ショアジギ

ジグキャスター TMのインプレや評価【携帯性抜群のテレスコ!】

ジグキャスター TM

 

びぎなん
ショアジギ用モバイルロッドが欲しいんだけど、 ジグキャスター TMってどうなんだろう?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

 ダイワ ジグキャスター TMの主な特徴

 

ダイワから発売されているテレスコショアジギングロッド。

人気のジグキャスターシリーズに新たに加わったモデル。

3ピースなので収納性はまずまずですが、使用感がとても高い。

バイク釣行や電車釣行はもちろんのこと。軽自動車でも楽々積める!

家族でお出かけするときにも、文句言われずに車に乗せて置くことができます♪

 

モバイルロッドっていいのか悪いのか、持ち運びが楽なのでメインのロッドよりも出番が多くなりがち (^^;

それぐらい気楽に持っていけるので、自然と魚との出会いも多くなっていきますよ。

 

ジグキャスターTMの特徴などを紹介すると、

トップSiCガイド

出典:ダイワ

 

トップガイドにはショアジギでは絶対必須なSICを使っています。

この辺りは価格を抑えながら実用的なものになっています。

 

セパレートグリップ、折り畳み式ガイド

 

大型のフォアグリップを採用。シャクりのために脇に挟んだりできるので、操作性は悪くない!

ブランクも最新の技術などは使っていないですが、実用性重視なものになっています。

 

出典:ダイワ

 

Fujiトップカバーがついていてガイドも折り畳み式になっているので、コンパクトに収納できます。

 

価格的に派手な最新技術などはないですが、こういったロッドってガンガン使っていけるのでかなり重宝するんです。

高級ロッド並みの性能よりも気楽さを重視する人には最適。

たまにショアジギをする人がサブのロッドとして購入するのにもピッタリの価格。

 

ジグキャスター TMと他のロッドと比較してみた

ジグ

 

シマノやダイワのほかのショアジギロッドと比較してみましょう。

ラテオモバイルと比較してみる

 

シマノの他のロッドと比べてみると、

ジグキャスター TM 100M-3 ラテオモバイル 96M-4
3ピース・3.05m 仕舞:113cm 4ピース・2.90m 仕舞:78cm
ジグ:20~60g 10~50g
97% 98%
225g 149g
トップSICガイド ステンレスSiCガイド
X45・HVFカーボン・V-JOINT・エアセンサーシート
定価: 23,300円 定価:32,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ジグキャスター TM 100M-3:17000円前後
  • ラテオモバイル 96M-4:25000円前後

[価格は変動します]

モバイルシーバスロッド、ラテオモバイル 96M-4と比較してみました。

シーバスロッドとショアジギロッドなので参考程度にご覧ください。

ジグの適応重量はジグキャスター TMのほうが10g広い。

 

ロッド自体はシーバスロッドと比べるとかなり重たく感じますが、

ジグキャスター TMはショアジギロッドとしては結構軽い。

またジグキャスター TMはジギングロッドとしてはかなりリーズナブルな価格になっています。

 

ショアジギロッドで軽くてコンパクトなものが欲しい人には最適かと♪

 

せっかくのパックロッドなのでショアジギだけじゃなくてほかの釣りもしたいな、と思っている人ならモバイルシーバスロッドのほうがいろいろ使いやすいです。

モバイルのシーバスロッドは種類が豊富なので、いろんな価格帯から選ぶこともできます。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ジグキャスター TMはショアジギがメインの人には軽さやリーズナブルさからおすすめ!
  • シーバスなどもしたい人には選択肢は他にもある

といったところ。

 

ラテオモバイル
参考ダイワラテオ モバイルのインプレや評価【比較検証してみた】

  びぎなん電車釣行が多いからシーバス用のモバイルロッドが欲しんだけど、ラテオモバイルってどうなんだろう? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ...

