エギング

ダイワ エメラルダス STOIST AGSのインプレ評価【異次元の実力】

エギング

 

びぎなん
 ダイワ エメラルダス STOIST AGSってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

 ダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト] AGSの主な特徴

 

ダイワ エメラルダス STOIST AGSは最新のテクノロジーがつまった高級エギングロッド。

2021年に、もう少しだけ価格の高いEMERALDAS STOIST RTが追加されましたが、ハイエンドの実力といっていいでしょう♪

ハイエンドにしか採用されていない感性領域設計システムやSVFナノプラスといったブランクの技術で、ミドルクラスのロッドをはるかにしのぐ性能。

 

価格的には6~7万円前後 (^^;

普通の人にとってはそうそう気軽に購入できる値段ではないですね。

でもエギングロッドはロックフィッシュからシーバス、ライトショアジギングといった何にでも使える万能ロッド。

いろんな釣りを楽しむ人にとっては、シーバスのハイエンドを購入するよりは全然コスパが高い!

性能がダントツなので何年も使えるし、ミドルクラスのロッドを買い替えていくよりも安くつきます。

所有している楽しさも比べ物にならない!

 

ではエメラルダス STOIST AGSの特徴などを紹介すると、

感性領域設計システム、SVFナノプラス

感性領域設計システム

出典:ダイワ

 

ハイエンドにしか採用されていない2つのテクノロジー。

感性領域設計システムは略してESS:Expert Sense Simulation。

簡単に言うとロッドの反発を限りなく最適になるまで設計している、ということ (^^♪

SVFナノプラスは次世代のカーボン素材。

 

ガイドは新型のAGS

AGS

出典:ダイワ

 

従来のAGSよりもさらに軽量で強度もアップ、デザインもよくなっています♪

今までのAGSでもすごいのにどうなのこれは、といった感じですよ (^^;

 

SMT『スーパーメタルトップ』

SMT(スーパーメタルトップ)

出典:ダイワ

 

これも現在はハイエンドのみに採用されているもの。

モデルによって最適なティップになっています。

 

ミドルクラスのロッドに、さらにこれだけグレードアップしたものが付いているので悪いわけないでしょう♪

予算があるなら一度は使ってみたいモデルですね。

 

 ダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト] AGSと他のロッドを比較してみた

エギング

 

シマノやダイワのほかのエギングロッドと比較してみましょう。

エメラルダス AIR AGS、STOIST RTと比較してみる

 

ダイワの他のロッドと比べてみると、

エメラルダス AIR AGS 86M
エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT  エメラルダス STOIST RT 84M
2.59m 2ピース・仕舞:134cm 2.59m 2ピース・仕舞:134cm 2.54m 2ピース・仕舞:130cm
2.5-4.0号 エギ:2.5-4.0号 2.5-4.0号
99% カーボン:99% 99%
88g 重さ:105g 84g
AGS[エアガイドシステム] 新型AGS 新型AGS
X45・エアセンサーシート・HVF NANOPLUS ・V-ジョイントなど 感性領域設計システム・X45・エアセンサーシート・SVFナノプラス・V-ジョイント・SMTなど X45X・エアセンサーシート・SVFコンパイルXナノプラス・Vジョイントα・CWSなど
49,800円 定価:78,000円 84,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • エメラルダス AIR AGS 86M:37000円前後
  • エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT:70000円前後
  • エメラルダス STOIST RT 84M:75000円前後

[価格は変動します]

 

エメラルダスシリーズの3つの機種を比べてみました。

エメラルダス AIR AGSと比べてみると価格差はほぼ倍 (^^;

新型AGS などすごい技術はついているものの、重さ的には17g重たくなっています。

下位のエメラルダスMXあたりから買い替える人には、エメラルダス AIR AGSのほうがコスパが高い。

AIR AGSはSTOIST RTに匹敵するくらい軽量ですし。

エントリークラスやミドルクラスからエメラルダス AIR AGSになるだけでも、感度や操作感は異次元レベルです♪

 

エメラルダス STOIST RTと比べてみると、モデルにもよりますが価格差は5000円~15000円ほど

STOIST RTは新しいモデルなので、STOIST AGSでネックだった重さなどを大幅に改善してきています。

これくらいの価格を出せるのであれば、確実にSTOIST RTを買うしかないでしょう!

>>EMERALDAS STOIST RT

 

でもSTOIST AGSは機種の数がかなり多い。

当然自分の好きなレングスやアクションがあればSTOIST AGSを買うほうがいいですよ (^^)/

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 下位から買い替えるならエメラルダス AIR AGS
  • エメラルダス STOIST RTのほうが新しい機種でおすすめ
  • STOIST AGSはモデルが豊富なので、自分に合うものがあればGOOD

といったところ。

 

参考20エメラルダス AIR AGSのインプレ評価【完全比較!】

  びぎなん20エメラルダス AIR AGSってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ 20エメラルダス AIR AGSはど ...

続きを見る

 

シマノ セフィア リミテッドと比べてみると

イカ。エギング

 

エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT  セフィア リミテッド S86M
2.59m 2ピース・仕舞:134cm 2.59m 2ピース・仕舞:133cm
エギ:2.5-4.0号 2~4
カーボン:99% 99.9%
重さ:105g 104g
新型AGS【エアガイドシステム】 Xガイド【3Dトップ+ゴールドI.P.、3Dチタン+Xリング、エアロチタン】
感性領域設計システム・X45・エアセンサーシート・SVFナノプラス・V-ジョイント・SMTなど スパイラルXコア・ハイパワーX・ナノピッチ・パーフェクションシートXT・カーボンモノコックグリップ・マッスルカーボン・カーボンシェルグリップ・アクティブフェルール
定価:78,000円 84,000円

 

実売の価格は、

  • エメラルダス STOIST AGS 86M-SMT:70000円前後
  • セフィア リミテッド S86M:70000円前後

[価格は変動します]

かなり実力が似通った両モデル。

この2つなら、どちらを買っても高級ロッドらしい高い使用感が得られることは間違いない!

発売された時点の最高の技術をつぎ込んでいます♪

あとはその人の好みやスタイルの問題になってきますね。

 

参考セフィア リミテッドのインプレ評価【さすがに性能は異次元クラス】

  びぎなんシマノ19 セフィア リミテッドってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノ19 セフィア リミテッドはどんなロッ ...

続きを見る

 

 ダイワ エメラルダス STOIST AGSのラインナップ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 エギ(号) 適合ライン(号) カーボン 定価(円)
72H-MT 2.18m 2 113cm 115g 0.7/10.9mm 50-160 0.6-1.5 99% 75,800
76M-SMTT 2.29m 2 118cm 99g 1.6(1.5)/8.9mm 2.5-4.0 0.4-1.0 99% 75,800
76MMH-SMT 2.29m 2 118cm 105g 0.9(0.8)/10.4mm 3.0-4.5 0.5-1.2 99% 75,800
80LM-SMT 2.44m 2 126cm 99g 0.6/10.4mm 2.5-4.0 0.4-1.0 99% 75,800
82MHH 2.49m 2 129cm 113g -/1.5/12.4mm 3.0~4.5 0.5~1.2 99% 72,000
84M 2.54m 2 131cm 105g 1.4(1.3)/10.4mm 2.5-4.0 0.4-1.0 99% 69,300
86M-SMT 2.59m 2 134cm 105g 0.8/10.9mm 2.5-4.0 0.4-1.0 99% 78,000
88LM-S 2.64m 2 136cm 107g 0.8(0.7)/10.9mm 2.5-4.0 0.4-1.0 99% 71,300
89M 2.67m 2 138cm 110g -/1.3/11.4mm 2.5~4.0 0.4~1.0 99% 72,000
90ULL-S 2.74m 2 141cm 108g 0.8(0.7)/10.9mm 1.8-3.0 0.4-1.0 99% 71,300
108MLM 3.25m 2 167cm 137g 1.3(1.2)/12.9mm 1.8-3.5 0.4-1.0 99% 73,300

 

全11種類のラインナップ!

