シーバス

トリプルクロス シーバスのインプレ評価【比較検証】納得のスペック!!

 

びぎなん
トリプルクロス シーバスってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

トリプルクロス シーバスの主な特徴

 

トリプルクロス シーバスはメジャークラフトから発売されているシーバスロッド。

実売価格は1万円台半ば~[22年4月]。

メジャークラフトと言えば、リーズナブルな価格帯ながら実用性抜群のロッドやアイテムを多数発売しているメーカー。

その中でもトリプルクロスは高い性能を持っている本格派のロッドになっています。

 

ではトリプルクロス シーバスの特徴などを紹介すると、

クロスフォース製法

クロスフォース製法

 

クロスフォース製法といわれる、キャスト時のブレやねじれに強い構造を取り入れています。

さらに4軸カーボン採用で、下位モデルとは一味違うブランク!

 

ガイドはSIC-Sリング

 

富士の最新ガイドシステムのSIC-Sリングを採用!

従来のSICよりもさらに薄型軽量で、使用感がアップしています。

 

トリプルクロス シーバスと他のロッドを比較してみた!

 

ほかのシーバスロッドと比べてみましょう。

クロステージ シーバスとの違い

 

クロステージ シーバス CRX-862ML トリプルクロス シーバス TCX-862ML
2ピース 2ピース
適合ルアーウェイト(g) :10-30 適合ルアーウェイト(g) :10-30
Kガイド・アルコナイトリング Kガイド・SIC-Sリング
クロスフォース製法 クロスフォース製法・4軸カーボン
定価:12,100円[税込み] 定価:17,930円[税込み]

 

メジャークラフトの人気モデル、クロステージ シーバスと比べてみました。

クロステージ シーバスは1万円前後で購入できる、リーズナブルな価格帯のシリーズ。[22年4月]

個人的にクロステージは2つのモデルを使ったことがありますが、贅沢を言わなければこれで十分!といった印象です。

この価格帯でクロステージのような実用性の高いロッドが手に入るなら、心おきなく使い倒せるかと♪

 

 

 

トリプルクロス シーバスがクロステージからグレードアップしている部分は、ガイドとブランク。

最新型のSIC-Sリングに加えて、4軸カーボン採用!

キャスティングやルアーの操作性はクロステージより勝っています♪

トリプルクロスは執筆時点ではメジャークラフトの中でのハイエンドモデル。

クロステージよりももう少し性能の高いロッドが使ってみたいという人にはピッタリでしょう!

 

比較してのインプレとしては、

  • トリプルクロスは性能を考えるとかなりリーズナブル!

といった印象です。

 

 

シーバスハンターXと比べてみると

 

シーバスハンターX 86ML・R トリプルクロス シーバス TCX-862ML
2ピース 2ピース
適合ルアーウェイト(g) :7~35 適合ルアーウェイト(g) :10-30
Kガイド・トップSIC Kガイド・SIC-Sリング
ブレーディングX・HVF クロスフォース製法・4軸カーボン
定価:17,000円 定価:17,930円[税込み]

 

ダイワの同じような価格帯のシリーズと比べてみました♪

シーバスハンターXはリニューアルしてから非常に性能がアップした、人気のエントリーモデル。

ブレーディングX・HVFといった本格的なブランクを採用しています。

2つのモデルの大きな違いはガイドリング!

トリプルクロスは最新のSIC-Sリング採用という、購入意欲をくすぶる内容になっていますね♪

ガイドリング以外では、公表しているスペック上では大きな違いというのはないので、デザインなどの気になる方を購入してもいいのかと♪

 

参考ダイワ 21シーバスハンターXの評価やインプレ【旧モデルとは別格!】

  びぎなんシーバスロッドの、シーバスハンターXの評価はどうですか? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ 21シーバスハンターXはどんな ...

続きを見る

 

トリプルクロス シーバスのラインナップ

 

ベーシックなタイプのシーバスロッドが全7種類のラインナップ♪

モデル 価格 [税込] 長さ[フィート] ルアー
TCX-892L 16,000
(17,600)
8'9” 2 7-23g
TCX-862ML 16,300
(17,930)
8'6” 2 10-30g
TCX-902ML 16,500
(18,150)
9'0” 2 10-30g
TCX-962ML 16,700
(18,370)
9'6” 2 10-30g
TCX-962M 17,300
(19,030)
9'6” 2 15-42g
TCX-1002M 17,500
(19,250)
10'0” 2 15-42g
TCX-1062M 18,000
(19,800)
10'6” 2 15-42g

※公式ページ参照

 

TCX-892L

シリーズ中一番ライトなモデル。

ばち抜けにはピッタリでしょう!

 

TCX-862ML

都市部のシーバスゲームのスタンダードモデル。

初めての一本に最適かと♪

迷ったらこれで決まり!

 

TCX-902ML、TCX-962ML

少し長めのスタンダードモデル。

河口や堤防など、少し遠投が必要な場合にはこのモデル♪

 

TCX-962M

パワーがあって、取り回しもいいのでバーサタイルに使えるモデル。

中規模河川からサーフまで一本でこなしたい人にはおすすめです♪

 

TCX-1002M、TCX-1062M

遠投が必要な場合に活躍するロングパワーモデル。

サーフでのフラットフィッシュやライトショアジギングにも流用できますよ!

 

トリプルクロス シーバス各モデル

 

 

トリプルクロス シーバスのインプレ、評価

 

 

ではトリプルクロス シーバスの口コミなどを見ていきましょう!

SNSなどのいろんな意見をかんたんにまとめると、

  • コスパが凄い
  • 非常に使いやすい
  • 性能は十分♪

といった感じです。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

価格的には大手メーカーのエントリーモデルクラスで、このレベルのロッドが購入できるのはかなりすごいかと♪

使いやすさや使用感に関しては非常にいい口コミが多いのも頷けます。

メジャークラフトのロッドは購入しやすい価格帯で、私自身もいくつかのモデルを使ったことがありますし、パックロッドを現在所有もしています。

全体的な印象としては、丈夫で使いやすい!

メジャークラフトのロッドは折れる、なんていうことを以前はよく耳にしましたが、全くそんなことはありませんよ (^^♪

かなりラフに使い込んでいますが、一向に折れる気配もないですし折れたこともないですから♪

 

高級ロッドの欠点としては、扱いにすごく気を遣う、ということがあります (^^;

超軽量&高感度のロッドが多いので、傷などには弱いです。

個人的に消耗品として使い倒していけるロッドってかなり重宝するんです。

高性能ロッドを使って高い操作性を楽しむのも釣りの一つですが、トリプルクロスなどのリーズナブルなモデルで気軽に楽しむのが本来の釣りのスタイルなんじゃないでしょうか (^^)/

 

トリプルクロス シーバスのインプレ、評価まとめ

 

今回はトリプルクロス シーバスを紹介しました。

価格からみても性能はピカイチ!

ガンガン使い込んで釣りを覚えるのにもピッタリです♪

 

トリプルクロス シーバス各モデル

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-シーバス