オフショア

19グラップラー タイプ スロー Jのインプレ【比較検証!】評判上々

 

びぎなん
シマノグラップラー タイプ スロー Jってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jの主な特徴

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jはハイエントリー~ミドルクラスのスロー系ジギングロッド。

価格的には2万円台前半~[22年3月]と、誰にでも手が届きやすいプライスです。

オフショアのジギングは結構お金がかかってしまう釣り (^^;

特にスロージギングはジグ自体も結構高いです。

そういった敷居の高さから、なかなか手が出ないアングラーも多いんじゃないですか。

またエントリークラスのロッドではちょっと物足りないといったアングラーも多いかと♪

そういった中で、グラップラー タイプ スロー Jはミドルクラスレベルを超えるくらいの実力があると言ってもいいです!

さらにアマゾンの評価数もジギングロッドとしてはかなり多いので、非常に人気の高いロッドシリーズになっていますよ。

 

ではグラップラー タイプ スロー Jの特徴などを紹介すると、

実力派のブランク

 

ハイパワーXにスパイラルXをプラスして、ねじれに強くて粘りがあるブランク!

エントリークラスのロッドとは一味も二味も違う使用感になっています。

ジギング自体、ロッド性能が釣果に大きく影響してくるので、できる限りしっかりしたロッドを使いたいです♪

 

使いやすいリールシート

 

リールシートにはFuji T-DPS20を採用!

握りやすくて疲れにくいセッティングになっています。

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jと他のロッドを比較してみた!

 

シマノやダイワのほかのスロー系ジギングロッドと比較してみましょう。

グラップラー BB タイプ スロー J、ゲーム タイプ スロー Jと比較してみる

グラップラー BB タイプ スロー J B66-2 グラップラー タイプ スロー J B68-2 ゲーム タイプ スロー J B66-2
1.98m 2ピース 仕舞:150.2cm 2.03m 2ピース・仕舞:156.2cm 1.98m 2ピース・仕舞:150.2cm
ジグ:MAX200g 適合ジグウェイト(g):MAX200 ジグ:MAX200g
カーボン:94% カーボン含有率(%):96.8 カーボン:97.4%
重さ:120g 重さ:115g 重さ:128g
ステンレスフレームKガイド ステンレスフレームKガイド LKWガイド
ハイパワーX・シマノオリジナルリ-ルシート ハイパワーX・スパイラルX・Fuji T-DPS20 ハイパワーX・スパイラルXコア・CI4+・フルホールディングシート
定価:19,100円 定価:29,800円 定価:41,200円

 

ネット上でのおおよその価格をみると、

  • グラップラー BB タイプ スロー J B66-2:16000円前後
  • グラップラー タイプ スロー J B68-2:25000円前後
  • ゲーム タイプ スロー J B66-2:30000円前後

[22年3月、価格は変動します]

 

シマノの上位下位機種と比べてみました。

まずグラップラー BB タイプ スロー Jはローエンドモデル。

グラップラー タイプ スロー Jからできるだけ機能などを省いて、コストカットしたモデル。

価格がすごくリーズナブルで、とりあえずスロージギングをやってみたいといった人にはおすすめ♪

でもやはりジグの操作や使用感などは上位機種にはかなわないです (^^;

 

参考グラップラー BB タイプ スロー Jのインプレ【徹底比較!!】

  びぎなんシマノグラップラー BB タイプ スロー Jってどんなロッド? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノグラップラー BB タイ ...

続きを見る

 

次にゲーム タイプ スロー J B66-2はハイミドルクラスのモデル。

スパイラルXコア、CI4+、フルホールディングシートといった高級クラスに使われる技術をしっかりと搭載!

ガイドもグレードアップしています。

ゲーム タイプは中級者以上の本格的なジギングにもしっかりと対応するシリーズになっています。

ほかの2つと比べると重さが若干重たくはなっていますが、その分タフネスや堅牢性が高いと言えますね。

ジギングはやはりロッドのグレードが重要になってくるので、グラップラー タイプ スロー J と迷うなら、予算がある人はゲーム タイプ スロー Jを選ぶ方がいいかと♪

 

>>20 ゲームタイプスローJ

 

上位下位のモデルと比べると、グラップラー タイプ スロー Jはジギング入門にピッタリで、ベテランでも使えるロッドと言えるでしょう♪

ハイエントリークラスのモデルとしてはかなり軽量ですし、実用レベルでの機能は十分ありますから。

使った人の評価を見ても、かなりいい口コミが多いです。

もちろん予算があるなら上位モデルをおすすめしますが、グラップラー タイプ スロー Jも価格と性能のバランスが優れたモデル。

ビギナーの方にはもちろん、ベテランのサブのロッドしても長く活躍してくれそうです♪

 

3つのモデルを比較してのインプレとしては、

  • グラップラー タイプ スロー Jは実用性十分で、長く使えるモデル

といった感じです。

 

ダイワ ブラスト SJと比べてみると

 

ブラスト SJ 63B-2 グラップラー タイプ スロー J B68-2
1.91m 2ピース 仕舞:141cm 2.03m 2ピース・仕舞:156.2cm
ジグ:120~200g 適合ジグウェイト(g):MAX200
カーボン:99% カーボン含有率(%):96.8
重さ:110g 重さ:115g
ステンレスフレームKガイド[SIC] ステンレスフレームKガイド
HVF・ブレーディングX・Fuji製PULSシート ハイパワーX・スパイラルX・Fuji T-DPS20
定価:27,000円 定価:29,800円

 

ダイワのライバル機種と比べてみました。

両者よく似ているスペックになっていますね♪

ライバルメーカーなので価格が同じで発売時期も近いなら、使っている素材やガイド、リールシートのグレードもほぼ同じと思っても差し支えないかと。

どちらのモデルが優れているかというよりは、どちらのモデルがその人のスタイルやポイントに合うかという問題になってきます。

初心者なら、まずはデザインなどから直観で選んでみてもいいじゃないですか (^^)/

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jのラインナップ

モデル 長さ 仕舞 重さ ジグ カーボン[%] 希望価格[円]
B68-1 2.03m 2 156.2cm 110g MAX160g 96.5 29,300円
B68-2 2.03m 2 156.2cm 115g MAX200g 96.8 29,800円
B68-3 2.03m 2 156.2cm 120g MAX260g 97.1 30,300円
B68-4 2.03m 2 156.2cm 125g MAX330g 96.3 30,900円
B68-5 2.03m 2 156.2cm 135g MAX400g 96.7 31,400円

※公式ページ参照

 

水深やジグのウェイトによって全5種類のラインナップ♪

 

B68-1

160gまでのジグに対応する一番ライトなモデル。

60mくらいまでの浅めのポイントにピッタリです。

 

B68-2

200gまでのジグに対応する汎用性の高いモデル。

80mまでの浅めのポイントに適合します。

 

B68-3

260gまでのジグに対応する、一番ベーシックなモデル。

浅いポイントから、中深海まで狙えるので初めての一本にも最適です♪

 

B68-4

330gまでのジグに対応します。

こちらも300mほどの中深海の釣りに使える、汎用性が高いモデル♪

 

B68-5

400gまでジグに対応する一番パワーのあるモデル。

深いポイント狙いにピッタリです。

 

グラップラー タイプ スロー J各種モデル

 

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jのインプレ、評価

出典:インスタグラム シマノ公式アカウント

 

ではシマノグラップラー タイプ スロー JのSNSなどのインプレ、評価などを見ていきましょう!

  • リーズナブルですごくいい!
  • エントリーモデルだが使いやすい

といった印象の口コミが多いです。

 

そのほかのレビューを簡単にまとめてみると、

  • 軽量で疲れない
  • ビギナーにピッタリ
  • アクションをつけやすい
  • しなやかなのに粘りがある

といった感じです。

 

一方でネガティブなものは、

  • アクションがつけにくい

といったものがありました。

 

全体的に意見として多いのは、柔らかめで使いやすい、といったもの♪

柔らかいためにジグが操作しにくいといった意見もポツポツありますが、そのあたりはその人のスタイルや釣りをする地域などの問題ではないでしょうか。

当然ですが釣りをするポイントによって、適切なロッドがかなり変わってきます。

内海の潮の流れが遅いポイントであれば柔らめのロッドのほうが釣りやすいですし、潮の流れが効いているポイントであれば硬めのハリがあるロッドが向いています。

初めての場合で分からないときは、事前に釣り船に問い合わせてピッタリのロッドを教えてもらうほうが間違いないですよ。

アマゾンのカスタマーレビューも参考にしてみて下さい♪

 

シマノグラップラー タイプ スロー Jのインプレ、評価まとめ

 

今回はグラップラー タイプ スロー Jを紹介しました。

ハイエントリーモデルながら、かなり評判のいいスロージギングロッド。

ジギングデビューにももってこいです♪

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア