バス

ダイワ スティーズ レーシングデザインのインプレ【感度ヤバすぎ!】

ブラックバスのポイント

 

びぎなん
ダイワ スティーズ レーシングデザインってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインの主な特徴

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインはハイエンドのバスロッド。

実際の価格はモデルによって9万超え ( ;∀;)

名前の通り競技をするようなシビアな条件で、いかんなく能力を発揮するようなロッド。

全員が使う機会があるようなシリーズではないかもしれないですが、バスファンなら当然気になりますよね♪

このロッドの目玉はSVF COMPILE-XナノプラスとAGSからくる高感度でしょう。

SVF COMPILE-Xナノプラスはレーシングデザインだけに使われているカーボンの技術。

またAGSは無印のスティーズには限られたモデルにしか搭載していないですからね♪

 

この辺りの高級ロッドなら当然性能は抜群です。

それに加えてミドルクラスのロッドよりも長く使える耐久性もある!

中途半端なロッドを買い替えるよりも、長い目で見るとコスパが高かったりしますよ。

 

早速ダイワ スティーズ レーシングデザインの特徴などを紹介すると、

AGS『エアガイドシステム』

AGS

出典:ダイワ

 

感度やキャスティング性能がずば抜けているAGSをすべてのモデルに搭載。

この価格なら当然でしょう♪

 

SVF COMPILE-Xナノプラス

SVF COMPILE-X

出典:ダイワ

 

SVF COMPILE-Xナノプラスはハイエンドロッドに使われるカーボン素材。

強度や感度、軽量さが大幅にアップ!

この素材は唯一スティーズ レーシングデザインに使われているもの。

 

そのほかにも、

  • 高感度なティップのSMT『スーパーメタルトップ』[651L+XS-SMT]
  • ハイエンドなロッド設計の感性領域設計システム『ESS』

今ある技術は全て取り込んでいると言っていいでしょう♪

 

下位のロッドでも使われているものもありますが、全てを採用しているロッドはスティーズ レーシングデザインだけ。

無印スティーズやハートランドといった評判のいいモデルの良い所を全て合わせて、さらにグレードアップしたようなロッドになっています。

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインと他のロッドを比較してみた!

ブラックバスのポイント

 

シマノやダイワのほかのバスロッドと比較してみましょう。

ダイワ 無印スティーズ、ハートランドAGSと比較してみる

 

ハートランド 702HRB-AGS14 スティーズ C66M
MACHINEGUNCAST TYPE-I

スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST
2.13m 2ピース・仕舞:111cm 1.98m 1ピース・仕舞:170cm 1.98m 1ピース・仕舞:198cm
ルアー:11-28g ルアー:5~21g ルアー:5~21g
カーボン:99% カーボン:100% カーボン:100%
重さ:140g 重さ:99g 重さ:92g
AGS AGS[一部モデル] AGS
SVF COMPILE X・V-ジョイント・3DX・V-JOINT α・ESS・CWS・チューブラーパワースリム SVF COMPILE X・SVFナノプラス・X45フルシールド・3DX・CWS・SMT ESS・SMT・SVF COMPILE-Xナノプラス・X45・3DX・エアセンサーシート
定価:66,000円 定価:55,500円 定価:95,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ハートランド 702HRB-AGS14:59000円前後
  • スティーズ C66M:51000円前後
  • スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST:84000円前後

[価格は変動します]

ダイワの高級モデル3つを比べてみました。

ハートランドと比べると、価格差は1.5~2万円ほど。

スペックの大きな違いは重さ。

ハートランドは結構重ため (*_*;

ハートランドはどちらかというとレギュラーテーパーの巻物に適したシリーズ。

スティーズは高感度を生かして、ワームや細かいアタリにかけ合わせていくようなロッド。

巻き物系が中心でAGSを搭載したものが欲しければ、ハートランドAGSのほうがコスパが高い。

レギュラーテーパーなのでシーバスなどにも流用しやすいです。

 

参考ダイワ ハートランド AGSのインプレ評価【比較検証】ヤバい性能!

  びぎなんダイワ ハートランド AGSってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ハートランド AGSはどんなロッド? ダ ...

続きを見る

 

無印スティーズと比べると、価格は3万~。

スティーズ レーシングデザインはESS・SVF COMPILE-Xナノプラス・エアセンサーシート・全てのモデルにAGSと、ほぼすべてにおいて無印を上回っています。

でも無印スティーズの良い所はコスパ♪

できるだけ余計なものをはぎ取って、価格を抑えながらもハイエンドのエッセンスは保っているようなロッド。

レーシングデザインに手が届かない、といった人にはピッタリかと♪

 

参考ダイワ 21スティーズ!バスロッドのインプレ【性能ヤバすぎ?】

  びぎなんダイワ 21スティーズってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ 21スティーズはどんなロッド? ダイワ 21ス ...

続きを見る

 

当たり前なんですが、レーシングデザインが性能も価格もずば抜けている (^^;

予算が十分にあるよ、といった人はハートランドAGSとスティーズ レーシングデザインの中から自分にピッタリのモデルをチョイスするのがベスト!

 

比較しての個人的な結論としては、

  • レーシングデザインが当然性能はベスト
  • ハートランドAGSも巻き物系は強い

といったところ。

 

シマノ ポイズンアルティマ と比べてみると

 

ポイズンアルティマ 166M スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST
1.98m 1ピース・仕舞:170cm 1.98m 1ピース・仕舞:198cm
ルアー:7~21g ルアー:5~21g
カーボン:99.8% カーボン:100%
重さ:97g 重さ:92g
Xガイド[一部モデル] AGS
スパイラルXコア・フルカーボンモノコックグリップ・アルティメットブランクスデザイン・パーフェクションシートなど ESS・SMT・SVF COMPILE-Xナノプラス・X45・3DX・エアセンサーシート
定価:77,000円 定価:95,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ポイズンアルティマ 166M:72000円前後
  • スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST:84000円前後

[価格は変動します]

シマノのハイエンドのバスロッドと比べてみました。

正直スペック的には両者互角といったところでしょうか♪

その中でもポイズンアルティマは、AGSのシマノバージョンのXガイドが一部のモデルにのみ採用。

逆に言うとXガイドが付いたモデルであれば、スティーズ レーシングデザインよりコスパは高い!

 

どちらもダイワとシマノが最高の技術を使って製作しているので甲乙つけがたい。

結局は自分のスタイルにあうロッドをいかに選択するか、の問題でしょう。

>> シマノ ポイズンアルティマ 

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインのラインナップ

ブラックバス

 

★ベイトモデル

モデル 長さ 重さ ルアー カーボン 価格[円]
(g) (oz)
RD 631MLFB 1.91m 1 88g 3.5-14g 1/8-1/2 99% 91,000
RD 641ML+XB-SMT 1.93m 1 95g 3.5-18g 1/8-5/8 99% 98,000
RD661MXB-ST 1.98m 1 92g 5-21g 3/16-3/4 99% 95,500
RD 681M/MLFB 2.03m 1 96g 3.5-18g 1/8-5/8 99% 92,000
RD 6101ML+FB 2.08m 1 89g 3.5-18g 1/8~5/8 99% 94,500
RD701MH/HXB-ST 2.13m 2※ 103g 7-42g 1/4-1・1/2 99% 97,000
RD 701MH/HFB 2.13m 2※ 102g 7-42g 1/4~1・1/2 99% 95,500
RD 7011HRB 2.16m 2※ 114g 11-42g 3/8-1・1/2 99% 94,000

 

★スピニングモデル

モデル 長さ 重さ ルアー カーボン 価格[円]
(g) (oz.)
RD 671ML +FS 2.01m 1 80g 2.7~14g 3/32~1/2 99% 94,000
RD 651L+XS-SMT 1.96m 1 79g 1.4~7g 1/20~1/4 99% 98,000

 

主なモデルを紹介すると、

スティーズ レーシングデザイン RD661MXB-ST

5-21gのルアーが扱えるソリッドティップのベイトロッド。

 

 

スティーズ レーシングデザイン RD 681M/MLFB

3.5-18gのルアーに対応するベイトモデル。

M/MLの意味は、ティップはミディアム、バットはミディアムライトパワー。

 

 

スティーズ レーシングデザイン RD 701MH/HFB

7-42gの重ためのルアーが扱えるベイトモデル。

 

 

 

スティーズ レーシングデザイン RD 651L+XS-SMT [スピニング]

1.4~7gのルアーに対応するスピニングモデル。

SMT[スーパーメタルトップ]で感度はものすごいらしいです♪

 

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインのインプレ、評価

 

ではスティーズシリーズのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

ハイエンドモデルなので性能は言うことないでしょう!

いろんな評価や意見などからの印象をまとめると、

感度がものすごくいい、ということはまず間違いないです♪

下位のロッドと比べたら、全く違うレベルと言ってもいいでしょう。

またモデルにもよりますが、バーサタイルに使えるものが多い。

折れやすいといった意見もありますが、ロッドの扱いに慣れていれば特に心配いらないかと。

といった感じです。

 

私も少し触ってみる機会がありましたが、かなり軽い!

高級な機種らしいシャープさや上質な質感にドキッとしました (^^;

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ スティーズ レーシングデザインのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ スティーズ レーシングデザインを紹介しました。

最高級らしい、値段も性能もハイスペック 笑。

使用感も別次元なのも間違いないでしょう!

 

★今回紹介したスティーズ レーシングデザインシリーズ★

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-バス