チヌ、キビレ ロッド

シルバーウルフを徹底紹介!ダイワのチニングロッドシリーズ

シルバーウルフ

 

びぎなん
ダイワの釣り道具が好きなんよね。

ダイワでルアーのチヌ用の竿ってないのかな。

 

ありますよ!

今回はダイワのチニング用のロッド”シルバーウルフシリーズ”を紹介します。

シルバーウルフのロッドだけでも3種類のシリーズがあります。

詳しく紹介しますね。

 

こんな記事

ダイワのチニングロッド、シルバーウルフを紹介!

 

rod

 

シルバーウルフシリーズのロッドとは

シルバーウルフとは銀の狼。

クロダイというより、キビレのイメージでしょうか?

ロッドは赤をあしらったデザインなんですよね。

少しちぐはぐ??

ダイワから出ているシルバーウルフシリーズですが、3種類あります。

  • シルバーウルフ  20000円~25000円
  • シルバーウルフMX  25000円~29000円
  • シルバーウルフ AIR AGS 40000円~50000円

値段ごとに3種類あるんです。

シルバーウルフとシルバーウルフMXはミドルクラスのロッド。

シルバーウルフ AIR AGS は高級ロッドですね。

いまいちシルバーウルフとシルバーウルフMXの2種類ある理由はあいまいですかね。

どちらかあればよかったような。。。。

ネーミングも1個で済ませてますからね。笑

シーバスロッドは、ラテオ、レイジー、モアザンがあるのになぜ?ダイワさん。

うれしいことにシルバーウルフとシルバーウルフ AIR AGSにはパックロッドもラインナップ!

パックロッド好きには非常に気になるところですね。

 

ポイント

シルバーウルフは3種類ある!

 

シルバーウルフ

最も価格の安いシリーズ!

安いといっても20000円前後なので、性能は十分!

 

使われている技術

メガトップ(73MLを除く)

穂先部分の感度がアップ!

高密度HVFカーボン

ブランクスのカーボン密度を高くして、ロッドを強く、粘りもUP。

 

各モデルの詳細

モデル 長さ(m) 継数 仕舞(cm) 重さ(g) ルアー(g) カーボン(%) 価格(円)
73ML 2.21 2 115 87 4-18 97 19500
76L.-S 2.29 2 119 89 2-12 96 19800
76ML-S 2.29 2 119 91 4-18 96 19900
710ML-S 2.39 2 124 96 4-18 96 20200
76ML-S-4 2.29 4 63 100 4-18 86 25500

 

どれもボトムゲームからバイブレーションまで幅広く使えそうなモデル。

個人的におすすめなのは、73ML、76ML-S-4。

73MLは短くて軽いので、チヌが岸近くによって来る夜には最適!

短いロッドほうがフッキングがいいような気がするんですよね。

パックロッド好きにとっては76ML-S-4は気になりますね。

カーボンが控えめなので、丈夫そうです。

パックロッドはあくまで遊び用なので、丈夫じゃないと困る。笑

 

ポイント

一番安いシルバーウルフでもかなりの実力でしょう!

 

寝ているシルバーウルフ

 

シルバーウルフMX

 

 

中間の価格のシルバーウルフMX。

先ほどのシルバーウルフより少し高いくらい。

赤の渋いデザインがかっこいいですね。

 

使われている技術

X45 ロッドにカーボンを巻き付けて、ロッドの強さやねじれを防止する技術。

HVFナノプラスを使用して、ロッドの強さと軽さを実現している。

ガイドは、ステンレスフレーム+SiCリング。ベイトはLNSG、スピニングはKガイド。絡みにくくてライントラブルなし!

メガトップ(※72LB-S、72L-Sのみ)

 

各モデルの詳細

モデル 長さ(m) 重さ(g) 仕舞(cm) ルアー(g) カーボン(%) 価格(円)
72L-S 2.18 95 113 2-12 99 25800
77ML 2.31 105 120 4-18 99 27300
84M 2.54 120 132 5-21 99 28800
72MB-S ベイト 2.18 85 113 2-12 99 25800
78MLB 2.34 100 121 4-18 99 27300

 

さすがにすべてカーボン99%。

無印シルバーウルフと5000円ほどしか変わらないですけどね。

としたらこちらのほうが買いですか。

無印よりもガイド、ブランクスもグレードアップ。

この中で気になるとしたら、84M。

これ一本あればシーバスまでこなせますね。

全体的にシルバーウルフよりも重めなのが気になります。

 

ポイント

一番安いシルバーウルフよりグレードアップ

 

見つめるシルバーウルフ

 

シルバーウルフ AIR AGS

 

一番高級なタイプのシルバーウルフAIR AGS。

40000~50000円の価格帯。

うれしいことにパックロッドもラインナップ。

最近はパックロッドの人気も高いですからね!

 

使われている技術

AGS(エアガイドシステム)空気のように非常に軽いガイド。カーブン製。

X45 ロッドにカーボンを巻き付けて、ロッドの強さやねじれを防止する技術。

HVFナノプラスを使用して、ロッドの強さと軽さを実現している。

V-ジョイント ロッドの継ぎ目を限りなく1ピースロッドに近づける技術

エアセンサーシート リールシートも最高級

 

要するに今のダイワのすべての技術を取り入れたチニングロッド!

この価格なので悪いわけないですよ。

 

各モデルの詳細

モデル 長さ(m) 継数 仕舞(cm) 重さ(g) ルアー(G) カーボン(%) 価格(円)
75LML-S 2.26 2 117 88 3-16 98 39700
79ML 2.36 2 122 93 4-18 99 40700
710ML-MB-S ベイト 2.39 2 122 105 4-24 99 42700
76ML-S-4 2.29 4 63 95 4-18 99 48500

 

 

4種類のラインナップです。

やはり軽いですね。

感度もすごい。

欲を言うなら、ライトアクションのラインアップも欲しかったですね。

ルアーが1~10gくらいでずる引き特化モデル。

でもこの辺りのMLクラスが売れ線なんでしょう。

この中で選ぶとしたら、75LML-S。

僕がチニングロッドに求めるのは、軽さと取り回し。

このクラスのロッドだとどれも感度やキャスト性能は問題ないでしょう。

あと76ML-S-4。

パックロッド好きにはたまらないですが、僕はパックロッドに高級な性能は求めていないんです。

僕にとってはあくまでパックロッドはおもちゃ。

このクラスは2ピースと変わらないですからね。

 

ポイント

シルバーウルフの高級モデル。最新技術をふんだんに使っています。

 

シルバーウルフの目

 

ダイワシルバーウルフまとめ

最近のチニングブームで各社チニングロッドにも力を入れていますね。

ダイワのチニングロッドシルバーウルフ。

全体的に少し硬めのアクション設定ですね。

ルアーで言うと1-10gくらいのラインナップも欲しい気がします。

個人的には一番安い無印シルバーウルフがおすすめです。

高いものに比べると見劣りする感じですが、軽いんですよね。

余計なものがついていないから使いやすい。

余計なもの、という言い方はあれですが。笑

無印シルバーウルフで十分なクオリティ。

チニングはどんなロッドでも釣れるんですよ。

肩ひじ張らずに楽しみましょう!

 

 

 

-チヌ、キビレ, ロッド