オフショア

ダイワ ソルティガ C[SALTIGA C]のインプレ【徹底比較!】

 

びぎなん
ダイワ ソルティガ Cってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ SALTIGA Cの主な特徴

クリックすると楽天に移動します

 

ダイワ ソルティガ Cはオフショアのジギング用キャスティングモデル。

ダイワでは現在ハイエンドのモデルになっています (^^♪

実売価格では50000円~[22年2月]とハイエンドモデルとしては購入しやすい価格帯!

ダイワのテクノロジーをふんだんに使って、軽快な使い心地とタフネスを合わせ持つシリーズになっています。

ジギング自体が重量級のリグを操るのと、ターゲットが大型なのもあってタックルも超重量級 ((+_+))

体力に自信のない方は敬遠しがちなところもあるのかと。。。

そういった面でもソルティガ Cは軽量で、誰にでも扱いやすいロッドになっていますよ!

 

ではダイワ SALTIGA Cの特徴などを紹介すると、

最高級の技術を搭載!

 

ハイエンドモデルにふさわしいダイワの先端技術を多数採用!

  • X45フルシールド
  • V-JOINT α
  • HVF NANOPLUS

X45フルシールドはその名のとおり、カーボンをX状に巻き付けてねじれなどに強く、粘りのあるブランクを作る技術。

高級モデルのみに採用されています。

V-JOINT αはジョイント部分がしなやかに曲がる技術のV-JOINTをさらに進化させたバージョン。

感度や耐久性に大きく貢献していますよ♪

 

ダイワ ソルティガ Cと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのオフショアロッドと比較してみましょう。

ダイワ アウトレイジと比較してみる

 

ソルティガ C 82-4 アウトレイジ C 82-4
2.49m 2ピース・仕舞:189cm 2.49m 2ピース・仕舞:189cm
適合ルアー・ジグ(g) MAX80 ジグ・ルアー:MAX80g
カーボン含有率(%):97 カーボン:94%
重さ:265g 重さ:265g
X45フルシールド・V-JOINT α・HVF NANOPLUS X45・V-JOINT・HVF NANOPLUS
定価:58,000円 定価:42,000円

 

下位機種のアウトレイジのキャスティングモデルと比べてみました。

スペックの違いはかなり分かりやすい (^^)/

ソルティガのほうが、X45フルシールドやV-JOINT αといった部分がグレードアップしていますね。

重さなどは全く同じです。

アウトレイジシリーズは、ソルティガの廉価版といったところですがコスパとしては非常に優秀です。

コストを抑えつつもハイエンド並みの使用感が得られますよ (^^♪

 

一方でソルティガ Cのメリットは、高性能なこともありますが耐久性かと!

X45フルシールドやV-JOINT αといった部分が、長く使いこめるハイエンドらしい仕様になっています。

定価としては16000円ほど差がありますが、ミドルクラスのロッドを購入して使っているとどうしても上が欲しくなっちゃいます (^^;

ハイエンドモデルは高く感じてしまいますが、一度購入すると何年も買い替えることがないですから。

長い目で見ると意外とコスパも高かったりしますよ (^^♪

 

比較してのインプレとしては、

  • ソルティガ Cは高性能+耐久性も凄い

といったところ。

 

シマノ オシアプラッガー フレックスドライブと比べてみると

 

ソルティガ C 83-6 オシアプラッガー フレックスドライブ S83MH
2.51m 2ピース・仕舞:190cm 2.51m 2ピース・仕舞:183.9cm
適合ルアー・ジグ(g) :MAX130 ジグ・ルアー:MAX120g
カーボン含有率(%):97 カーボン:97.5%
重さ:365g 重さ:353g
チタンフレームKガイド チタン(バット)+ステンレスフレームSiCリング
X45フルシールド・V-JOINT α・HVF NANOPLUS スパイラルXコア・ハイパワーX・スクリューロックジョイント
定価:60,000円 定価:63,000円

 

シマノのフラッグシップモデルと比べてみました。

ソルティガ C 83-6のほうがわずかに重たいジグに対応していますが、その分重さも10gほど重い。

またソルティガ Cのガイドに関しては外部サイトの情報ですが、チタンフレームKガイド採用。

オシアプラッガー フレックスドライブはバットがチタン、その他はステンレスフレームガイド。

ガイドに関してはソルティガ Cが勝っていますね。

一方でオシアプラッガー フレックスドライブの注目すべき点は、スクリューロックジョイント採用であること。

好き嫌いもあるでしょうが、ジョイントをネジッて固定できるので安定感や耐久性も高い!

 

 

ダイワ ソルティガ Cのラインナップ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ ジグ・ルアー カーボン[%] 定価(円)
71-2 2.16m 2 171cm 185g MAX50g 95 56,000
84-2.5 2.54m 2 195cm 225g MAX55g 96 57,000
83-3 2.51m 2 193cm 235g MAX60g 97 57,000
82-4 2.49m 2 189cm 265g MAX80g 97 58,000
83-4/6 SP 2.51m 2 190cm 340g MAX80g 97 61,000
75-5 2.26m 2 164cm 270g MAX100g 97 58,000
81-5 2.46m 2 187cm 320g MAX100g 97 59,000
83-6 2.51m 2 190cm 365g MAX130g 97 60,000
710-8 2.39m 2 178cm 365g MAX160g 97 61,000
85-8 2.57m 2 190cm 385g MAX160g 96 62,000

※公式ページ参照

 

ラインナップもかなり豊富です♪

ソルティガ C 71-2、84-2.5、83-3

軽量級のジグを扱うのに適したモデル。

22年の新しい製品です。

 

ソルティガ C 82-4、83-4/6 SP、75-5、81-5

80~100g前後までのジグがキャストできるスタンダードモデル。

好みによってレングスも選べて、最初の一本にも最適です。

 

 

ソルティガ C 83-6、710-8、85-8

重たいジグに対応するパワーモデル。

 

 

ダイワ ソルティガ Cのインプレ、評価

 

ではダイワ ソルティガ Cのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどの意見をまとめてみると、

  • ショートレングスのモデルが使いやすい
  • アンダーでも投げやすい
  • パワーや粘りが素晴らしい
  • アクションが軽快につけられる

といった感じです。

 

さすがにハイエンドモデルだけあって、かなりいい評価が多いです。

Vジョイントαのおかげですごくきれいに曲がってくれるので、大きな魚でも安心してやり取りできる、といった意見も多いです。

また軽さもあって、ジグやルアーのキャストやアクションがしやすい!

いままでエントリークラスのロッドを使っていた人なら、使用感の違いに驚くでしょう (^^;

疲れ方も全然違うので、釣りに集中できて投げ続けられるので自然と釣果も上がってきますよ。

耐久性もあって長く使えるので、中級者以上の方ならソルティガ Cはおすすめです!

 

アマゾンのカスタマーレビューも参考にどうぞ♪

 

ダイワ ソルティガ Cのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ソルティガ Cを紹介しました。

ハイエンドモデルにふさわしい性能と使用感!

一度使うと手放せなくなりそうです (^^;

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア