バス パックロッド

ダイワ ブラックレーベル トラベルのインプレ評価【性能も怪物!】

ブラックバスポイント

 

びぎなん
ダイワ ブラックレーベル トラベルってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルの主な特徴

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルは、その名の通り旅行などにも便利なパックロッドシリーズ。

実売価格は30000円前半と、ミドルクラスらしいかなりしっかりとしたロッドになっています。

バス用だけじゃなくて、青物や海外の超大物にも使えるようなパワーのあるモデルが目白押し。

ありきたりの対象魚だけでは物足りないようなアングラーにピッタリのシリーズになっています。

 

飛行機で遠征して大物を釣りに行くときや、電車やバスで旅行しつつ釣行する場合にもピッタリ。

ダイワのホームページの魚種適合表を見ると、ナイルパーチ、アリゲーターガー、シャーク、タイガーフィッシュなど好きな人にはたまらないような名前が並んでいます 笑。

 

個性的なラインアップになっているので使いどころは難しかったりしますが、自分のスタイルにピッタリ合えばこれ以上ない位の相棒になること間違いないでしょう♪

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルの特徴などを紹介すると、

X45コブラシールド、3DX

X45フルシールド X45コブラシールド

出典:ダイワ

 

X45コブラシールド、3DXはブランクの強度を高めるダイワの最新技術。

パワーモデルにふさわしい、モンスタークラスが来てもびくともしないようなロッドに仕上がっています。

 

エアセンサーシート、HVF NANOPLUS

エアセンサーシート

出典:ダイワ

 

エアセンサーシートはその名の通り軽量さと高感度を限りなく高めたリールシート。

HVF NANOPLUSは高級ロッドに使われているカーボン素材。

パワーがありながらも、高感度で繊細な面もしっかりと併せ持つロッドになっています♪

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルと他のロッドを比較してみた!

ダイワ ブラックレーベル トラベル

出典:ダイワ

 

シマノやダイワのほかのモバイルロッドと比較してみましょう。

ダイワ エアエッジ モバイルと比較してみる

 

エアエッジ モバイル 644L/MLS-ST ブラックレーベル トラベル S66L-5
1.93m 4ピース・仕舞:57cm 1.98m 5ピース・仕舞:47cm
ルアー:1.8~11g ルアー:0.9~14g
カーボン:99% カーボン:99%
重さ:101g 重さ:98g
ステンレスフレームSICガイド 大口径Kガイド
X45・HVF・ブレーディングX X45コブラシールド・3DX・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート
定価:29,000円 定価:43,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • エアエッジ モバイル 644L/MLS-ST:25000円前後
  • ブラックレーベル トラベル S66L-5:32000円前後

[価格は変動します]

ダイワのバス用のマルチピースモバイルロッドと比べてみました。

ブラックレーベルトラベルの特徴として、バスモデルよりは怪魚系に特化したようなモデルが多いのであまり参考にはならないかもしれませんね (^^;

 

エアエッジ モバイルと比べると、実売の価格差は1.3倍ほど。

意外とそんなに値段が変わらないにもかかわらず、X45コブラシールド・3DX・HVF NANOPLUS・エアセンサーシートといった高級モデルに近い性能になっています。

またブラックレーベルトラベルは、大口径のしっかりとしたガイドを採用しているにもかかわらずエアエッジ モバイルより軽量!

エアエッジ モバイルと比べると価格以上の差がありますね♪

 

フレッシュ、ソルトにこだわらずにいろんな魚種を釣るようなスタイルの人なら、ブラックレーベルトラベルはかなりおすすめ (^^)/

ダイワのロッドシリーズの中では唯一無二といったモデルなので、自分のスタイルに合うものがあればエアエッジ モバイルより買いでしょう。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • エアエッジ モバイルよりも性能は格段に高い
  • その人のスタイルに合うかどうか

といったところ。

 

参考ダイワ エアエッジ モバイルのインプレ評価【徹底比較】もはや1ピース

  びぎなんダイワ エアエッジ モバイルってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ エアエッジ モバイルはどんなロッド? ダ ...

続きを見る

 

シマノ スコーピオンと比べてみると

 

スコーピオン 1652R-5 ブラックレーベル トラベル C66M-5
1.98m 5ピース・仕舞:47cm 1.98m 5ピース・仕舞:46cm
ルアー:7~28g ルアー:5~28g
カーボン:96.6% カーボン:99%
重さ:130g 重さ:115g
ステンレスフレームSIC大口径ガイド 大口径Kガイド
スパイラルX・ハイパワーX・パーフェクションシート X45コブラシールド・3DX・HVF NANOPLUS・エアセンサーシート
定価:37,000円 定価:43,000円

 

ネット上での価格をみると、

  • スコーピオン 1652R-5:27000円前後
  • ブラックレーベル トラベル S66L-5:30000円前後

[価格は変動します]

 

シマノの無差別級のモバイルロッドと比べてみました。

怪魚系はシマノのほうが先駆者的な位置づけではあります。

両者を比べるとスコーピオンのほうが若干安くなっていますね。

スペックではブラックレーベル トラベルが少し軽いくらいで、あとはほぼ似通ってます♪

 

その中で2つの大きな違いはグリップ!

