広告 チヌ、キビレ

22ブレニアス エクスチューン インプレ評価【比較してみた!】

PRを含みます

釣れたキビレ

 

びぎなん
22 ブレニアス エクスチューン ってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

22 ブレニアス エクスチューンの主な特徴

 

22 ブレニアス エクスチューンはシマノから発売されているチニング用のロッドシリーズ。

Xガイドなど豪華な技術をふんだんに搭載した高性能モデルです♪

ここ最近かなり人気のジャンルのチニング。

チヌやキビレはルアーに好反応で、かなりエキサイティングなゲーム性が魅力です。

また大阪の淀川を筆頭に、都会を流れる河川などで気軽に楽しめるのも人気の理由でしょう。

そんなチニングですが、根の荒い場所でボトム狙いになるのがなかなか難易度が高いところ。

そういった部分でやはり重要になってくるのがロッドではないかと (^^♪

感度や操作性の高さがポイント攻略につながることもあるでしょう!

 

22 ブレニアス エクスチューンに使われている技術などを見てみましょう。

Xガイド

 

感度やキャスティング性能などに優れたXガイドを搭載!

Xガイドでチニングをやってみたい、と思っていた人も少なくないでしょう。

感度の高さにはかなり定評がありますよ。

 

カーボンモノコックグリップ

 

カーボンモノコックグリップもまた高感度で軽量さを誇るもの♪

グリップ内部が空洞でかつ一体型なので、とても振動などが伝わりやすい造りになっています。

XガイドとのW効果が期待できるんじゃないですか (^^♪

 

スパイラルXコア

 

ブランクにはスパイラルXをさらに超えたスパイラルXコアを採用♪

ネジレなどに強いブランクを実現しています。

シマノのチニングロッドの中ではかなり豪華な内容になっていますよ♪

 

22 ブレニアス エクスチューンと他のロッドを比較してみた!

パワーイソメで釣れたキビレ

 

ほかのチニング用ロッドと比べてみましょう。

無印ブレニアスと比較してみる

ブレニアス S78ML ブレニアス エクスチューン S78ML
2.34m 2ピース・仕舞:120cm 2.34m 2ピース・仕舞:119.8cm
適合ルアーウェイト(g):3~18 ルアー:3~18g
カーボン含有率(%):99 カーボン:99.4%
重さ:92g 重さ:95g
ガイド:ステン/SiC ガイド:Xガイド、チタン/SiC
スパイラルX・ハイパワーX・CI4+など  スパイラルXコア・カーボンモノコックグリップ・ハイパワーXなど

 

ほかにも違いはありますが主なポイントなどを紹介します。

無印ブレニアスはブリーム専用ロッドの中間に位置するモデル。

エクスチューンに比べるとリーズナブルな価格帯ながら、実用性の高い内容になっています。

また上位モデルにも負けないくらいの軽量さやラインナップの多さなど、幅広いアングラーに対応しているのも特徴♪

初めての一本にも、2本目3本目としても重宝しそう。

無印ブレニアスは、リーズナブルかつ本格的な使用感を求めるユーザーのニーズに応えてくれそう (^^♪

 

 

無印ブレニアスと比べると、エクスチューンはやはりスペックの高さがとても魅力♪

やはり個人的にXガイドを使ってチニングをやってみたい、と思わずにはいられない (^^;

そこにカーボンモノコックグリップやスパイラルXコアが加わるので、性能が悪いわけないでしょう!

ラインアップとしては執筆時点では少なめですが、どれもメインでオールラウンドに使えるモデル。

ベイト用もラインアップしていますよ。

ブレニアス エクスチューンは、Xガイドや高い性能のロッドを使ってみたい、といったアングラー向けでしょうか♪

 

比較しての個人的なレビューとしては、

  • ブレニアス エクスチューンはやはりスペックが高い!

といったところ。

 

22 ブレニアス エクスチューンのインプレや口コミ評価

 

では22 ブレニアス エクスチューンのインプレや評価などをみてみましょう!

SUSなどいろんなレビューや評判をまとめてみると、

  • 感度が凄い、という意見多数♪
  • キャスティング力や軽さの評判がいい
  • デザインも好評

といった感じです。

 

やはり目立つのは感度の高さでしょう!

Xガイドやカーボンモノコックグリップの効果がしっかりと表れた評価、といってもいいのではないでしょうか。

ボトムを攻略しないといけないので感度の高さは大きなメリット。

さらにキャスティングやパワーに関しての評価も高いものがあります。

冬の繊細なゲームにも使いやすいのではないかと。

ほかにもシマノだけに根本部分は少し固めでティップは柔らかめといった意見。

パワーもありながら繊細さも併せ持つようなタイプかと。

22 ブレニアス エクスチューンは、何を言っても感度の高さに注目したいロッドシリーズ、といった印象ですよ (^^♪

 

22 ブレニアス エクスチューンのラインアップ

品番 長さ ピース 仕舞 重さ ルアー カーボン コード
S72ML 2.18m 2 111.8cm 89g 3~18g 99.3% 242075
S78ML 2.34m 2 119.8cm 95g 3~18g 99.4% 242563
S76M 2.29m 2 117.3cm 95g 5~24g 99.4% 242587
B76ML 2.29m 2 117.3cm 93g 5~24g 99.4% 242068

※公式ページなど参照。個人が調べた執筆時点の情報になります、最新のものや詳細はメーカーHPなどでご確認ください

 

S72ML

 

シリーズ中では一番短いロッド。

細かい操作性や取り回しの良さが特徴です。

 

S78ML、S76M

 

ベーシックに使える2つのモデル。

夜のシャローゲームならS78ML、デイゲームならS76Mあたりかと。

 

B76ML

 

人気のベイトモデルもありますよ!

 

✅各種モデル

 

22 ブレニアス エクスチューンのインプレ、評価まとめ

 

今回は22 ブレニアス エクスチューンを紹介しました。

さすがのスペックや感度の高さが魅力のチニングロッド。

Xガイド&カーボンモノコックグリップを搭載していますよ (^^♪

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-チヌ、キビレ