シーバス

ダイワ モアザン モバイルの評価やインプレ【最強のパックロッド?】

夕陽、海

びぎなん
シーバス用のパックロッドが欲しいんだけど、ダイワ モアザン モバイルってどうなんだろう?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ モアザンモバイルの主な特徴

 

ダイワ モアザン モバイルはシーバスの人気高級モデル、モアザンの性能そのままに4ピースになって携帯性が大きく向上したモデル。

誰もが一度は使ってみたいモアザン!

価格的にも高級モデルの中ではお求めやすいプライスかと (^^;

 

ここ最近は各社モバイルロッドにかなり力を入れていて、基本的に2ピースロッドとほとんど同じ使用感があります。

バイクや自転車、電車釣行には強い味方。

車で釣行するにしても軽だと収納が大変なんです (^^;

ロッドホルダーをつけたりしないといけないし。

4ピースなら助手席や後ろの座席にポン!と置けますからね。

複数ロッドを持っていくにしてもかなり楽。

 

さらに最近の3ピース、4ピースのロッドは性能が高い♬

個人的には3ピース以上をスタンダードにしてもいいんじゃない、と考えています。

 

ダイワ モアザン モバイルの特徴などを紹介すると、

X45、SVFコンパイルX

ダイワX40

出典:ダイワ

 

ブランクにはダイワの最先端カーボン技術のHVF、SVFコンパイルXが使われています。

高級ロッドだけにブランク素材もハイエンド。

軽量さや強度、高感度、キャストの性能といったものに貢献しています。

 

Vジョイント

Vジョイント

出典:ダイワ[写真はラテオモバイル]

 

4ピースのロッドだけにジョイント部分は重要。

Vジョイントは継ぎ目がきれいに曲がってくれて、限りなく1ピースロッドに近い使用感。

従来のものよりも強度も高くて、折れにくくなっています。

 

ダイワ モアザンモバイルと他のロッドを比較してみた

海岸、うみ

 

シマノやダイワのほかのシーバス用モバイルロッドと比較してみましょう。

 

ラテオ モバイルと比較してみる

 

ダイワの人気モバイルロッドと比べてみると、

ラテオ モバイル 86ML-4 モアザン モバイル 87MLS-5
4ピース・仕舞:70cm 5ピース・仕舞:58cm
7~35g 7-35g
96% 99%
125g 145g
ステンレスフレームSICガイド チタンSICガイド[未確認]
X45・HVF・V-ジョイント X45・SVFコンパイルX・V-ジョイントなど
定価:29,000円 定価:57,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ラテオ モバイル 86ML-4:23000円前後
  • モアザン モバイル 87MLS-5:50000円前後

[価格は変動します]

リーズナブルな価格のラテオモバイルと比較してみました。

ガイドやブランク素材は当然モアザンのほうがいいものが採用されています。

4ピースと5ピース、長さの違いはありますが、ラテオ モバイルのほうが20g軽い。

 

あとリールシートやV-ジョイントといった部分は共通しています。

モバイルロッドをメインで使っていくということを考えたうえで、予算が限りなくあれば当然モアザン モバイルでしょう!

でもモアザンだとラテオ2本買ってもおつりがくるレベル。

例えば湾奥シーバス用にラテオ86ML-4、シーバスやヒラメとライトショアジギング兼用でラテオ106M-4、と2本買ってもいいのかなと (^^;

 

いつも同じようなポイントにシーバスメインで釣行するようなアングラーは、一点集中型のモアザンモバイルでいいんじゃないですか♬

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 実用レベルで言えばラテオ モバイルがコスパが高い
  • 予算があれば当然モアザンモバイル

といったところ。

 

ラテオモバイル
参考ダイワラテオ モバイルのインプレや評価【比較検証してみた】

  びぎなん電車釣行が多いからシーバス用のモバイルロッドが欲しんだけど、ラテオモバイルってどうなんだろう? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ...

続きを見る

 

シマノ エクスセンス MBと比べてみると

シーバス

 

エクスセンス MB S88ML-5 モアザン モバイル 87MLS-5
2.64m 5ピース・仕舞:56.4cm 2.61m  5ピース・仕舞:58cm
ルアー:5~32g 7-35g
カーボン含有率:96.8% 99%
標準自重:127g 145g
Xガイド エアロチタン・チタンフレームSiCガイド チタンSICガイド[未確認]
定価:59,000円 57,500円

 

シマノの高級シーバスモバイルロッド、エクスセンス MBと比較してみました。

ブランク素材は両方ともハイエンドクラスを使用しているので、性能というよりは好みの違いになってきますね。

ガイドがシマノはハイエンドのXガイドが使われています。

モアザンもAGSを採用してもらいたかったところ。

あとはエクスセンス MBのほうが20g近く軽い。

 

このクラスのロッドになるとスペックの違いって正直あまり当てにならないんです。

一応考慮したいのは、シマノはモバイルロッドを作るのが上手いですからね。

 

本音を言えば両方使ってみて違いを体感するのが一番なんです (^^;

どちらのロッドも自分のスタイルに合えば最高の相棒になることは間違いないです。

 

ダイワ モアザンモバイルのラインナップ

モデル 長さ 仕舞 重さ ルアー PEライン カーボン 定価
100ML/MS-5 3.05m 5 67cm 182g 7-40g 0.8-2.0号 97% 62,000円
87MLS-5 2.61m 5 58cm 145g 7-35g 0.6-1.2号 99% 57,500円
87MLB-5 2.61m 5 58cm 152g 7-35g 0.6-1.5号 99% 59,500円

 

全3種類のラインナップがあって、ベーシックなシーバスゲームにピッタリなものになっています。

ダイワ モアザンモバイル 87MLS-5

湾奥のシーバスゲームに最適な長さとアクション。

電車で釣行するような都市型シーバスゲームにピッタリです。

バイクや自転車でポイントをランガンしていけば、おのずとシーバスに出会えるチャンスも大きくなります。

 

ダイワ モアザンモバイル 87MLB-5

ファンにはうれしいベイトモデル。

キャストの正確性と手返しの良さで、繊細な攻めが可能。

シーバスとのファイトもベイトならでは。

 

ルアー

 

ダイワ モアザンモバイル 100ML/MS-5

最も長いモデル。

サーフや磯などの遠投するシーバスゲームに最適です。

10ftでも67cmとコンパクト仕様。

アプローチが難しいポイントにも楽に行けますよ。

 

今回紹介しているモアザンモバイルシリーズ

 

ダイワ モアザンモバイルのインプレ、評価

 

ではモアザンモバイルのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

使用感が素晴らしいのは間違いないです♬

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ モアザンモバイルのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ モアザンモバイルを紹介しました。

モアザンの中ではリーズナブルなモデルなので一度使ってみたい人も多いかと。

モバイルロッドは遊び心があって大好きです♪

 

>>アマゾンでモアザンモバイルを見てみる 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-シーバス