オフショア

21 グラップラーBB タイプJのインプレ評価【徹底比較】軽すぎ?

晴天の海のポイント

 

びぎなん
21 グラップラーBB タイプJってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ21 グラップラーBB タイプJの主な特徴

 

21 グラップラーBB タイプJはシマノから発売されている、エントリークラスのオフショア用のジギングロッド。

実際の価格は1万円台半ば~[22年2月]と非常にリーズナブルなシリーズ♪

エントリークラスとはいえ、ガイドやブランクは実用性十分なものになっています。

初めてのオフショアデビューにはもってこいのモデルでしょう!

また普段はおかっぱりからの釣りがメインだけど、たまに船釣りに行くという人にもピッタリ。

ここ最近の傾向として、船釣りの人気が急上昇中♪

堤防や漁港ではまず釣れないような大きな魚が釣れたり、釣れているポイントまで連れて行ってくれるお手軽さはおかっぱりの釣りにはない魅力。

特に都市部に住んでいる人なら、釣れる魚がすごくおいしいこともオフショアの釣りの醍醐味かと♪

初心者でも釣り船の会社に聞けばタックルや釣り方を丁寧に教えてくれるので、かなり始めやすい釣りとも言えますね。

 

ではグラップラーBB タイプJの特徴などを紹介すると、

ハイパワーX

 

ローエンドモデルですが、カーボンをX状に巻き付けてねじれに対する強度を上げるハイパワーX搭載♪

大物がターゲットのジギングなので、ポイントが高い部分です。

 

ステンレスフレームKガイド

 

ステンレスフレームKガイドをしっかりと搭載!

ラインがらみが大幅に減るので、特に初心者には必須のガイドと言っていいでしょう♪

 

21 グラップラーBB タイプJと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのオフショアロッドと比較してみましょう。

シマノ グラップラー タイプ Jと比べてみると

 

グラップラー タイプ J S60-3 グラップラー BB タイプ J S60-3 
1.83m 2ピース・仕舞:130.7cm 1.83m 2ピース・仕舞:132.6cm
適合ジグウェイト(g):MAX180 ジグ:MAX180
カーボン含有率(%):83.9 カーボン:92.9%
重さ:170g 重さ:172g
ステンレスフレームKガイド、オーシャンガイド ステンレスフレームKガイド
ハイパワーX・スパイラルX ハイパワーX
定価:29,300円 定価:19,100円

 

ネット上での価格をみると、

  • グラップラー BB タイプ J S60-3 :15000円前後
  • グラップラー タイプ J S60-3:21000円前後

[22年2月、価格は変動します]

 

シマノの上位モデルと比べてみました。

グラップラー タイプ JはスパイラルXを搭載して、さらにブランクのタフネスを高めているモデル。

またラインナップによってはオーシャンガイドを搭載したものもあるので、堅牢性には優れています。

>> グラップラー タイプJ 各種モデル 

 

でも基本的な性能自体はあまり変わらないような印象かと (^^;

重さもたった2gの違いですし。

グラップラー BB タイプ J はコスパとしてはかなり優れていますよね♪

重量の172gはジギングロッドとしてはかなりの軽量級!

エントリーモデルでこの軽さはすごいですよ (*´Д`)

またブランクスやガイドにこだわるのであれば、価格的にもっと高くなってしまいますから。

グラップラー BB タイプ Jは、初めてのジギングロッドやサブのロッドとしてはかなり優秀なシリーズと言えます。

 

比較しての評価としては、

  • グラップラー BB タイプ Jはコスパと性能に優れたモデル

といった感じです。

 

ダイワ ヴァデルと比べてみると

 

ヴァデル J60MS グラップラー BB タイプ J S60-3 
1.83m 2ピース・仕舞:133cm 1.83m 2ピース・仕舞:132.6cm
適合ジグウェイト(g): 70-180 ジグ:MAX180
カーボン含有率(%):75 カーボン:92.9%
重さ:220g 重さ:172g
ガイド:オールSICリング ステンレスフレームKガイド
ハイパワーX
定価:19,800円 定価:19,100円

 

ダイワのエントリーモデルと比べてみました。

2つを比べてみても、グラップラー BBは圧倒的に軽い ( ゚Д゚)

ヴァデルは少し古いモデルなので、重ためなのもありますが。

ジギングゲームはジグのアクションを常時つける釣りなので、重たいと長時間続けるのは正直きついです (^^;

エントリークラスで172gという軽さは、もしガイドやブランクなどが劣っていたとしても購入する決め手になりますよね!

 

参考19 ダイワ ヴァデル VADELのインプレ評価【徹底比較!】

  びぎなんダイワ ヴァデル VADELってどんなモデル? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ヴァデル VADELはどんなモデル? ...

続きを見る

 

21 グラップラーBB タイプJのラインナップ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ 適合ジグ カーボン[%] 希望価格[円]
S60-2 1.83M 2 131.6cm 160g MAX160g 94 18,700円
S60-3 1.83M 2 132.6cm 172g MAX180g 92.9 19,100円
S60-4 1.83M 2 132.1cm 185g MAX210g 92.8 19,500円
S60-5 1.83M 2 129.7cm 193g MAX250g 84.5 20,000円
S56-6 1.68M 2 114.1cm 245g MAX300g 83.3 20,800円
B60-2 1.83M 2 139.8cm 138g MAX160g 92.1 18,700円
B60-3 1.83M 2 140.8cm 142g MAX180g 94.4 19,100円
B60-4 1.83M 2 140cm 152g MAX210g 94.3 19,500円
B60-5 1.83M 2 138.8cm 163g MAX250g 95.3 20,000円
B56-6 1.68M 2 105.7cm 295g MAX300g 87.7 20,800円

※公式ページ参照

 

かなり豊富なラインナップでいろんなタイプのロッドが揃いますよ♪

21 グラップラーBB タイプJ S60-2、S60-3

軽量なジグを扱うのに適したモデル。

ロッド自体も軽いので、女性などにもピッタリ。

 

 

21 グラップラーBB タイプJ S60-4、S60-5、S56-6

ジグの重さによって選べます。

S56-6なら300gまでのジグに対応していますよ♪

 

 

21 グラップラーBB タイプJ B60-2、B60-3

軽量なジグを操るのに適したベイトモデル。

 

 

21 グラップラーBB タイプJ B60-4、B60-5、B56-6

ベイトモデルも210g~300gのジグに対応するいくつかのモデルがあります。

 

 

21 グラップラーBB タイプJのインプレ、評価

 

ではシマノグラップラーBB タイプJのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどのレビューをまとめてみました♪

  • 軽いので丸一日釣りをしても疲れない
  • 初めての船釣りにバッチリでした
  • 最近のロッドはすごい
  • さすがシマノ
  • コスパが最高
  • 女性や子供も問題なし

といった感じです。

 

たくさんの意見を見ても、この価格帯で必要十分な性能といっていいでしょう!

初めてジギングする人から、古いモデルから買い替えた人まで良い評価をしている人が多いです。

軽いモデルなら150g以下ですからね、はっきり言って文句のつけようがないといったところでしょうか (^^;

さらにネガティブな意見はあまりないですから。

ジギングをするにしても対象魚のサイズなどによって何本かロッドを使い分ける必要があります。

グラップラーBB タイプJなら高級モデル1本分の価格で3本ほど揃います♪

これからオフショアの釣りを始める人にとっても、ジギングの釣りの幅を広げたい人にとってもかなり嬉しいシリーズです。

 

アマゾンのカスタマーレビューも参考になりますよ♪

 

21 グラップラーBB タイプJのインプレ、評価まとめ

 

今回は21 グラップラーBB タイプJを紹介しました。

価格と性能のバランスが非常に優れているジギングロッド。

気軽にオフショアの釣りが始められる時代になっていますよ♪

 

21 グラップラーBB タイプJ各種モデル

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア