広告 オフショア

22 クロスミッション XRのインプレ評価【比較してみたよ!!】

※写真はイメージです

 

びぎなん
22 クロスミッション XRってどんなモデル?

といった質問がある人にとっての記事になりますよ♪

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ 22 クロスミッション XRの主な特徴

 

22 クロスミッション XRはシマノから発売されているオフショアロッド。

万能性が魅力のクロスミッションシリーズの上位モデル♪

釣り全般に言えることですが、いくつかのジャンルの釣りをしようと思うとロッドやリールをいろいろと揃えないといけないです。

道具を揃えていくのが楽しみの一つでもありますが、コストもかかってきますよね。

できるだけ一つのロッドでいろいろな釣りを楽しみたい!と思う人も多いかと。

そういった時に活躍してくれそうなのがクロスミッションシリーズ。

オフショアの様々な釣りに対応していますよ♪

 

シマノ 22 クロスミッション XRの特徴などを紹介すると、

ティップスイッチシステム

 

ソリッドとチューブラーの二つの穂先を交換して使うことが可能です♪

もともとオールランドなクロスミッションですが、ティップスイッチシステムでさらに万能性がアップ。

またソリッドの穂先はタフテック∞を採用していますよ♪

ティップを交換できるということで変則3ピースになっています。

 

ブランクなども本格派

 

ほかにもいろいろと豪華な技術が使われています!

  • スパイラルXコア
  • ハイパワーX
  • Xシート[ベイト]
  • CI4+
  • パーフェクションシートXT[スピニング]
  • ステンフレームのSiCガイド

など、ブランクからリールシートまでこのクラスらしい本格的な内容になっています♪

 

22 クロスミッション XRと他のロッドを比較してみた!

 

ほかのクロスミッションシリーズと比較してみましょう。

クロスミッション BBやクロスミッションとの違い

クロスミッション BB S66ML-S クロスミッション S66ML-S クロスミッション XR S66ML
1.98m 2ピース・仕舞:102.5cm 1.98m 2ピース・仕舞:102.9cm 1.98m 3ピース・仕舞:120cm
対応ジグ:MAX80g 対応ジグ:MAX80g 対応ジグ:MAX80g
カーボン含有率:89.5% カーボン含有率:96.2% カーボン含有率:97.7%
重さ:102g 重さ:97g 重さ:101g
ステンSiC【TOP】+アルコナイト ステンSiC【TOP】+アルコナイト ステンSiCガイド
ハイパワーX・タフテックαなど スパイラルX・ハイパワーX・Xシート[ベイト]・タフテックα・CI4+など スパイラルXコア・Xシート[ベイト]・ハイパワーX・タフテック∞・ティップスイッチシステムなど

※公式ホームページなどで筆者が調べた執筆時点の情報になります、最新の情報や詳細はメーカーのホームページなどをご覧ください

 

ほかにも違いがありますが下位のモデルとの気になる違いをまとめてみました。

クロスミッション BBはエントリーモデル。

ベーシックな技術を採用していながら、実用性の高いロッドになっています。

評判などを見てもエントリーと言いながらベテランでも使えるようなモデルかと。

オフショアの万能ロッドでリーズナブルな価格のものを探している、といった人向けでしょう♪

 

 

無印クロスミッションはBBの上位モデル。

スパイラルX、Xシート[ベイト]、CI4+といった部分がグレードアップしています。

上位のXRとはタフテック∞やティップスイッチシステム、スパイラルXコアといったところに違いがありますね。

価格と性能のバランスが優れたモデル、といったところかと。

万能ロッドでエントリーよりももっと性能にこだわりたい、といったアングラーのニーズに応えてくれるのではないでしょうか♪

 

 

上位や下位モデルと比較すると、クロスミッション XRはスペックがやはり高い!

その中でもやはり注目すべきはティップスイッチシステムでしょう♪

穂先を交換できることで、オールラウンドロッドとしての魅力がさらにアップしていますね。

またブランクもスパイラルXコア採用で高いスペックになっています。

オフショアのオールランドロッドでできるだけ性能がいいモデルを探している、といったアングラー向けでしょう (^^♪

 

比較しての個人的なインプレとしては、

  • クロスミッション XRはティップスイッチシステムに注目!

といった感じです。

 

22 クロスミッション XRのインプレや評価

 

では22 クロスミッション XRのインプレや評価などを紹介します!

いろんな意見を簡単にまとめてみました。

  • やはり穂先を交換できるのが高評価♪
  • オフショア万能ロッドとしての口コミが高い
  • カヤックフィッシングに使っている人も

といった感じです。

 

やはりティップスイッチシステムがとても便利、という意見が多いです♪

チューブラーとソリッドの穂先を交換できることでの高いフレキシビリティは注目でしょう。

また操作性などの全体的な口コミもいいものが目立ちます。

シマノのページを見ても、タイラバやメタルスッテ、ライトジギングなどを中心に、いろいろな釣りに対応しています。

下位のモデルと比べると価格は上がってきますが、これだけのスペックや万能性を考えるとリーズナブルといってもいいのではないでしょうか (^^♪

穂先のトラブルがあってもティップを交換することができるので、初心者からベテランまで使いやすいロッド、といった印象です。

 

22 クロスミッション XRのラインアップ

モデル 長さ ピース 仕舞 重さ ジグ おもり負荷 カーボン含有率
B66ML 1.98m 3 114cm 111g MAX80(鯛ラバMAX100) MAX30号 97.6%
B66M 1.98m 3 117cm 114g MAX120(鯛ラバMAX150) MAX40号 97.7%
B66MH 1.98m 3 122cm 119g MAX160(鯛ラバMAX200) MAX50号 97.3%
S66ML 1.98m 3 120cm 101g MAX80(鯛ラバMAX80) MAX30号 97.7%
S66M 1.98m 3 123cm 104g MAX120(鯛ラバMAX120) MAX40号 97.9%

※公式ホームページなどで筆者が調べた執筆時点の情報になります、最新の情報や詳細はメーカーのホームページなどをご覧ください

 

✅各種モデル

 

22 クロスミッション XRのインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノ 22 クロスミッション XRを紹介しました。

ティップスイッチシステムやスパイラルXコアなど、魅力的なスペックのオフショア万能ロッド。

こんなモデルを待っていた人も多いのではないでしょうか♪

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-オフショア