広告 オフショア

19 ダイワ ヴァデル VADELのインプレ評価【徹底比較!】

 

びぎなん
ダイワ ヴァデル VADELってどんなモデル?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ヴァデル VADELの主な特徴

 

ダイワ ヴァデル VADELはオフショア用のジギングロッドとリールのシリーズ。

両方とも実売では一万円台半ばのリーズナブルでかつ、本格的な釣りにも対応するモデル♪

ここのところのトレンドとしてオフショアの釣りが非常に人気です。

はじめて船釣りに挑戦したい、という人も多いんじゃないでしょうか。

オフショアジギングではターゲットとなる魚が大型なので、パワーや耐久性が求められます。

そういった意味ではやはりダイワの製品だけに信頼性や耐久性も高い!

レンタルのタックルでも釣りをすることができますが、やっぱりしっかりとしたロッドやリールのほうが釣りやすいし掛けた魚も逃さない (^^)/

船釣り自体にコストがかかってしまうことを考えると、タックルも自前で揃えるほうが釣果も上がりますよ♪

 

ではダイワ ヴァデル VADELの特徴などを紹介すると、

リーズナブルなのに本格派!

ジギング&キャスティングロッドのヴァデルは上位モデルの設計を元に作られているので、エントリークラスでも実用性十分!

ブランクもしっかりとこだわって設計されていて、ガイドも全てSICなので釣りを楽しむうえでの性能は十分といったところです。

またリールには、

  • マグシールド
  • エアローター
  • アルティメットトーナメントドラグ

などなどパワーや耐久性に優れた仕様になっていて、こちらも初心者からベテランまで納得のレベルでしょう♪

 

19 ダイワ ヴァデル VADELと他のロッドを比較してみた!

 

今回はシマノやダイワのほかのオフショアロッドと比較してみましょう。

ブラストと比較してみる

 

ヴァデル J60MS ブラスト J62MS・V
1.83m 2ピース・仕舞:133cm 1.88m 2ピース・仕舞:138cm
適合ジグウェイト(g): 70-180 ジグ:70~180g
カーボン含有率(%):75 カーボン:88%
重さ:220g 重さ:195g
ガイド:オールSICリング ガイド:記載なし
  ブレーディングX・HVFカーボン
定価:19,800円 定価:26,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ヴァデル J60MS:15000円前後
  • ブラスト J62MS・V:20000円前後

[22年2月、価格は変動します]

 

ダイワの一つ上のモデルと比べてみました。

ブラスト J62MS・Vのガイドの記載が見当たらなかったんですが、おそらく同じくオールSICではないかと。

2つのモデルの大きな違いはブランク。

ブラストにはブレーディングXやHVFカーボンが使われてるので、シャープでパワフル。

特にブレーディングXはカーボンをX状に巻き上げて、ねじれに強い構造にする技術。

大型の魚とやり取りすることが多いオフショアの釣りでは、ブレーディングXがあれば心強い!

あとブラストのほうが25g軽量なので、女性や体力に自信のない人にもちょうどいいかと♪

>> ジギングロッド ブラスト 

 

一方でブラストと比べるとヴァデルはやはりリーズナブルさが魅力♪

オフショアの釣りでも始めるときにコストが結構かかってしまいますから (^^;

ロッドやリールに必要以上にお金をかけるよりも、ジグやルアーの種類を増やすほうが釣果につながりやすいです。

エントリークラスのロッドでも、そのシチュエーションに合うジグやルアーがあれば確実に釣れますからね♪

逆にいくらロッドがよくても、ジグやルアーが合っていなければなかなか釣れないです。

そうはいってもヴァデルには実用レベルの性能は十分にあるので、入門用には最適でしょう♪

 

比較しての印象としては、

  • ヴァデルはコスパが優秀!

といったところでしょう。

 

シマノ グラップラー BB タイプ Jと比べてみると

 

ヴァデル J60MS グラップラー BB タイプ J S60-3 
1.83m 2ピース・仕舞:133cm 1.83m 2ピース・仕舞:132.6cm
適合ジグウェイト(g): 70-180 ジグ:MAX180
カーボン含有率(%):75 カーボン:92.9%
重さ:220g 重さ:172g
ガイド:オールSICリング ステンレスフレームKガイド
  ハイパワーX
定価:19,800円 定価:19,100円

 

シマノのオフショアのジギングロッドと比べてみました。

グラップラー BB タイプ Jは21年に発売されたモデルなので、スペックは非常に高い!

