バス

ダイワ ハートランドのインプレ評価【上質なクオリティにハマる!】

ブラックバスポイント

 

びぎなん
ダイワ ハートランドってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ハートランドの主な特徴

 

ダイワ ハートランドは実売価格が4万円~の、高級クラスのロッドと言っていいハイクラスロッド。

現在は2018年以降のモデルがラインナップされています。

AGSを搭載したモデルなど、まだまだ上には上がありますが、ハイエンドクラスの技術をつぎ込んだ実力的にはものすごいモデル。

ミドルクラスにロッドでは絶対に味わえない使用感が得られることは間違いないでしょう!

バスロッドのハイエンドとなると10万円近くなってしまうので、普通の質素な生活をしている自分のようなアングラーにはさすがにちょっと手が届かない[笑]。

でもハートランドなら、限りなくハイエンドモデルに近いものが4万円ほどで手に入っちゃう (^^)/

お小遣いの限られたアングラーにも夢を見させてくれるようなロッドになっています。

 

高級ロッドは、性能はもちろんながら所有する満足感や、釣りをするときのドキドキ感といったお値段以上のものもありますから♪

またこの辺りのモデルになってくると、大事に使えばかなり長く使えるので意外とコスパも高い。

一度使えばはまってしまうことは間違いないですよ♪

 

ダイワ ハートランドの特徴などを紹介すると、

感性領域設計システム『ESS』

ESSエキスパートセンスシミュレーション

出典:ダイワ

 

感性領域設計システムは、簡単に言うとロッドのしなりや反発を最適化する技術。

バス以外のジャンルではハイエンドのロッドにしか採用されていないです。

 

TUBULAR POWER SLIM、MAGNUM TAPER

TUBULAR POWER SLIMチューブラーパワースリム

出典:ダイワ

 

チューブラーパワースリムやマグナムテーパーといったブランクの粘りや強靭性能を高める技術が使われています。

ESSとこの2つが下位のロッドには採用されていない部分になります♪

 

ほかにも、

  • HVFナノプラス
  • X45
  • 3DX
  • V-ジョイント
  • X45フルシールド[X45コブラシールド]

などが使われています。

 

ダイワ ハートランドと他のロッドを比較してみた!

ダイワハートランド

出典:ダイワ

 

シマノやダイワのほかのバスロッドと比較してみましょう。

ダイワ ブラックレーベル SG、スティーズと比較してみる

ダイワのバスロッドと比べてみると、

ブラックレーベル SG 661MXB-ST ハートランド 6101MRB-18 スティーズ C66M
MACHINEGUNCAST TYPE-I

1.98m 1ピース・仕舞:172cm 2.08m 1ピース・仕舞:208cm 1.98m 1ピース・仕舞:170cm
ルアー:5~21g ルアー:5-18g ルアー:5~21g
カーボン:99% カーボン:100% カーボン:100%
重さ:101g 重さ:122g 重さ:99g
記載なし オールチタンフレームSiCガイド AGS
X45コブラシールド・HVF NANOPLUS・3DX・エアセンサーシート X45コブラシールド・V-ジョイント・3DX・HVFナノプラス・ESS・マグナムテーパー・チューブラーパワースリム SVF COMPILE X・SVFナノプラス・X45フルシールド・3DX・CWS
定価:37,000円 定価:45,000円 定価:55,500円

 

ネット上での価格をみると、

  • ブラックレーベル SG 661MXB-ST:32000円前後
  • ハートランド 6101MRB-18:46000円前後
  • スティーズ C66M:51000円前後

[価格は変動します]

ダイワの上位下位のバスロッドと比べてみました。

ブラックレーベル SGと比べると、実際の価格差は1.4倍ほど。

ブラックレーベルはステンレスSICガイドらしいので、ほぼ全ての面でハートランドが上回っています。

ハートランドは2m以上ある長めのモデルしかないので、ショートモデルなどが良ければブラックレーベル SGといった選択になりますね。

個人的には、ブラックレーベルとハートランドの性能の差が大きいので、メインのロッドであればハートランドを選ぶ方がコスパも高い♪

 

参考ダイワ 19ブラックレーベル SGのインプレ【意外に万能!】徹底比較

  びぎなんダイワ ブラックレーベル SGってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ブラックレーベル SGはどんなロッド? ...

続きを見る

 

スティーズと比べてみると、モデルにもよるんですが価格差があまりない♪

しかしスティーズはAGSがついていますから!!

AGSの感度は異次元クラス、一度使うとやめられないくらいの実力があります。

これくらいの価格の差しかないのであれば、自分なら間違いなくスティーズ (^^)/

上級者ならAGSモデルを選んだほうが後悔はしないでしょう。

>> ダイワ スティーズ 

 

比較しての個人的な結論としては、

  • ブラックレーベルと比べると、ハートランドが性能が抜群に高い
  • AGSのついたスティーズにはかなわない

といったところ。

 

シマノ バンタムと比べてみると

 

ハートランド 6101MRB-18 バンタム 168M
2.08m 1ピース・仕舞:208cm 2.03m 1ピース・仕舞:203cm
ルアー:5-18g ルアー:7~21g
カーボン:100% カーボン:99.5%
重さ:122g 重さ:127g
オールチタンフレームSiCガイド チタンフレーム/SiCガイド
X45コブラシールド・V-ジョイント・3DX・HVFナノプラス・ESS・マグナムテーパー・チューブラーパワースリム スパイラルX・ハイパワーX・CI4+・シマノインフィニティカーボンテープ・パーフェクションシート
定価:45,000円 定価:44,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • ハートランド 6101MRB-18:46000円前後
  • バンタム 168M:44000円前後

[価格は変動します]

シマノの同じクラスのバスロッドと比較してみました。

ほぼ似たようなスペックと言っていいですね。

どちらを使ってもこのクラスにふさわしい性能であることは間違いないです♪

欲を言えば、シマノのXガイドモデルを使ってみたいな、といった感じかと。

 

>> シマノ バンタム 

 

ダイワ ハートランドのラインナップ

ブラックバス

 

★ベイトモデル

モデル 長さ 重さ ルアー重量 カーボン 価格[円]
(g) (oz)
6101MRB-18 2.08m 1 122g 5-18g 3/16-5/8 100% 45,000
722ML+FB-ST20 2.18m 2 112g 3.5-14g 1/8-1/2 99% 49,500
722MRB-20 2.18m 2 116g 5-18g 3/16-5/8 100% 49,000
722MHRB-19 2.18m 2 154g 7-21g 1/4-3/4 100% 47,000
721HRB-18 2.18m 2※ 145g 11-28g 3/8-1 100% 47,000
742HRB-SV12
【疾風 BIWAKO SPEC.】
2.24m 2 155g 11-28g 3/8-1 99% 68,000
752HRB-21 2.26m 2 157g 11-28g 3/8-1 100% 50,550
802MHRB-21 2.44m 2 165g 7-21g 1/4-3/4 100% 53,000

 

★スピニングモデル

モデル 長さ 重さ ルアー重量 カーボン 価格[円]
(g) (oz)
671LFS-18 2.01m 1 110g 0.9-5g 1/32-3/16 100% 44,000
6102MLFS-19 2.08m 2 120g 1.8-7g 1/16-1/4 100% 45,500
722LRS-21 2.18m 2 105g 0.9-5g 1/32-3/16 100% 48,500
802MHFS-SV13
【震斬 BIWAKO SPEC.】
2.44m 2 140g 5-21g 3/16-3/4 99% 70,000

 

ハートランド 722ML+FB-ST20

3.5-14gのルアーに対応するソリッドティップベイトモデル。

ファーストテーパー。

 

 

ハートランド 6101MRB-18、722MRB-20

5-18gのルアーに対応。

レギュラーテーパー。

 

 

ハートランド 722MHRB-19、802MHRB-21

7-21gまでのルアーが扱えるベイトモデル。

レギュラーテーパー。

 

 

ハートランド 721HRB-18、742HRB-SV12、752HRB-21

11-28gの最も重いルアーに対しているベイトモデル

レギュラーテーパー。

 

 

ハートランド 671LFS-18、6102MLFS-19、722LRS-21[スピニング]

軽量なリグに対応するスピニングモデル。

722LRS-21はレギュラーテーパー、後の2モデルはファーストテーパー。

 

 

ハートランド 802MHFS-SV13[スピニング]

5-21gのルアーに対応するファーストテーパーのモデル。

 

ベイトモデルはレギュラーテーパーのオーソドックスな機種が多いです。

面白みに欠けるともいえるし、なんにでもオールラウンドに使える、とも言えますね♪

どちらかというとキャスティング重視で巻物系に使いやすい乗せのロッド、といったところでしょう。

バスロッドは種類がものすごく多いので、逆にこれくらいの数に絞ってくれる方が買いやすいと思うんですが ( ;∀;)

その中でも722ML+FB-ST20は、ベイトフィネス系のロッドだけどバーサタイルにも使えるので、個人的にはバスだけじゃなくていろんな釣りに使ってみたいですね♪

 

ダイワ ハートランドのインプレ、評価

 

ではダイワ ハートランドのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

気持よく使える感度がすばらしい繊細、といった意見が多いです。

レギュラーテーパーによるキャスティング能力の高さが分かります。

一方で、初心者向けではない、といったネガティブ意見もありました。

釣り具屋でいくつかのモデルを触ってみましたが、さすがにバランスの良さを感じますね。

スペックよりもかなり軽く感じるし、綿密に設計されたモデルなんだな、というのが伝わってきました。

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ハートランドのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ハートランドを紹介しました。

価格的に見ても優れたモデルであるのは間違いないでしょう!

自分のスタイルをしっかり持っているアングラーには、これ以上ない相棒になること間違いないです♪

 

>> ダイワ ハートランドシリーズ 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-バス