エメラルダス STOIST AGS 72H-MT

 

ボードでのエギングに対応するモデル。

ショートレングスで取り回しも最高。

 

エメラルダス STOIST AGS 76M-SMTT、76MMH-SMT

 

取り回しのいい7.6ftの2つのモデル。

76M-SMTTは、小場所をランガンで回るのに最適。

76MMH-SMTは重たいエギにも対応しています。

 

エメラルダス STOIST AGS 80LM-SMT、88LM-S

 

繊細な操作感が必要になるバックドラフト対応モデル。

潮の流れまで敏感に感じ取れる感度やしなやかさがあります。

 

>>エメラルダス STOIST AGS をアマゾンで見てみる

 

エメラルダス STOIST AGS 84M、86M-SMT、89M

 

オールシーズン使える万能なMアクション。

84Mや89Mなら、どんなシチュエーションでも一本あれば対応できます!

86M-SMTは繊細なティップで感度をかなり強化したモデル。

 

エメラルダス STOIST AGS 82MHH、90ULL-S、108MLM

 

特別なシチュエーションに対応する3モデル♪

82MHHは一番パワーがあって重たいエギを快適に操作できます。

90ULL-Sは軽量なエギを多用するときや、遠浅のポイントで活躍。

108MLMは超ロングモデルで、ずば抜けた飛距離をたたき出してくれます。

 

>>エメラルダス STOIST AGS をアマゾンで見てみる

 

エメラルダス STOIST AGS IL  インターラインモデル

モデル 長さ 仕舞 重さ 先内径/先径/元径 エギサイズ
(号)
適合ライン
(号)
カーボン 定価[円]
76M 2.29m 2 119cm 104g 1.3/2.0(1.9)/9.4mm 2.5-4.0 0.4-1.0 94% 62,800
79MMH 2.36m 2 123cm 106g 1.3/1.9/10.9mm 3.0~4.5 0.5~1.2 94% 64,800
83M 2.51m 2 130cm 109g 1.3/1.9(1.9)/10.9mm 2.5-4.0 0.4-1.0 94% 64,800
89LML 2.67m 2 138cm 109g 1.3/2.0(1.9)/10.9mm 1.8-3.5 0.4-1.0 97% 66,800
99LML 2.97m 2 155cm 119g 2.0(1.9)/11.4mm 1.8-3.5 0.4-1.0 98% 71,300

 

根強い人気のインターラインモデルも各種揃っています。

エメラルダス STOIST AGS IL 76M、83M、89LML

 

万能に使えるMアクションが2種類と、繊細な釣りに向いているLMLがラインナップ。

 

エメラルダス STOIST AGS IL 79MMH、99LML

 

新たに2つのアイテムが加わって、より選択の幅が広がっています♪

 

>>エメラルダス STOIST AGS IL 【インターラインモデル】はこちら 

 

 ダイワ エメラルダス STOIST AGSのインプレ、評価

 

ではエメラルダス STOIST AGSのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

ほかにも、

  • ミドルクラスのロッドと比較にならない
  • 感度も神レベル
  • 今まで使った中で最高のロッド
  • シャープさがえげつない

といった感じのいい評価が多いです。

 

知り合いの86M-SMTを触らせてもらいましたが、さすがにハイエンド。

振った感じがシャキッとしているんだけどしなやかさもあって、上の人も言っていますが一体感がすごい (^^;

AGSは自分も使ったことがありますが、感度が異次元レベル。

STOIST [ストイスト] AGSにはさらに進化した新型AGSがついていますからね。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

 ダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト] AGS のインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ エメラルダス STOIST [ストイスト] AGSを紹介しました。

ハイエンドらしいかなり高い実力。

買って後悔することはまずないでしょう!

 

>>エメラルダス STOIST AGS をアマゾンで見てみる 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-エギング