広告 ルアーやアイテム

シマノ ゲームベストライト VF-068Tのインプレ!【比較検証】

 

びぎなん
シマノ ゲームベストライト VF-068Tってどんなフローティングベスト?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tの主な特徴

クリックするとアマゾンに移動します

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tはエントリークラスのフローティングベスト。

一万円を少し超えるくらい【22年2月】にもかかわらず、多機能でかつ軽量なモデルになっています。

重さはなんと約1.0kg (*´Д`)

ほかの多機能なフローティングベストと比べるとかなり軽め!

ライフジャケットはつけ心地で快適さがかなり変わってきますから、軽ければ軽いほどいいのは当然でしょう (^^♪

購入しやすい価格帯なので、初めてのライフジャケットにも、買い替えのためのフローティングベストとしてもピッタリ♪

 

ではシマノ ゲームベストライト VF-068Tの特徴などを紹介すると、

機能性は高級モデル並み

 

大容量のフロントポケットやプライヤーホルダーに加えて、ロッドホルダーまで標準装備 (^^♪

ロッドホルダーが付いていないゲームベストも多いので、うれしいポイントですね。

またⅮ菅もたくさんついているので、自分で好きなアイテムを好きな場所に取り付け可能です。

 

レジャー用ライフジャケット L3

 

浮力が5.85Kg以上のL3モデルになっています。

※磯などのハードなポイントに行く場合は、L2モデルのほうが安心※

サーフや防波堤、河口などのランガンにピッタリのモデルと言えますね♪

 

別売りオプション

 

別売りポーチのBP-071Sを装着するともできて、収納性がさらにアップ!

 

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tと他のライフジャケットを比較してみた!

クリックすると楽天に移動します

 

シマノやダイワのほかのフローティングベストと比較してみましょう。

ゲームベスト VF-024U と比較してみる

 

ゲームベストライト VF-068T ゲームベスト VF-024U
 浮力:浮力 5.85Kg L3  浮力:7.5Kg以上 L2
着丈: 記載なし 着丈: 54.5cm
重さ: 約1.0kg 重さ: 1280g
サイズ:フリー サイズ:フリー
撥水・ロッドホルダー 撥水・ポーチ・背面収納
定価:15,500円、16,500円 定価:22,700円

 

22年2月時点のネット上などのおおよその価格をみると、

  • ゲームベストライトVF-068T:13000円前後
  • ゲームベスト VF-024U:20000円前後

[時期により変動します]

 

シマノの上位機種、ゲームベスト VF-024Uと比べてみました。

ゲームベスト VF-024Uの一番の特徴はやはり、 浮力が7.5Kg以上のL2モデルで磯などにも対応していること。

磯にも行きたいな、と思っている人ならL2モデルを最初から選ぶべき♪

またポーチや背面収納もついていて、より多くのアイテムを持ち運べるようになっていますよ。

 

参考シマノ ゲームベスト VF-024Uのインプレ評価【徹底比較!】

  びぎなんシマノ ゲームベスト VF-024Uってどんなフローティングベスト? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノ ゲームベスト V ...

続きを見る

 

VF-024Uと比べてもゲームベストライトVF-068Tの良さは、軽量さやリーズナブルさ♬

もし磯などに行くことがないのなら、ゲームベストライトVF-068Tで十分でしょう。

コスパも非常に高いですし。

また上位機種についていない、ロッドホルダー採用なのもやっぱりお得感がありますね。

 

比較しての個人的な印象としては、

  • 磯などに行く人はゲームベスト VF-024U
  • サーフや防波堤ならゲームベストライト VF-068T

といった感じです♪

 

ダイワ DF-6421 ライトフロートゲームベストと比較してみた!

 

DF-6421 ライトフロートゲームベスト ゲームベストライト VF-068T
サイズ:フリー 着丈:41cm サイズ:着丈: 記載なし
重さ: 約1.0kg
浮力材:ポリエチレン独立発砲材 浮力材:独立発泡材(NBR、PVC)
浮力:7.5kg/24時間以上  浮力:浮力 5.85Kg L3
撥水・チェストアジャスター機能・プライヤーホルダー 撥水・ロッドホルダー・プライヤーホルダー
定価:15,000円 定価:15,500円、16,500円

 

ダイワの同じようなモデルと比べてみました。

DF-6421 ライトフロートゲームベストもかなりリーズナブルなフローティングベスト。

また浮力は7.5kg、24時間以上と磯などでも使えるモデル。

重さは記載がないので分からないですが、ライトというくらいなので軽めなんでしょう (^^;

この2つで個人的に選ぶとすれば、

磯などにも行く場合でリーズナブルなものが良ければ、DF-6421 ライトフロートゲームベストがピッタリなモデルかと♪

>> ダイワ ライトフロートゲームベスト DF-6421 

 

サーフなどがメインでロッドホルダー付きのものがよければゲームベストライト VF-068T。

どちらも信頼性の高い大手メーカーの製品なので、使い道やデザインの好みに合うものを選べるのがうれしいですね。

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tのラインナップ

ガシラ、カサゴ

 

全4種類のカラーラインナップ♪

品番 カラー 本体価格(円)
VF-068T ブラック 15,500円
VF-068T ネイビー 15,500円
VF-068T グレーダックカモ 16,500円
VF-068T グレー 15,500円

※公式ページ参照

 

サイズはフリーのみ。

 

各カラーラインナップ

 

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tのインプレ、評価

 

ではシマノ ゲームベストライト VF-068Tのインプレ、評価などを見ていきましょう!

SNSなどの意見を簡単に要約してみると、

  • コスパはすごい
  • 軽いので疲れない、買って良かった
  • ポケットが大きくて使いやすいです
  • 見た目がカッコいいのでいつも使っています
  • 耐久性も高くて、長く使える
  • 別売りですがポーチをつけると使いやすい

といった感じです。

 

やはりシマノ製で信頼性が高くてデザインもいい、といった意見が多いです♪

サーフや防波堤なら膨張タイプのライフジャケットが人気ですよね。

でもフローティングベストタイプを一度使うと、便利さから手放せなくなるんです♪

私もウェストタイプとゲームベストタイプ両方持っているんですが、最近はゲームベストタイプの出番が増えてます (^^♪

個人的に考えるフローティングベストタイプの良さは、

  • バックよりも疲れない
  • プライヤーやラインカッターが使いやすい
  • 信頼性が高い
  • 冬はあったかい♪

ショルダーバックにルアーなどを収納して釣りをするよりも、ゲームベストに入れておくほうが全然疲れないんです。

また体に密着しているので、体のバランスも崩れにくいので安全ですし。

個人的には電車やバイク釣行なら膨張式が便利ですが、車ならフローティングベストタイプのほうが使いやすいんじゃないかなと思っています。

さすがに真夏のデイゲームはきついですが、ナイトゲームなら問題なく使えますよ。

いずれにしろ釣りに行くときは絶対にライフジャケットは使うようにしたいです♪

 

アマゾンのカスタマーレビューもとても参考になりますよ♪

 

シマノ ゲームベストライト VF-068Tのインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノ ゲームベストライト VF-068Tを紹介しました。

価格的にもパフォーマンスが高いフローティングベストタイプ。

機能性が高いので、釣りの快適さも向上しますよ!

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-ルアーやアイテム