オフショア

ダイワ ソルティガRのインプレ評価【比較検証!】破格な軽量さ!

 

びぎなん
ダイワ ソルティガRってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ソルティガRの主な特徴

クリックすると楽天に移動します

 

ダイワ ソルティガRはオフショア用のジギングロッド。

実売価格は40000円~[22年2月]とハイクラスに位置するモデルになっています。

ダイワのジギングロッドと言えばソルティガ、と言ってもいいくらいの代名詞のようなもの。

ふさわしい技術がしっかりと採用されていて、船釣りで本格的に大物を狙っていくようなアングラーにも満足できる内容になっています。

ここ数年はオフショアの釣りがかなり人気♪

乗船に費用が掛かってしまいますが、防波堤などからは狙えないようなビッグフィッシュが釣れてしまうのが魅力。

またプロの船長がほぼ間違いなく釣れるポイントに連れて行ってくれて、釣り方まで丁寧に教えてくれるので初心者でも始めやすいです (^^♪

ソルティガRは高性能の安くはないシリーズですが、ベテランの人はもちろんこれからオフショアデビューする人にもピッタリのモデルかと♪

 

では早速ダイワ ソルティガRの特徴などを紹介すると、

軽量さがヤバイ

 

全てのモデルが100g半ばというジギングロッドとしては破格なスペック (*´Д`)

体力勝負になることも多いジギングゲームだけに、軽量さは一番のアドバンテージ。

この軽さだけでソルティガRを選んでもいいんじゃないかと♪

オフショアのジギングロッドは重いことがネックになりがちですが、ソルティガRは一日使っても疲れないロッドになっています。

 

チタンKガイド

 

ガイドもチタンガイドなので高感度かつ軽量 (^^♪

さらにKガイドなのでラインがらみも非常に少ないですよ。

 

ハイクラスのブランクやリールシート

 

スピニングモデルにはエアセンサーシートを採用!

軽量で感度も非常に高いです。

ブランクはHVFナノプラスやX45といった技術で極上の性能♪

 

ダイワ ソルティガRと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのジギングロッドと比較してみましょう。

アウトレイジと比較してみる

 

OUTRAGE J63S-3 ソルティガ R J62S-2 LO
1.91m 1ピース・仕舞:191cm 1.88m 1ピース・仕舞:188cm
ジグ:MAX180g ジグ:MAX180g
カーボン:93% カーボン:90%
重さ:165g 重さ:135g
ガイド:記載なし チタンKガイド
X45・V-JOINT・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート X45・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート
定価:38,600円 定価:50,500円

 

下位のアウトレイジと比べてみました。

OUTRAGEにはジョイント部分がしなやかに曲がるV-JOINTが使われています。

やはりスペック上での特筆すべき点はソルティガ Rの軽量さ!

ソルティガのほうが30gも軽い (*´Д`)

ジギングロッドってしゃくったりすることが多いので、重いとやっぱり大変。。。

特に体力に自信のない人や女性はできるだけ軽いタックルのほうがいいでしょう♪

逆にブランクやリールシートなどはスペック上では違いが分からないので、重さが許容できるよ、といった人はアウトレイジはコスパが高いモデル。

でも定価でいえば1万円ほどの違いなので、個人的にはソルティガ Rを選んでおくほうが後々後悔しないんじゃないかと♪

 

比較しての個人的なインプレとしては、

  • ソルティガ Rは超軽量で高級クラスにふさわしいスペック

といったところ。

 

シマノ オシアジガーと比較してみる

 

オシアジガー NATURAL JERK S642 ソルティガ R J62S-2 LO
1.93m 1ピース・仕舞:193cm 1.88m 1ピース・仕舞:188cm
ジグ:60~180g ジグ:MAX180g
カーボン:95.3% カーボン:90%
重さ:200g 重さ:135g
ガイド:チタンフレームKガイド チタンKガイド
スパイラルXコア・ハイパワーX・ナノピッチ・CI4+など X45・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート
定価:53,500円 定価:50,500円

 

シマノのフラッグシップモデルと比べてみました。

ここでも非常に際立つのがソルティガ Rの軽量さ♪

オシアジガーと比べてもこれだけ軽いので、ずば抜けた軽量性と言えますよね。

そのほかのスペックとしてはかなり似通っています。

よく言われるのはシマノは硬め、ダイワは柔らかめ。

張りがあって硬めのほうがジグのアクションがつけやすい場合もあるので、この辺りは好みの問題になってきますね。

 

ダイワ ソルティガRのラインナップ

 

モデル 全長 継数 仕舞 重さ ジグ カーボン[%] 定価(円)
J60S-2 HI 1.83m 1 183cm 140g MAX160g 92 50,500
J62S-2 LO 1.88m 1 188cm 135g MAX180g 90 50,500
J60S-3 HI 1.83m 1 183cm 145g MAX210g 94 51,000
J62S-3 LO 1.88m 1 188cm 155g MAX220g 90 51,000
J64S-3 MD 1.93m 1 193cm 150g MAX180g 96 51,000
J56S-4 HI 1.68m 1 168cm 147g MAX240g 96 51,500
J66S-4 HI 1.98m 1 198cm 160g MAX240g 96 51,500
J62S-4 LO 1.88m 1 188cm 161g MAX250g 97 51,500
J62B-2 TG 1.88m 1 188cm 160g MAX180g 97 52,000
J63B-2.5 LO 1.91m 1 191cm 145g MAX210g 88 50,500
J62B-3 LO 1.88m 1 188cm 160g MAX220g 93 51,000

 

※公式ページ参照

 

ラインナップはかなり豊富です。

  • MD:ミッドレスポンス オーソドックスなタイプ
  • HI:ハイレスポンス  反発力が高いブランクできびきびとしたアクションが得意
  • LO:ローレスポンス 反発力が低いブランクでナチュラルなアクションが得意

 

ソルティガR J60S-2 HI、J62S-2 LO、J64S-3 MD

軽量なジグを扱うのに適したモデル。

 

 

ソルティガR J60S-3 HI、J62S-3 LO

200g前後のジグに適したモデル。

 

 

ソルティガR J56S-4 HI、J66S-4 HI、J62S-4 LO

重ためのジグを操るのに適したパワーモデル。

 

 

ソルティガR J62B-2 TG、J63B-2.5 LO、J62B-3 LO

ベイトモデルも3種類ラインアップ。

 

 

ダイワ ソルティガRのインプレ、評価

 

ではダイワ ソルティガRのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどのいろんな口コミを簡単にまとめてみました。

  • 非常に軽量で疲れない
  • さすがダイワ
  • アクションをつけるのも楽々
  • LOは柔らかい感じで使いやすい
  • パワーも十分
  • 大口径ガイドがお気に入り
  • 女性でも使いやすい

といった感じです。

 

口コミで非常に目立つのは、やはりものすごく軽いということ。

ほかの高性能なジギングロッドと比べてもかなり軽いですから。

ジギングは使うジグも重いですが、タックルも重量級!

それが苦手で敬遠している人も多いんじゃないかと。

ソルティガRはそんな人にもピッタリのモデルになっています。

 

あとデザインが高級感があってカッコいい、という人も多いです。

高級モデルは所有感も満たしてくれないとやっぱり満足できないでしょう♪

またあまりネガティブな意見がないところをみても、初心者からベテランまで誰にでも使いやすいロッドと言えますよ。

 

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ソルティガRのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ソルティガRを紹介しました。

高級ロッドらしい超軽量のジギングロッド。

オフショアデビューにもバッチリでしょう!

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア