ルアーやアイテム

ダイワ プロバイザーHDのインプレ評価【徹底比較】迷ったらこれ!

エギング

 

びぎなん
ダイワ プロバイザーHDってどんなクーラー?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ プロバイザーHDの主な特徴

 

ダイワ プロバイザーHDはダイワから発売されている、リーズナブルな価格のクーラーシリーズ。

16~27Lの使いやすいサイズが揃っています。

断熱材もスチロールモデルから真空パネルモデルまで、予算や用途に合わせて選べるのもうれしいところ♪

スチロールモデルでもさすがダイワ品質、しっかりとした保冷能力がありますよ。

また釣り具メーカーだけに、釣りに使いやすい機能が満載!

買って後悔しないような、高品質なクーラーシリーズになっています (^^)/

 

早速プロバイザーHDの特徴などを紹介すると、

便利機能が豊富!

プロバイザー

出典:ダイワ

 

使い勝手のいい機能が満載です♪

  • フタが両開きタイプ
  • リフトアップオープンシステム:フタを簡単に開け閉め
  • 魚の投入口付き[2100、1600]
  • ふんばるマン:滑り止め
  • 水栓

などなど釣りに必要なものはほぼ搭載しているかと (^^)/

 

頑丈なボディ

 

マッスルボディ仕様で、椅子の代わりにして座っても大丈夫!

これ結構重要ですよ♪

 

ダイワ プロバイザーHDと他のクーラーを比較してみた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

にゃひぃ(@niyahii)がシェアした投稿

 

シマノやダイワのほかのクーラーと比較してみましょう♪

ダイワ RX、プロバイザーHD EXと比較してみる

 

ダイワ RX SU 1800X プロバイザーHD ZSS 2100X プロバイザーHD ZSS 2100X EX
内寸:19.0×35.0×26.5cm 内寸:23.5×36×24cm 内寸:23.5×36×24cm
外寸:30.5×46.5×35.5cm 外寸:32×50×33cm 外寸:32×50×33cm
底1面真空パネル・ウレタン 6面真空パネル・ウレタン 極厚6面真空パネル・ウレタン
KEEP 75 KEEP 80 KEEP 96
重さ:4.8kg 重さ:5.3kg
重さ:5.4㎏
水抜き栓・大型投入口・ふんばるマンなど マッスルボディ・リフトアップオープンシステム・ふんばるマン・水抜き栓など マッスルボディ・リフトアップオープンシステム・ふんばるマン・水抜き栓など
定価:23,100円 定価:53,000円 定価:59,800円

※KEEP:40度の気温で、容量の25%の氷が溶けきる時間

 

ネット上での価格をみると、

  • ダイワ RX SU 1800X:16000円前後
  • プロバイザーHD ZSS 2100X:35000円前後
  • プロバイザーHD ZSS 2100X EX:40000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワの上位下位モデルと比べてみました。

高級モデルになるほど重たくなりますね。

RXシリーズと比べてみると、実売価格は倍以上の差があります。

プロバイザーHD SU 2100X[底1面真空パネル・ウレタン]でも25000円前後します。

両モデルの一番大きな差はマッスルボディ。

RXシリーズはマッスルボディじゃないので、座ることができないですね (^^;

でも真空パネルやウレタンといった断熱材が同じなら、保冷能力もほぼ同じなんです。

逆にイスとして使わないという人なら、RXシリーズは非常にコスパに優れていますよ♪

>> クーラーボックス RX GU/SU 

 

プロバイザーHD EXと比較すると、実売価格の差はモデルにもよりますが5000円ほど。

プロバイザーHD EXは極厚6面真空パネルを採用した、非常に高性能なモデル。

プロバイザーHD ZSS 2100Xと比べても重さが100gしか変わらないので、保冷力重視の方にはピッタリ。

 

まとめるとプロバイザーHDシリーズは椅子として使えて、さらに断熱材も様々なタイプから選べるのがうれしいモデルになっています。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • 椅子として使わなければRXシリーズがコスパが高い
  • プロバイザーHDシリーズは椅子として使えて、予算に合わせて選べる♪

といったところ。

 

シマノ フィクセル プレミアムと比べてみると

 

プロバイザーHD ZSS 2100X フィクセル プレミアム 22L
外寸:32×50×33cm 外寸:530×300×332mm
内寸:23.5×36×24cm 内寸:391×211×250mm
重さ:5.3㎏ 重さ:5㎏
ウレタン・6面真空パネル 発泡ウレタン・6面真空パネル
KEEP 80 保冷65時間
マッスルボディ・リフトアップオープンシステム・ふんばるマン・水栓など ラックトップレバー・堅牢ボディ・ワンアクション水栓など
定価:53,000円 定価:47,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • フィクセル プレミアム 22L:36000円前後
  • プロバイザーHD ZSS 2100X:36000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの高級モデル、フィクセル プレミアムと比べてみました。

断熱材などほぼ同じような性能になっていますね♪

あえて言うならフィクセル プレミアムが少し容量が大きいにもかかわらず、300g軽量!

少しでも軽いほうがいいといった人には、フィクセル プレミアムはおすすめです。

 

参考シマノ フィクセル プレミアムのインプレ評価【徹底比較!】完璧保冷

  びぎなんシマノフィクセル プレミアムってどんなクーラー? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノフィクセル プレミアムはどんなクーラー ...

続きを見る

 

ダイワ プロバイザーHDのラインナップ

プロバイザーHD

出典:ダイワ

 

ダイワのクーラーは断熱材のグレードによっていくつかのレベルに分かれています

  • ZSS/VSS:6面真空パネル&発泡ウレタン
  • SU:1面真空パネル&発泡ウレタン
  • GU:発泡ウレタン
  • S:スチロール

※上のモデルほど保冷力が高くなります

 

各モデルのサイズや重さ

モデル 重さ 内寸 外寸 希望価格[円]
ZSS 2700 6.3kg
25×43×25cm
35×57.5×34cm
53,500
SU 2700 5.5kg 31,500
GU 2700 5kg 22,000
S 2700 4.5kg 18,000
ZSS 2100X 5.3kg
23.5×36×24cm
32×50×33cm
53,000
SU 2100X 4.4kg 31,500
GU 2100X 4kg 22,000
S 2100X 3.7kg 18,000
ZSS 1600X 4.6kg
21.5×33×22cm
30×47×30cm
51,500
SU 1600X 3.8kg 30,000
GU 1600X 3.5kg 21,000
S 1600X 3.2kg 17,000

※公式ページ参照

 

各モデルの保冷力

モデル 真空パネル ウレタン スチロール 保冷力
ZSS 2700 6面 KEEP 100
SU 2700 底1面 KEEP 80
GU 2700 KEEP 75
S 2700 KEEP 65
ZSS 2100X 6面 KEEP 80
SU 2100X 底1面 KEEP 70
GU 2100X KEEP 60
S 2100X KEEP 50
ZSS 1600X 6面 KEEP 60
SU 1600X 底1面 KEEP 45
GU 1600X KEEP 40
S 1600X KEEP 35

※公式ページ参照

 

全4種類のランクに分かれています。

プロバイザーHD ZSS

 

6面真空パネルと発泡ウレタンで保冷力が強力なモデル。

 

 

プロバイザーHD SU

 

1面真空パネルと発泡ウレタンで保冷力も高いモデル。

 

 

 

プロバイザーHD GU

 

発泡ウレタンで軽量さと保冷のバランスのいいモデル。

 

 

 

プロバイザーHD S

 

スチロール採用で軽量さに重点を置いたモデル。

 

 

ダイワ プロバイザーHDのインプレ、評価

 

ではダイワ プロバイザーHDのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

淡路みやっち(@fubar.miyatti)がシェアした投稿

 

SNSなどのいろんな意見を簡単にまとめると、

  • 保冷力は抜群
  • 格安クーラーとは別次元
  • 最初からこれを買っておけばよかった
  • 頑丈
  • 長く使える

といった感じです。

 

ネガティブなものは、

  • 重たい

といったものがありますね。

 

保冷や機能に関しては、さすがダイワだけにかなり評価が高いです♪

廉価なスチロールモデルでも、日帰りレベルなら十分な性能がありますからね。

クーラーに関しては、一番考慮したいのが重さ。

例えば、ZSS 2700に25%の氷[6.75㎏]を入れるだけで、10㎏超え (*´Д`)

そこに魚や飲み物を入れるので、かなりの重さになってしまいます。

担いでの移動などを考えている人は、保冷力は妥協して、スチロールモデルなどを選ぶことも重要ですよ。

 

皆さんご存じでしょうけど、大手釣り具メーカーのクーラーは昔から定評があります♪

耐久性が非常に高いことも特徴。

旧モデルを10年以上使っている、といった人も多いです。

確かな品質があるので、長い目で見れば非常にコスパが高い (^^)/

一度しっかりしたものを買えば、壊れるまで買い直す必要がないですから。

迷うのであれば、ダイワやシマノの一番安いタイプのクーラーでもいいので、一度使ってみることをおすすめします♪

 

アマゾンのカスタマーレビューも参考にどうぞ♪

 

ダイワ プロバイザーHDのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ プロバイザーHDを紹介しました。

かなりしっかりとした本格派のクーラーボックス。

高品質のクーラーがあれば、安心して釣りを楽しめますよ♪

 

プロバイザーHD各種モデル

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-ルアーやアイテム