Kガイド搭載でハイパワーX[ブレーディングX相当]、またかなり軽量 (*´Д`)

釣り具の進化はすさまじいので、新しいモデルのほうがやはり性能が高い傾向にありますよね。

 

グラップラー BB タイプ J各種モデル

 

ダイワ ヴァデル VADELのラインナップ

 

ジギングロッドのラインアップ

モデル 長さ 仕舞 重さ ルアー 適合PE(号) カーボン 定価[円]
J60MLS・Y 1.83m 2 133cm 200g 50-150g 2-3 70% 19,800
J60MS・Y 1.83m 2 133cm 220g 70-180g 2.5-4 75% 19,800
J60MHS・Y 1.83m 2 131cm 225g 90-210g 3-4 77% 19,800
J60HS・Y 1.83m 2 131cm 235g 110-250g 3-5 77% 19,800
J60MB・Y 1.83m 2 126cm 245g 70-180g 2.5-4 75% 19,800
J60MHB・Y 1.83m 2 126cm 250g 90-210g 3-4 75% 19,800
C73MLS・Y 2.21m 2 170cm 235g 15-60g 1.5-3 77% 21,400
C80MS・Y 2.44m 2 187cm 285g 20-80g 3-4 79% 21,800

※公式ページ参照

 

ヴァデル J60MLS・Y

150gまでのジグに対応するライトなスピニングモデル。

 

 

ヴァデル J60MS・Y、J60MB・Y

180gまでのジグに対応するオーソドックスなモデル。

スピニングとベイトがあります。

最初の一本に最適でしょう!

 

 

ヴァデル J60MHS・Y、J60MHB・Y

210gまでのジグに適合するモデル。

スピニングとベイトがラインアップ♪

 

 

ヴァデル J60HS・Y

250gまでのジグに対応のシリーズ中一番パワフルなモデル。

 

ヴァデル C73MLS・Y、C80MS・Y

キャスティングモデルも2種類ラインアップ!

 

 

 

リールのラインアップ

モデル 巻取り長さ ギヤ比 重さ 最大ドラグ力 巻糸量PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
ハンドル 定価(円)
3500 83cm 4.9 410g 8kg 2-300
3-200
4/1 65mm 20,700
3500H 97cm 5.7 410g 8kg 2-300
3-200
4/1 65mm 20,700
4000 87cm 4.9 415g 8kg 2.5-300
3-250
4/1 65mm 20,700
4000H 101cm 5.7 415g 8kg 2.5-300
3-250
4/1 65mm 20,700

※公式ページ参照

 

ヴァデル 3500、4000

ノーマルギヤ仕様のモデル。

 

 

ヴァデル 3500H、4000H

ハイギヤ仕様のモデル。

 

 

ダイワ ヴァデル VADELのインプレ、評価

 

ではダイワ ヴァデル VADELのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどのいろんな意見をかんたんにまとめてみました♪

  • 気にせずゴリゴリ使える
  • 取り回しがいい
  • 自分にはこれで十分
  • コスパの良いジギングロッド
  • アクションがつけやすい
  • 船釣りデビューにピッタリ
  • おかっぱりでも使える[リール]
  • ドラグがしっかりしている[リール]
  • 頑丈[リール]

といった感じです。

 

リーズナブルな価格帯ながら、必要な性能は十分搭載しているといった意見が多数です♪

上位モデルに比べると当然及ばない部分はありますが、オフショアの釣りをとりあえずやってみたいという人にはおすすめです。

最近の実売一万円台のロッドってかなり性能いいですよ♪

大手メーカーのものなら実用レベルで性能が不足するようなモデルは基本ないですから。

ヴァデルのスタンダードなモデルを買っておけばほとんどのシチュエーションに対応できるかと。

船釣りにハマれば、上位機種や専用ロッドを買い足していけばいいですよ (^^)/

 

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ヴァデル VADELのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ヴァデル VADELを紹介しました。

価格的にもかなり購入しやすいロッドとリールのシリーズ。

初心者にもベテランのサブとしても使い勝手のいいモデルが揃っています♪

 

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア