エギング

ダイワ エメラルダス STOIST RTのインプレ評価【最強クラス】

エギング

 

びぎなん
ダイワ エメラルダス STOIST RTってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ エメラルダス STOIST RTの主な特徴

 

ダイワ エメラルダス STOIST RTは、今までのハイエンドだったエメラルダス STOIST AGSのさらに上を行くエギングロッド。

正直どこまでロッドって進化していくんだろう、と思ってしまうほどのスペックがあります (^^;

 

価格的には7万円ちょいくらいですか♪

人気があるエギングだけにメーカーもここぞとばかりに高級な技術をつぎ込んで、モンスター級のロッドを作ってきていますね。

なかなかに値は張りますが、エギングロッドって万能なロッド。

シーバスやタチウオ、ショアジギまで何でもこなせることを考えると意外にコスパは高いんです。

シーバスのハイエンドのロッドでエギングはかなり厳しいですからね ((+_+))

 

エギングはエギのアクションが釣果に直結する釣りなので、タックルが一番重要になってきます。

でもエントリークラスのロッドを使っている人にSTOIST RTは絶対おすすめしないです。

ロッドの扱いにかなり慣れた人で予算もあるなら、エメラルダス STOIST RTを次のロッドの候補に入れてもいいのかと♪

 

では早速エメラルダス STOIST RTの特徴などを紹介すると、

SVFコンパイルXナノプラス、X45X

SVFコンパイルXナノプラス

出典:ダイワ

 

SVFコンパイルXナノプラス、X45Xはカーボン素材や技術のことで、エメラルダスの中ではSTOIST RTにしか使われていないです。

しなやかさや反発力がすさまじいです。

 

AGS:エアガイドシステム

 

新型のAGSを搭載。

STOIST AGSよりもさらに細かいチューンがされています。

 

Vジョイントα

Vジョイントα

出典:ダイワ

 

ジョイント部分がしなやかに曲がる技術。

従来のVジョイントの進化版!

キャストや魚とのやり取りだけじゃなくて感度にも大きく影響します。

 

ほかにも、

  • CWS『カーボンラッピングシステム』
  • AIR SENSOR SEAT

といった技術が目白押しです。

 

ダイワ エメラルダス STOIST[ストイスト] RTと他のロッドを比較してみた

エギ、エギング

 

シマノやダイワのほかのエギングロッドと比較してみましょう。

エメラルダス STOIST AGSと比較してみる

 

ダイワの他のロッドと比べてみると、

エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT  エメラルダス STOIST RT 84M
2.59m 2ピース・仕舞:134cm 2.54m 2ピース・仕舞:130cm
エギ:2.5-4.0号 2.5-4.0号
カーボン:99% 99%
重さ:105g 84g
新型AGS 新型AGS
感性領域設計システム・X45・エアセンサーシート・SVFナノプラス・V-ジョイント・SMTなど X45X・エアセンサーシート・SVFコンパイルXナノプラス・Vジョイントα・CWSなど
定価:78,000円 84,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT:70000円前後
  • エメラルダス STOIST RT 84M:75000円前後

[価格は変動します]

 

今までのハイエンド、エメラルダス STOIST AGSと比べてみました。

モデルによるんですが、価格差は5000円~15000円ほど。

パッと見て一番の違いのは軽さ。

STOIST RTが21gも軽い!

これは明らかに操作感が違いますよ。

カーボン素材やジョイントの技術もSTOIST RTのほうが上なので、確実に一段高いレベルのロッドと言っても過言ではないでしょう (^^;

 

STOIST RTのネックは、インターラインモデルを合わせても4つのラインナップしかないところ。

自分のスタイルに合うものがない場合はSTOIST AGS、ピッタリのものが見つかればSTOIST RT。

売れ行き次第でこれからラインナップが追加される可能性もあるので、それを待ってみるのも一つの手かと♪

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 自分に合うモデルがあれば確実にSTOIST RT
  • なければSTOIST AGS

といったところ。

 

参考ダイワ エメラルダス STOIST AGSのインプレ評価【異次元の実力】

  びぎなん ダイワ エメラルダス STOIST AGSってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤  ダイワ エメラルダス STOI ...

続きを見る

 

シマノ セフィア リミテッドと比べてみると

イカ。エギング

 

エメラルダス STOIST RT 88ML セフィア リミテッド  S85ML
2.64m 2ピース・仕舞:136cm 2.57m 2ピース・仕舞:133cm
エギ:1.8-3.5号 1.8~3.8
カーボン:99% 99.8%
重さ:84g 103g
AGS【エアガイドシステム】 Xガイド【3Dトップ+ゴールドI.P.、3Dチタン+Xリング、エアロチタン】
SVFコンパイルXナノプラス・X45X・CWS・Vジョイントα・AIR SENSOR SEATなど スパイラルXコア・ハイパワーX・ナノピッチ・パーフェクションシートXT・カーボンモノコックグリップ・マッスルカーボン・カーボンシェルグリップ・アクティブフェルール
定価:84,000円 83,000円

 

シマノのハイエンドエギングロッドと比べてみました。

実売価格は、

  • セフィア リミテッド  S85ML:70000円前後
  • エメラルダス STOIST RT 88ML:73000円前後

[価格は変動します]

 

2つを比べてみると、やはりエメラルダス STOIST RT の軽さが際立ちますね。

セフィア リミテッドもかなり高性能で評判がいいロッド。

どちらを購入しても後悔することはないレベル。

でもエメラルダス STOIST RTのほうが発売が遅いので、より高性能な確率は高いです。

なので自分にピッタリのモデルがあれば、エメラルダス STOIST RTを選ぶのがベストかと♪

 

ダイワ エメラルダス STOIST RTのラインナップ

ゴロタのポイント

 

モデル 長さ 重さ エギサイズ(号) 価格
88ML 2.64m 84g 1.8-3.5 84000円
84M 2.54m 84g 2.5-4.0 84000円
76MMH 2.29m 82g 3.0-4.5 83000円
IL 81M 2.46m 86g 2.5-4.0 77000円

 

全4種類のラインナップ♪

エメラルダス STOIST RT 88ML

 

秋のシーズンや浅いポイントで、軽めのエギを操作するのにピッタリのモデル。

長さ的にも、取り回しと遠投性のバランスが絶妙です!

 

>>エメラルダス STOIST RT 88ML

 

エメラルダス STOIST RT 84M

 

オールシーズン使えて万能なモデル。

これ一本あればとりあえずなんでもこなせます♪

 

>>エメラルダス STOIST RT 84M 

 

エメラルダス STOIST RT 76MMH

 

取り回しの良さとパワーをそなえた、ランガンやボートにも最適なモデル。

サイズの大きなイカを狙うのにもピッタリ。

 

エメラルダス STOIST RT IL 81M

 

根強い人気のインターラインモデルもラインアップ。

エギングではバーサタイルなモデルになっています。

 

ダイワ エメラルダス STOIST RTのインプレ、評価

 

ではエメラルダス STOIST RTのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

執筆している時点ではインプレはまだ少ないですが、

  • 軽さが半端ない
  • AIR AGSとの違いにびっくり
  • 最高のエギングロッド
  • 感度がヤバすぎる
  • 今まで使ったエギングロッドとは別次元

といった感じでいい評価が多いです。

 

従来のAGSもかなりの感度なんですが、新型のAGSに加えて最新の技術が詰め込まれていますからね♪

また一部のハイエンドロッドにあるようなくせがないので誰にでも使いやすい。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト]RTのインプレ、評価まとめ

 

今回は21年発売、ダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト]RTを紹介しました。

性能は折り紙付きの、ダイワの最高のエギングロッド。

誰もが憧れるようなシリーズです♪

 

>>エメラルダス ストイスト RTはこちら 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-エギング