AGS 【SMTモデル]はありますが、SMTチューブラーは好みが別れそうですし。

通常モデルであれば無印プレッソ-LTD AGSがハイエンドと言ってもいいですね。

>> プレッソ-LTD AGS  

 

比較しての個人的な結論としては、

  • プレッソ・Vもいいけれど、AGSは魅力的!
  • プレッソ-LTD AGSも考慮に入れたい

といったところ。

 

シマノ カーディフ エリアリミテッドと比べてみると

渓流のポイント

 

プレッソ AGS 62UL・V
カーディフ エリアリミテッド S62SUL
1.88m2ピース・仕舞:97cm 1.88m2ピース・仕舞:96.3cm
ルアー: 0.6-4g ルアー:0.6~6g
カーボン:99% カーボン:97.5%
重さ:71g 重さ:77g
AGS Xガイド[穂先部]
X45・SVF・V-JOINT スパイラルXコア・ハイパワーX・カーボンモノコックグリップ・アクティブフェルール

・エアフェクトシートCI4+・レインボーチタンセラミックコートなど

定価:49,800円 定価:79,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • プレッソ AGS 62ML・V:44000円前後
  • カーディフ エリアリミテッド S62SUL :69000円前後

[価格は変動します]

 

シマノのハイエンドガイドのXガイドが付いているモデルと比べてみました。

Xガイドが付くと価格がグンっとアップします。

カーディフ エリアリミテッドのほうがブランクやリールシート、グリップといったものはグレードが高い!

でもAGSを搭載しているモデルをミドルクラス並みの価格で使えることを考えると、プレッソ AGSのほうがコスパは抜群にいい♪

重さもプレッソ AGSのほうが軽いので、上位クラスのロッドと比べても負けないスペックと言ってもいいでしょう。

 

ダイワ プレッソ AGSのラインナップ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー 適合ライン
ナイロン
(lb.)
カーボン
含有率
定価[円]
60XUL・V 1.83m 2 94cm 69g 1.2/5.9mm 0.5-3g 1.5-3 99% 49,800
62UL・V 1.88m 2 97cm 71g 1.3/6.4mm 0.6-4g 1.5-4 99% 49,800
62ML・V 1.88m 2 97cm 73g 1.4/6.9mm 0.8-5g 2-5 99% 51,000
61L-S・V 1.85m 2 95cm 72g 0.8/6.4mm 0.6-4g 1.5-4 99% 51,000
59ML-S・V 1.75m 2 90cm 72g 0.8/6.9mm 0.6-4g 1.5-4 99% 50,000
61MLF・V 1.85m 2 95cm 73g 1.1/7.4mm 0.8-5g 2-5 99% 51,000
62MHF・V 1.88m 2 97cm 75g 1.1/7.4mm 1-6g 2-6 99% 52,000
60XUL-S・V 1.83m 2 94cm 66g 0.8/5.9mm 0.4-3.5g 1.5-3 99% 50,000
55UL・V 1.65m 2 85cm 63g 1.1/5.9mm 0.8-4g 1.5-4 99% 48,800
62LF・V 1.88m 2 97cm 66g 1.1/6.4mm 0.8-5g 1.5-5 99% 50,500

 

全11種類のラインナップ♪

プレッソ AGS 60XUL、60XUL-S・V

 

軽量なスプーンを軽快に操作できる、エクストラ・ウルトラライトモデル。

柔らかい乗せのロッド。

60XUL-S・V はソリッドモデルになります♪

 

プレッソ AGS 62UL、62ML

 

遠投性能も高い2つのモデル。

62ULはオールランドに使えるタイプ。

62MLは大型のトラウトにも負けないパワー!

 

プレッソ AGS 61L-S、59ML-S

 

繊細なティップで感度も高いソリッドの2つのモデル。

オートフッキングできるので、合わせが苦手な人にもおすすめです♪

59ML-S は大型のトラウトにも余裕で対応できます。

 

プレッソ AGS 61MLF、62MHF、62LF・V

 

掛け調子のファーストテーパーの3つのモデル。

重めのルアーにも対応しています。

62LF・Vはクランクに最適♪

 

プレッソ AGS 55UL・V

 

取り回しのいいショートモデル。

短いので感度も抜群です♪

 

ダイワ プレッソ AGSのインプレ、評価

 

ではプレッソ AGSのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

感度がすごいかなり使いやすいほかのロッドととの違いにびっくり、といったいい評価が目立ちます。

僕も店頭で62ULを触ってきましたが、オールラウンドなロッドでしなやかさと張りのバランスが絶妙♪

AGSのすごさは知っているので、思わず欲しくなってしまいました (^^;

プレッソのほかのシリーズもあわせて アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

ダイワ プレッソ AGSのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ プレッソ AGSを紹介しました。

価格的にみても性能やコストパフォーマンスが優れたロッド!

中級者以上の人には絶対おすすめです♪

 

>>アマゾンでプレッソAGSを見てみる 

 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-トラウト