ブラックレーベル トラベルは黒を基調としたデザインのEVAグリップ

スコーピオンは赤を基調としたコルクグリップ

この辺りは好みが別れるところだと思います。

でも海外まで行って無差別で釣るのであれば、汎用性があってタフなEVAグリップのほうがいいんじゃないですか (^^;

 

そのくらいの違いしかないかなリ競合しているシリーズなので、自分のスタイルに合うモデルがある方を選んでもいいですね♪

 

>> シマノ スコーピオンシリーズ 

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルのラインナップ

ダイワ ブラックレーベル トラベル

出典:ダイワ

 

モデル 長さ 仕舞 重さ 適合ルアー テーパー カーボン 価格[円]
(g) (oz.)
N C63MH-5
・FR
1.91m 5 45cm 124g 7~42g 1/4~1・1/2 XF 99% 48,000
C66M-5 1.98m 5 46cm 115g 5~28g 3/16~1 R 99% 43,000
C70MH-5 2.13m 5 49cm 125g 7~42g 1/4~1・1/2 RF 99% 44,000
C73H-5 2.21m 5 50cm 132g 11~84g 3/8~3 F 99% 45,000
C61XXH-5
・SB
1.85m 5 44cm 145g MAX 280 MAX 10 F 99% 46,000
C64XH-5
・SB
1.93m 5 45cm 142g 14~170g 1/2~6 R 99% 48,000
S66L-5 1.98m 5 47cm 98g 0.9~14g 1/32~1/2 F 99% 43,000

 

全7種類のラインナップ♪

ブラックレーベル トラベル N C63MH-5・FR、C70MH-5

 

7~42gのルアーに対応しているベイトモデル。

ブラックバスやナマズはもちろん、シーバスやロックフィッシュ、ライトショアジギングまでこなせますね。

人気のライトショアジギングをやりたいならロングレングスのC70MH-5。

N C63MH-5・FRはエクストラファーストなので高感度で掛けていくスタイル。

どちらかと言えば汎用性が高いのはC70MH-5かと。

 

ブラックレーベル トラベル C66M-5

 

5~28gのルアーに対応したベイトモデル。

ブラックバスや雷魚などがターゲットの中心ならこの辺りのモデルが一番使いやすいかと♪

適合ルアーもノーマルのベイトで使いやすいので、トラベルロッドの最初に一本にも最適。

5~28gのルアーなら中小河川のシーバスや漁港や堤防のロックフィッシュにもピッタリでしょう。

 

ブラックレーベル トラベル C73H-5

 

11~84gのルアーに対応したベイトモデル。

かなりパワーがあるので、国内の淡水、海のほとんどのターゲットならまず力負けするようなことはないんじゃないですか (^^;

ショアジギでも十分活躍しそうです。

 

ブラックレーベル トラベル C61XXH-5・SB、C64XH-5・SB

 

SB:スイムベイト、ビックベイトモデル

完全に海外のモンスタークラスの怪魚狙い向けのベイトモデル。

C61XXH-5・SBはルアーは280gまで対応していますから (^^;

日本国内の淡水魚だともはや話にならないレベルでしょう♪

狙うターゲットは少なくてもメーター越えですね。

 

ブラックレーベル トラベル S66L-5

 

0.9~14gのルアーに対応するスピニングモデル。

今までスケールがどんどん大きくなってきていたのが、一気にしぼんだ形になった感もあります 笑。

スピニングでライトゲーム全般に使える便利なロッドではありますが、なんだかこのシリーズの中では異色にみえますね ((+_+))

 

★ブラックレーベル トラベルの各種モデルはこちら👇★

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルのインプレ、評価

 

ではブラックレーベル トラベルのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

主な意見としては、

  • 軽くて取り回しがいい
  • かなりパワーがある
  • 1ピースや2ピースロッドと変わらない使用感

といった感じになっています。

 

個人的にはどちらかというとブラックバスよりは、アカメや青物といったもっとビックサイズなターゲットで使ってみたいです。

C70MH-5やC73H-5といった重いルアーに対応するモデルが、ショアジギなどにも使えて出番が増えるんじゃないかと♪

アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

ダイワ ブラックレーベル トラベルのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ ブラックレーベル トラベルを紹介しました。

性能もさることながら、夢が広がるようなロッドシリーズ。

記事を書いているうちに、メーターを越えるようなビッグフィッシュを釣りに行きたくなってきました (*^^)v

 

>> ダイワ ブラックレーベル トラベルをアマゾンで見てみる 

>> ダイワ ブラックレーベル トラベルを楽天で見てみる 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-バス, パックロッド