バス

ダイワ 21スティーズ!バスロッドのインプレ【性能ヤバすぎ?】

ブラックバス

 

びぎなん
ダイワ 21スティーズってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]の主な特徴

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]は21年にリニューアルした高級クラスのバスロッド。

最先端技術をこれでもかと使用した、モンスタークラスの性能になっています♪

価格は60000円ほど。

性能に比べると、やや大人しめなプライスじゃないかと (*^^)v

 

これより上のモデルはハイエンドのスティーズ レーシングデザインになって、10万円近い価格。

21スティーズはハイエンドに肉薄するような性能を持っているので、コスパも高いとも言えますよ。

 

早速ダイワ 21スティーズの特徴などを紹介すると、

AGS

AGS

出典:ダイワ

 

ダイワのハイエンドガイドのAGS[エアガイドシステム]を採用。

従来のガイドとはかけ離れた感度や飛距離を実現しています♪

 

SMT『スーパーメタルトップ』

SMT(スーパーメタルトップ)

出典:ダイワ

 

スピニングモデルのS65L+ -SV・SMT SKYBOLT にはSMTが使われています。

SMTはチタン合金のティップのこと。

かなりの高感度ですから、AGSとの相乗効果ですごいことになりますよ♪

 

SVF COMPILE X、SVFナノプラス

 

ロッド本体に使われるカーボン素材のこと。

高級モデルにのみ採用されているものがSVF COMPILE X。

 

ほかにも、

  • X45フルシールド
  • 3DX
  • CWS[カーボンラッピングシステム]
  • MEGATOP

など、このクラスにふさわしい豪華な内容になっています♪

 

気になるのはVジョイントといった継の部分の技術や、エアセンサーシートなどは見当たらないですね ( ;∀;)

ハートランドAGSなら Vジョイントα などが使われていますから。

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]と他のロッドを比較してみた!

ブラックバスポイント

 

シマノやダイワのほかのバスロッドと比較してみましょう。

ダイワ スティーズ レーシングデザインと比較してみる

 

ハートランド 702HRB-AGS14 スティーズ C66M
MACHINEGUNCAST TYPE-I

スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST
2.13m 2ピース・仕舞:111cm 1.98m 1ピース・仕舞:170cm 1.98m 1ピース・仕舞:198cm
ルアー:11-28g ルアー:5~21g ルアー:5~21g
カーボン:99% カーボン:100% カーボン:100%
重さ:140g 重さ:99g 重さ:92g
AGS AGS[一部モデルのみ] AGS
SVF COMPILE X・V-ジョイント・3DX・V-JOINT α・ESS・CWS・チューブラーパワースリム SVF COMPILE X・SVFナノプラス・X45フルシールド・3DX・CWS・SMT ESS・SMT・SVF COMPILE-Xナノプラス・X45・3DX・エアセンサーシート
定価:66,000円 定価:55,500円 定価:95,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ハートランド 702HRB-AGS14:59000円前後
  • スティーズ C66M:51000円前後
  • スティーズ レーシングデザインRD661MXB-ST:84000円前後

[価格は変動します]

ダイワの高級ロッド3つを比較してみました。

ハートランドAGSと比べると、モデルにもよりますが価格は若干低め。

スティーズはモデルによってAGSがついていないないものがあります。

ハートランドとスティーズはロッドのテーパーなどがかなり違うので一概には言えないですが、ハートランドAGSのほうがコスパは高い!

ガイドはかなり重要な部分になってくるので、このクラスの価格であれば私ならAGSを使いたい (^^;

スティーズのAGSを搭載したモデルが、その人にピッタリなら問題ないんですが。

それに感性領域設計システム『ESS』もハートランドは搭載しています♪

 

でもどちらも優秀なロッドであることは間違いないので、ハートランドAGSとスティーズの中で自分に最適なモデルを選ぶのが正解なのかな、といった印象です。

 

参考ダイワ ハートランド AGSのインプレ評価【比較検証】ヤバい性能!

  びぎなんダイワ ハートランド AGSってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ハートランド AGSはどんなロッド? ダ ...

続きを見る

 

スティーズ レーシングデザインと比べてみると、価格差はモデルにもよりますが2~3万円ほど。

レーシングデザインにはESSやエアセンサーシート、全てのモデルにAGS搭載とハイエンドにふさわしい (^^)/

当然予算があればレーシングデザインを買ってください!!

無印スティーズは、できるだけコストを抑えてハイエンドに近いものに仕上げた、という印象ですね。

コスパを考えるとスティーズはとても優秀なシリーズとも言えます。

さすがにレーシングデザインはモデルによって9万円超えてきますから、そうそう買えないです ((+_+))

 

>> スティーズ レーシングデザイン 

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ハートランドAGSとスティーズの中でお気に入りのモデルを選ぶといい
  • 予算があればスティーズ レーシングデザインがもちろん一番

といったところ。

 

シマノ コンクエストと比べてみると

ラパラでバス

 

スティーズ C66M
MACHINEGUNCAST TYPE-I

コンクエスト 782C MBR
1.98m 1ピース・仕舞:170cm 1.98m 1ピース・仕舞:198.1cm
ルアー:5~21g ルアー:7~18g
カーボン:100% カーボン:99.9%
重さ:99g 重さ:100g
AGS[一部モデルのみ] チタンフレーム/トルザイト+SiCガイド
SVF COMPILE X・SVFナノプラス・X45フルシールド・3DX・CWS・SMT スパイラルX・ハイパワーX・G.Loomisオリジナルリールシート
定価:55,500円 定価:65,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • スティーズ C66M:51000円前後
  • コンクエスト 782C MBR:60000円前後

[価格は変動します]

シマノの同じような価格帯のロッドと比べてみました。

両者ほぼ同じようなスペックになっています。

その中でも少し価格は上がりますが、AGSやSMTのついたモデルを選ぶのであればスティーズのほうが性能は高い!

とはいってもこの辺りのロッドを購入しようとする人ならかなりの上級者になってくるので、性能ももちろん大事ですが、そのモデルの特性のほうが重要かと♪

このクラスで悪いロッドってないですから。

自分の使い方に合うものを選択することが一番大事ですね (^^)/

 

>> シマノ コンクエスト 

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]のラインナップ

ブラックバス

 

★ベイトモデル

モデル 長さ 重さ ルアー テーパー カーボン 価格[円]
(g) (oz.)
C64L-SV・ST
HERMIT
1.93m 2※ 90g 1.8~11g 1/16~3/8 XF 99% 66,000
SC C66ML-G
LIGHTNING 66
1.98m 2※ 111g 3.5~21g 1/8~3/4 F 64% 55,500
C66M
MACHINEGUNCAST TYPE-I
1.98m 2※ 99g 5~21g 3/16~3/4 RF 100% 55,500
C66MH
MACHINEGUNCAST TYPE-II
1.98m 2※ 110g 7~28g 1/4~1 RF 100% 56,500
C67MH-SV・ST
HURRICANE
2.01m 2※ 96g 7~28g 1/4~1 XF 99% 69,000
C67MH-FR
FROGGER
2.01m 2※ 109g 7~28g 1/4~1 XF 100% 57,500
C68M+ -SV・AGS
BLACK JACK
2.03m 2※ 98g 6~25g 7/32~7/8 F→S 100% 75,000
C610MH+
MACHINEGUNCAST TYPE-III
2.08m 2※ 108g 9~35g 5/16~1・1/4 RF 100% 61,500
C610H-SV
HARRIER 610
2.08m 2※ 113g 11~56g 3/8~2 F→S 100% 69,000
C70H-SV・ST
FURY
2.13m 2※ 107g 11~42g 3/8~1・1/2 XF 99% 71,500
C72H-SV・AGS
STRIKE FORCE
2.18m 2※ 110g 11~42g 3/8~1・1/2 XF 100% 79,500
C74MH+
TOPGUN
2.24m 2※ 123g 9~35g 5/16~1・1/4 RF 100% 64,500

※グリップジョイント

 

★スピニングモデル

モデル 長さ 重さ ルアー テーパー カーボン 価格
(g) (oz.)
SC S64L-SV・ST
FIRE FLASH
1.93m 2※ 95g 0.9~7g 1/32~1/4 F 99% 68,000
S65L+ -SV・SMT
SKYBOLT
1.96m 2※ 87g 1.4~9g 1/20~5/16 XF 99% 73,000
S66L
SKYFLASH 66
1.98m 2※ 91g 0.9~7g 1/32~1/4 XF 100% 56,500

 

代表的なモデルは、

21スティーズ SC C66ML-G

3.5~21gのルアーに対応するベイトモデル。

このあたりのモデルを選んでおけば、とりあえずなんでもいけるんじゃないかと♪

 

 

21スティーズ C610H-SV

11~56gのルアーに対応するパワフルなベイトモデル。

バスだけじゃなくて、メーター級の超大物でも問題ないですね♪

 

 

21スティーズ C67MH-SV・ST HURRICANE

7~28 gのルアーに対応するソリッドティップのベイトモデル。

 

 

21スティーズ C72H-SV・AGS STRIKE FORCE

注目のAGS搭載のベイトモデル。

 

 

★そのほかのベイトモデルはこちら👇 

 

21スティーズ S65L+ -SV・SMT SKYBOLT[スピニングモデル]

SMTを搭載したスピニングモデル。

 

 

★そのほかのスピニングモデルはこちら👇 

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]のインプレ、評価

 

ではスティーズのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

この辺りの高級ロッドは評価も分かれるところかと。

さまざまな口コミなどを参考にする限り、使いこなすことができればかなりのパフォーマンスを発揮するけれど、スタイルに合わなければ使いにくいモデルもありますね。

メインの一本として使うなら汎用性の高い、

  • C66MH MACHINEGUNCAST TYPE-II
  • C68M+ -SV・AGS BLACK JACK

あたりのモデルがいいのかと。

逆にスピニングの、

  • S65L+ -SV・SMT SKYBOLT

といったSMTモデルなどは、かなり上級者向けと言ってもいいのかと。

全体として感度や飛距離、操作性などは当然ハイスペック、上級者でも納得の性能になっています♪

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ 21スティーズ[ロッド]のインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ 21スティーズ[ロッド]を紹介しました。

高級クラスの使用感をリーズナブルに味わえるロッドシリーズ。

フィッシングライフを楽しくしてくれること間違いないでしょう♪

 

>> ダイワ DAIWA 21 スティーズ 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-バス