オフショア

ダイワ ブラスト BLASTのインプレ【比較検証】実用性抜群のロッド

 

びぎなん
ダイワ ブラスト BLASTってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ブラスト BLASTの主な特徴

クリックするとアマゾンに移動します

 

ダイワ ブラスト BLASTはハイエントリークラスからミドルクラスに位置するオフショア用ジギングロッド。

実際の価格は20000円~[22年2月]。

ブランクスに高級モデルにも使われている技術が採用されていてコスパが非常に高いです。

 

ところでここのところ船釣りがすごく人気♪

おかっぱりからは狙えないような大きな魚が簡単に釣れたり、オフシーズンの冬でも釣果が期待できます。

初心者でも親切に教えてもらえたりするので始めやすいこともありますね。

船釣りの場合レンタルのタックルで釣ることも可能です。

でもレンタルタックルはどうしてもあまりクオリティが良くないものが多い (^^;

せっかく安くない乗船代を払うことを考えると、しっかりとしたロッドやリールで釣果を上げていきたいですよね♪

 

ではダイワ ブラスト BLASTの特徴などを紹介すると、

ブレーディングX、HVFカーボン

ブレーディングX

 

上位機種にも使われるダイワのカーボンの技術。

ねじれに強くなっていたり、軽量で高感度なロッドを実現しています。

ターゲットが大型のオフショアの釣りでは不可欠と言ってもいいんじゃないかと♪

 

ダイワ ブラスト BLASTと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのジギングロッドと比較してみましょう。

ヴァデル、ソルティガ Rと比較してみる

ヴァデル J60MS ブラスト J62MS・V ソルティガ R J62S-2 LO
1.83m 2ピース・仕舞:133cm 1.88m 2ピース・仕舞:138cm 1.88m 1ピース・仕舞:188cm
適合ジグウェイト(g): 70-180 ジグ:70~180g ジグ:MAX180g
カーボン含有率(%):75 カーボン:88% カーボン:90%
重さ:220g 重さ:195g 重さ:135g
ガイド:オールSICリング ガイド:記載なし チタンKガイド
ブレーディングX・HVFカーボン X45・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート
定価:19,800円 定価:26,500円 定価:50,500円

 

ネット上でのおおよその価格をみると、

  • ヴァデル J60MS:15000円前後
  • ブラスト J62MS・V:20000円前後
  • ソルティガ R J62S-2 LO:43000円前後

[22年2月、価格は変動します]

 

ダイワのオフショアのジギングロッドと比べてみました。

まずローエンドモデルのヴァデルは技術的には目立つものは採用されていませんが、リーズナブルな実用モデル。

ブラストと比べるとブレーディングXやHVFカーボンといった部分が省略されていますね。

やはり重たいのもあって女性などには少し扱いずらい面があるかも (^^;

ヴァデルはできるだけコストを抑えて船釣りデビューしたいといった人におすすめのモデル。

 

参考19 ダイワ ヴァデル VADELのインプレ評価【徹底比較!】

  びぎなんダイワ ヴァデル VADELってどんなモデル? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ヴァデル VADELはどんなモデル? ...

続きを見る

 

次に上位のソルティガ Rは高級モデル。

チタンガイドやエアセンサーシートといった贅沢なパーツが使用されていて、価格も一気に上がってしまいます (*´Д`)

ブランク性能もX45やHVF NANOPLUS採用で、価格にふさわしいもの。

あと重さが135gと非常に軽量!

一日釣りまくっても疲れない。

予算があるのなら、性能や使い勝手は抜群なのでソルティガを検討してみてもいいのかと♪

>> ソルティガR 各種モデル 

 

上の二つのモデルと比べてみると、ブラストはかなりリーズナブルだけと実用性の高いモデル。

オフショアの釣りを始める時って、タックルやルアーをそろえるのにコストが結構かかってしまいます。

それに一本のロッドでどんな釣りでもできるわけではないですから。

リーズナブルなブラストのようなモデルは、かなり使い勝手がいい!

またブラストはヴァデルよりもブランク性能が高くなっていて、釣りを楽しむには十分以上の実力があります♪

上位モデルはさすがにちょっと高すぎるという人に、非常にバランスのいいロッドといえますよ。

 

比較しての個人的なインプレをまとめると、

  • ブラストは実用性能は十分で、リーズナブルに本格的な釣りが楽しめるロッド

といったところ。

 

 

シマノ グラップラー タイプ Jと比較してみる

 

ブラスト J62MS・V グラップラー タイプ J S60-3
1.88m 2ピース・仕舞:138cm 1.83m 2ピース・仕舞:130.7cm
ジグ:70~180g ジグ:MAX180g
カーボン:88% カーボン:83.9%
重さ:195g 重さ:170g
ガイド:記載なし ステンレスフレームKガイド、トップSIC
ブレーディングX・HVFカーボン スパイラルX・ハイパワーX
定価:26,500円 定価:29,300円

 

シマノの同じような価格帯の製品と比べて比べてみました。

グラップラータイプJのほうが定価は少し高めで、重さも25gほど軽いです。

ブランク性能は同等とみてもいいんじゃないでしょうか。

ブラストのガイドに関してはみた限り情報がないのであれですが、グラップラータイプJはKガイド仕様。

全体的にスペックはほぼ同じといった印象なので、好みで決めるような感じになっていますね♪

>> グラップラー タイプJ 各種モデル 

 

ダイワ ブラスト BLASTのラインナップ

 

豊富なラインナップ♪

モデル
長さ
仕舞
重さ
ジグ・ルアー重量 カーボン
定価(円)
ジギング キャスト
J63MLS・V 1.91m 2 141cm 185g 50~150g 88% 26,500
J62MS・V 1.88m 2 138cm 195g 70~180g 88% 26,500
J61MHS・V 1.85m 2 133cm 200g 90~210g 84% 26,500
J60HS・V 1.83m 2 131cm 210g 110~250g 83% 26,500
J61MLB・V 1.85m 2 127cm 205g 50~150g 89% 26,500
J60MB・V 1.83m 2 126cm 215g 70~180g 84% 26,500
J511MHB・V 1.8m 2 123cm 207g 90~210g 88% 26,500
C71MLS・V 2.16m 2 166cm 225g 15~60g 90% 29,000
C74LS・V 2.24m 2 173cm 217g 10~45g 90% 29,000
C80MS・V 2.44m 2 187cm 265g 20~70g 88% 32,500
C83MHS・V 2.52m 2 193cm 340g 40~100g 92% 35,000

※公式ページ参照

 

ダイワ ブラスト BLAST各種モデル

 

ダイワ ブラスト BLASTのインプレ、評価

 

ではダイワ ブラスト BLASTのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどのいろんな口コミをまとめてみました♪

  • 使いやすい
  • 長さがちょうどいい
  • しなやかで扱いやすい
  • 買って正解

といった感じです。

 

リーズナブルな価格に関わらず、かなり使い勝手がいいという評価が目立ちます。

またシマノのロッドに比べると少し柔らかいといった意見もありますね。

上位機種のスペックを見るとかなり軽量だし見劣りしてしまいますが、実用性能は十分でしょう。

オフショアのロッドやリールは、ショアのモデルと比べると若干高めの価格設定。

ターゲットが大型なので、その分耐久性能が必要になってきます。

そういった中で全て上位の高級モデルで揃えるのも難しい。

一番よく使うメインのロッドはソルティガ、サブのロッドはブラストといった使い方が現実的ですね♪

ブラストは初めてのオフショアのロッドとしてピッタリのモデルなので、いろんな釣りをやってみてロッドも少しずつグレードアップしていけばいいでしょう (^^♪

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ブラスト BLASTのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ブラスト BLASTを紹介しました。

価格や性能のバランスに優れたオフショア用ジギングロッド。

オフショアデビューにピッタリ♪

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア