ショアジギ ロッド

コルトスナイパーSSの評価インプレ!比較検証してみた

コルトスナイパーSS

びぎなん
ショアジギをやっているんだけど、コルトスナイパーSSってどうなんだろう?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

コルトスナイパーSSの主な特徴

 

コルトスナイパーSSは20000円前後で買えるコスパがかなりすごいショアジギロッド。

シマノのショアジギングロッドの人気シリーズ。

2021年に振り出しモデル[テレスコモデル]も追加されて、もっと魅力的なラインナップになりました。

下位のロッドに廉価版のコルトスナイパーBBがあってそれが15000円前後なので、5000円の差で結構グレードが高いロッドが買えるのでお得感満載ですよ。

使われているテクノロジーを紹介すると、

 

オールダブルフット、ステンレスフレームKガイド

ガイド

出典:シマノ

 

ガイドは安心のKガイドですからね、安心感があります。

オールダブルフットなので感度も抜群です。

 

ハイパワーX

New COLTSNIPER BB

出典:シマノ

 

ブランクスの強度を上げる技術ですが、コルトスナイパーBBでも同じものが使われています。

カーボンをクロス状に巻いていって、粘りや耐久性を上げる、最近のカーボンロッドでは標準的な技術です。

 

スパイラルX

スパイラルX

出典:シマノ

これがコルトスナイパーBBよりも良くなっている部分です。

軽量化と強度を両立でするような技術です。

このためコルトスナイパーBBよりも軽くなっていてシャープな印象のロッドに仕上がっていますよ。

 

トータルガイドホールドシステム (ガイド固定機能)

トータルガイドホールドシステム (ガイド固定機能)

出典:シマノ

 

コルトスナイパー SS [振出モデル]についている、ガイドが回転しないようになっているシステム。

テレスコの欠点だった、ガイドが動いてしまうことがないんですよね。

振出モデルが好きな人にはかなり便利な機能です。

 

全体的に20000円前後で買えるかなり手軽なモデルなんですが、実用する分には必要以上のクオリティがあるので、初心者の方にはもちろん、ベテランアングラーにもおすすめのロッドになっています。

コルトスナイパーSSを他のロッドと比較検証してみる

 

実際使ってみないとほかのロッドとの違いって分かりずらいんですが、ここで比較できるスペックの違いを見てみましょうか!

 

シマノのコルトスナイパーBBなどと比較してみた!

コルトスナイパーBB S100M コルトスナイパーSS S100M コルトスナイパー XR  S100M
プラグ(g):MAX 45 / ジグ(g):MAX 60 プラグ(g):MAX 45 / ジグ(g):MAX 60 プラグ(g):MAX56 / ジグ(g):MAX70
カーボン(%):99.9 99.8% カーボン(%):99.8
自重(g):266/ 先径(mm):2.2 自重(g): 240/先径(mm): 2.1 自重(g):282 / 先径(mm):2.1 
16000円くらい 22000~25000円くらい 30000円くらい

 

下位ロッドのコルトスナイパーBBに比べると、30gぐらい軽い!

30gってたいしたことなくない?と思うかもしれませんが1割以上軽くなっていることを考えると結構すごいです。

先径(mm)も0.1mm細いんですよね。

これはやっぱりスパイラルXのおかげですよね。

それもあってコルトスナイパーBBに比べると長時間投げ続けても疲れにくい印象があります。

 

コルトスナイパーbbの評価インプレは↓↓↓★

[nlink url="https://angler-info.net/coltsniperbb/"]

 

上位ロッドのコルトスナイパー XR と比べると、

同じS100Mですが、キャストできるルアーの重さが少し重いので何とも言えないですが、

コルトスナイパー XRのほうが、

  • ナノピッチ
  • CI4+リールシート(MLパワー)
  • スパイラルXコア
  • スクリューロックジョイント

など最新技術を使っているんですね。

10000円ほど高くなりますが、最新技術にこだわるなら、コルトスナイパー XR、あまりこだわらなければ、コルトスナイパーSSでいいんじゃないのかな、と個人的には思います。

 

いろんなポイントに行くベテランアングラーなどにとっても、メインのロッドはコルトスナイパー XRを使って、サブでコルトスナイパーSSというのは理想的かと。

BBと比べて少し値段は高くなりますが、初心者の方であまり安いものはちょっとといった方にも最適ですね。

 

ダイワのジギングロッドと比べてみると

 

ダイワ ジグキャスターMX 96M コルトスナイパーSS S96M
プラグ(g): MAX45/ ジグ(g): MAX60 プラグ(g):MAX 45 / ジグ(g):MAX 60
カーボン含有率:96% 99.8%
標準自重:205g 自重(g): 225/先径(mm): 2.1
25000円くらい 22000~25000円くらい

 

ダイワの同価格帯のロッドと比べてみると、20g前後重い。

ガイドも両方Kガイド。

カーボン含有率はコルトスナイパーSSのほうが高いです。

 

といった感じになっています。

ダイワ ジグキャスターMX 96Mと比べてみる限りでは、あまりスペック的な違いは分からないですね。

ロッドは特にダイワ派、シマノ派というように分かれますからね。

シマノのロッドが好きで、できるだけ価格を抑えつつ実用的なものが欲しい、といった方には最適なんじゃないでしょうか。

 

 

コルトスナイパーSSのラインナップ

 

では気になるコルトスナイパーSSのラインナップを見てみましょう!

11種類あって、

  • S96M
  • S100M
  • S106M
  • S96MH
  • S100MH
  • S106MH
  • S96H
  • S100H
  • S106H

振り出しモデルは2種類、

  • S100M-T
  • S100MH-T

M:ジグMAX60g、リール#4000〜6000、ライトショアジギング、サーフ、防波堤、磯青物〜6kg+α

MH:ジグMAX80g、リール#5000〜8000、スタンダード、地磯、沖磯、沖堤、青物〜8kg+α

H:ジグMAX100g、リール#5000〜14000、本格的ショアジギング、地磯、沖磯、沖堤、青物〜10kg+α

 

となっています。

この中から気になるものをピックアップしてみると、

 

S100M

  • 全長(m): 3.05/仕舞寸法(cm): 157.0
  • 継数(本): 2
  • 対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ ワラサ イナダ
  • 自重(g): 240
  • 先径(mm): 2.1
  • プラグ(g): MAX45/ ジグ(g): MAX60
  • PE(号): MAX2.5

ライトショアジギングにちょうどいい万能タイプのロッド。

初心者の方の最初の一本にも最適です。

シーバスロッドとの兼用も十分可能ですよ。

 

 

 S106M

  • 全長(m): 3.20/仕舞寸法(cm): 164.0
  • 継数(本): 2
  • 対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ ワラサ イナダ
  • 自重(g): 245
  • 先径(mm): 2.1
  • プラグ(g): MAX45/ ジグ(g): MAX60
  • PE(号): MAX2.5

ライトショアジギングの遠投性を重視したロングモデル。

サーフや堤防など遠投が必要なポイントに行く方はこちらが最適。

そもそもポイントまで届かないと釣れないですからね。

 

 

S100H

  • 全長(m): 3.05/仕舞寸法(cm): 157.0
  • 継数(本): 2
  • 主な対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ ワラサ イナダ
  • 自重(g): 280
  • 先径(mm): 2.3
  • プラグ(g): MAX85/ ジグ(g): MAX100
  •  PE(号): MAX4

ショアジギングもできる万能タイプのロッド。

ライトショアジギングと兼用で使いたい、という方には最適です。


 

ここからは振り出しモデルを見てみましょう!

 

S100M-T

  • 全長(m):3.05 / 継数(本):3 / 仕舞寸法(cm):117.6
  • 自重(g):255 / 先径(mm):2.1
  • プラグ(g):MAX 45 / ジグ(g):MAX 60
  •  PE(号):MAX 2.5
  • カーボン(%):99.3 / リールシート位置(mm):450 ※アップロック

バイク釣行などはもちろん、車で行く人にとっても携帯が楽なので便利な振り出しモデル。

釣り場での移動も楽なので、サブで持っておくのもいいですよね。

ライトショアジギングにピッタリのモデル。

22000円前後なのもうれしい。

トータルガイドホールドシステム (ガイド固定機能)がついているので振りだしモデルの弱点のガイドが回ってしまうことがない!

振り出し好きにはおすすめの一本


S100MH-T

  • 全長(m):3.05 / 継数(本):3 / 仕舞寸法(cm):117.6
  • 自重(g):288 / 先径(mm):2.2
  • プラグ(g):MAX 65 / ジグ(g):MAX 80
  •  PE(号):MAX 3
  • カーボン(%):99.5 / リールシート位置(mm):468 ※アップロック

こちらはライトショアジギングとショアジギング兼用できる一本。

幅広く使いたい人にはお勧めです。


 

コルトスナイパーSSの評価やインプレ

 

ではコルトスナイパーSSの評価やインプレを見てみましょう!

 

あまりネガティブな評価ってないんですよね。価格も良心的ですからね。

人気があることがよくわかります。

 

コルトスナイパーSSの評価やインプレまとめ

 

今回はコルトスナイパーSSを紹介しました♪

人気のシリーズだけに高評価なロッドということがお分かりいただけましたでしょうか。

初心者から中級者の方には絶対おすすめできるロッドです。

 

➤➤ コルトスナイパー SS をアマゾンで見てみる

-ショアジギ, ロッド