続きを見る

 

シマノ コルトスナイパー BBと比べてみると

ジギング

 

ジグキャスター TM 100M-3 コルトスナイパー BB S100M-3
3ピース・仕舞:113 cm 3ピース・仕舞:109.7cm
ジグ:10~60g ジグ:MAX60
カーボン含有率:97% 95.4%
標準自重:225g 262g
トップSICガイド ステンレスフレームKガイド
定価:23,300円 22,600円

 

シマノの人気シリーズ、コルトスナイパー BBの3ピースモデルと比べてみました。

面白いことにはっきりと特徴がわかれますね。

コルトスナイパー BBはこの価格でステンレスフレームKガイド、ブランクにもハイパワーXを使用しています。

仕舞もコルトスナイパー BBのほうが短い!

 

一方ジグキャスターが勝っているのは軽さだけ、とも言えますが (^^;

40g前後も違うので初心者にはかなり軽く感じますよね。

何時間も振り続けると、次の日の疲れも全然違うかと。

 

この2本だと自分ならコルトスナイパー BBを選びます。

テレスコ特有のガイドが回転してしまうのは結構面倒くさい!

コルトスナイパーのような3ピースのロッドは、普通に使うのなら2ピースのロッドとかなり近い使用感があります。

加えてシマノは3ピース作るのが上手いですからね♪

 

リールやルアーをつけたまま収納できるテレスコの便利さや、軽量さを重視するならジグキャスター TMもありですね。

 

コルトスナイパーサムネイル
参考コルトスナイパーbbの評価インプレは?徹底比較【コスパ最強】

  びぎなんショアジギをやりたいんだけど、コルトスナイパーってどうなんだろう? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ コルトスナイパーbbはどんな ...

続きを見る

 

ジグキャスター TMのラインナップ

ジグ

 

寂しいことに2種類のみのラインナップになっています。

ダイワとしては、ほかに3ピースのショアジギロッドは多いので、売れるかどうか、といったところなんでしょう。

ジグキャスター TM 100M-3

  • 全長:3.05m
  • 継数:3本
  • 仕舞(cm):113cm
  • 自重(g):225g
  • 先径/元径:2.0/18.3mm
  • ルアー重量:10-60g
  • カーボン含有率:97%

ライトショアジギング定番の長さとアクション。

ほかのショアジギングロッドよりも軽量なので、初心者の方にもおすすめです!

 

 

ジグキャスター TM 100MH-3

  • 全長:3.05m
  • 継数:3本
  • 仕舞:113cm
  • 自重:240g
  • 先径/元径:2.2/18.3mm
  • ルアー重量:35-90g
  • カーボン含有率:97%

90gまでのジグがキャストできるパワーのあるモデル。

240gしかないのでやっぱり軽いです。

一本車に積んでおけばいざという時にも役に立ちそう♪

 

 

ジグキャスター TMのインプレ、評価

 

ではジグキャスター TMのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

ポジティブな意見としては、

  • 柔らかくてアクションがつけやすい
  • バットパワーは十分
  • 値段のわりに使いやすい

 

ネガティブなものは、

  • 飛距離が微妙
  • ガイドに絡みやすい
  • 振り出しが戻らなくなる

 

テレスコは便利な分、性能が劣ってしまうのは仕方ないですね。

ショアジギのロッドは正直テレスコじゃなくてもいいんじゃないのかな、ともおもいますが。

ショアジギのロッドはかなりの種類があるので、どういったモデルが生き残っていくのかな、といったところも興味があります。

そうはいっても最近の1万円~2万円台のロッドはかなり性能がいいので、どれを買ってもハズレはないです。

いろいろ試してみて自分のお気に入りを探す、のも釣りの一つの楽しみですね。

 

ジグキャスター TMのインプレ、評価まとめ

 

今回はジグキャスター TMを紹介しました。

テレスコのショアジギングロッドということもあって、便利さを追求したモデルになっています。

 

>>アマゾンでジグキャスター TMを見てみる 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-ショアジギ