シーバス

【大阪】シーバスポイント|実績十分通えば爆釣間違いなし!

シーバスポイント

 

シーバス釣りたいけれどどこに行こうかな?

まだ釣ったことないんだよな。

新しいポイント開拓したいな。

という人も多いはず。

 

こんな記事

大阪でシーバスが爆釣?できるかもしれない、管理人おすすめの、実績たっぷりのポイントを紹介します。

 

大阪湾は魚影がとても濃いんですよね。シーバスの一級ポイントもたくさんあります。

slow boat
釣り人もさすがに多いけどね

 

淀川河口 シーバス、チヌの宝庫

 

かなりシーバスやキビレなどの魚影の濃いポイント。

河口の汽水域はベイトが豊富で、ランカーサイズのシーバスも多い。

淀川は河口付近だけではなくて、毛馬の水門より下流であればシーバスを釣ることが可能。

かなり広い範囲がポイントになるので、よっぽどじゃなければ人が多くても大丈夫。

人気のあるのは伝法駅周辺や、矢倉緑地公園付近です。

河口付近すべてがポイントですね。

管理人も生まれて初めてシーバスを釣ったのが淀川河口。

矢倉緑地公園の付近でした。

この辺りはシャローで根が荒いので、根掛かりには注意!

slow boat
今まで何個ルアーをロストしたことか。。。

 

淀川シーバス

 

バイブレーションやミノーで広範囲にシーバスを狙っていこう

特に目立つストラクチャーなどはないので、ワームよりも

遠投できるバイブレーション、ミノーがおすすめ。

活性の高い時は、バイブレーションなどで水面直下を狙うと爆釣できる。

干潮時には水位がかなり低くなるので、満潮付近の潮が動いている時間帯がおすすめ。

岸から数十メートル先にカケアガリがあって、そこに魚がついているので重点的に狙っていこう!

先ほども言ったように根掛かりには注意!

 

一番のシーバスシーズンは秋

特に秋になるとイワシやサヨリ、コノシロなどが淀川河口域にも入ってくるため、

シーバスも多数入ってきます。

いわゆるサヨリパターンでの釣りになります。

数が釣れるのでおすすめです。

ボイルも頻繁に起こるので、大きめのミノーなどでしっかりと狙っていきたいですね。

シーバスフィッシング

 

ポイント

広大なフィールドで年中シーバスが狙える

秋がおすすめ

根掛かりに注意

 

 

淀川毛馬水門のシーバスポイント

 

淀川はこの辺りまではシーバス、キビレなどを釣ることができるんです。

地元では結構有名なポイントなので、意外にアングラーも多いです。

少し上流側ならブラックバスも釣れるので、シーバス、ブラックバスのダブルヘッダーも可能。

 

淀川ポイント

 

毛馬のポイントのシーバスシーズン

個人的にここの一番熱いシーズンは早春。3月ごろのアユが遡上してくる季節です。

アユを狙っている結構でかいシーバスが釣れるんでおすすめ!

ヒル付きのシーバスが釣れる時期でもあります。

大きめのミノーで狙っていきましょう!

 

ポイント

春のアユの遡上シーズンがGOOD

 

 

大阪北港のシーバスポイント

 

ここも人気のポイントですね。

シーバス、チヌ、アジ、ガシラの魚影が濃いです。

秋は太刀魚が釣れるポイントとしても有名。

釣りが禁止のエリアもあるので、確認してから釣りをしてください♪

 

ローリングベイト

 

北港周辺のポイント

この辺りは竿が出せる場所であればどこでもシーバスが狙えます。

舞洲緑地公園、夢舞大橋付近や、常吉大橋下、かもめ大橋付近も人気の釣り場です。

シーズン中の土日などはかなり混雑するので気を付けてください。

全体に水深が深いポイントになります。

常吉大橋の釣り場は橋の下から釣りができるので雨が降ってもOK。

また車横づけOK!

 

slow boat
かなり便利な釣り場なので家族で来ている人も多いよ!

 

この辺りはバイブレーションミノーでシーバスを狙っている人が多いです。

 

ポイント

シーバスの魚影が濃く年中狙えるポイント

太刀魚のシーズンには混雑する

 

 

大阪南港のシーサイドコスモもシーバスが多いポイント

 

コスモスクエア海浜緑地の遊歩道にある釣り解放区のポイント。

駅から歩いてすぐで、トイレや駐車場もあるのでかなり便利。

釣り場は足場が良く柵もあるため安全。

ファミリーフィッシングにも最適ですね。

 

南港シーバス

 

おすすめのシーバスシーズン

春頃はカタクチイワシが入ってくるので、それを狙ったシーバスがねらい目。

メタルバイブレーションやミノーで狙うのがおすすめ。

4月ごろの高活性時は初心者でも簡単に釣ることができます。

 

slow boat
足元の壁際もポイントなので重点的に狙ってね!

 

ポイント

アクセスも良く釣りやすいので人気のあるポイント

春頃が一番釣りやすい

 

 

南港大橋や、かもめ大橋もシーバスが熱い

 

超有名な一級のシーバスポイント。

かもめ大橋周辺は駐車場や、車を横付けできる場所もありかなり便利。

トイレもあるので女性でもOK!

足場もいいので釣りやすい。

秋のシーズンになると太刀魚狙いの釣り人でごった返すのが少しネック。

 

シーバスを狙うなら

メタルバイブレーション、ミノーなど広範囲が探れるようなルアーを用意したいですね。

足元のヘチ狙いも有効。テクトロもOK。

朝マズメや夕マズメに、バイブの早巻きが有効。群れが来ていれば爆釣するかも。

雨の後など、大和川からの濁りが入る状況もかなりいいので、

雨後を狙って釣行するのがおすすめ。

大和川側が絶対にオススメ。まずはこちら側から狙ってみるといいですよ。

 

ポイント

かなりメジャーなポイント

大和川側が一番おすすめ

 

 

大和川河口もBIGシーバスが狙える

 

駐車場が近くにないので、電車や自転車などでの釣行がGOOD。

かなりシャローなので水深あるタイミングで釣行したほうがいいです。

 

slow boat
ここも雨後の濁りが入るとでかいシーバスが狙える!

 

シャローなのでフローティングミノーなどの根掛かりしにくいルアーを使おう。

デイゲームでも釣れるので、バイブレーションで広範囲を狙ってみよう。

 

ポイント

デカシーバスが狙えるポイント

雨後の濁りが入るとGOOD

 

 

神崎川、中島川のシーバスポイント

正確には大阪府ではないですが、大阪と隣接しているので紹介します。

管理人が一番シーバスを釣り上げた中島川、神崎川。

淀川ほど大きな河川ではないので、ポイントを絞りやすいんです。

駐車場なども近くにはないので、ポイントまで結構歩かないといけないけれど、

シーバスの魚影の濃さはピカ一!

神崎川と左門渡川が合流する場所が、一番のシーバスポイント。

バチ抜けシーズンでもシーバスのボイルがかなり熱い!

 

神崎川シーバス

 

神崎川、中島川で狙いたいポイント

神崎川もかなり上流までシーバスを狙うことができます。

 

slow boat
ズバリねらい目は橋脚!!

 

流れが効いているいる時間帯に橋脚を狙ってみてください。

かなり釣りやすいポイント。

ドリフトさせて橋脚に送り込んでやるだけ。

個人的にはリバーシーバスが一番簡単に釣れるんじゃないかな、と思っています。

そんなに水深もないし、ポイントもハッキリしてますからね!

 

ポイント

橋脚を狙うと釣りやすい

アクセスが悪いが、安定して釣れる

 

 

釣り動画でテクニックを学ぼう

 

YouTube などで釣りのテクニックや、ルアーのアクションなどを勉強している人も多いと思いますが、釣り専門の動画サービスがあるんです。

それが釣りビジョンVODです。

釣り専門だけに、無料のYouTube動画では見ることができないような、ためになる内容のものが多くて見ごたえがありますよ。

2週間無料で視聴することができるので、ぜひ一度試してみて↓↓↓



   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-シーバス