メバリング、アジング

シマノ19ソアレ BB アジングのインプレや評価【コスパがヤバイ】

ソアレ BB アジング

 

びぎなん
アジング専用ロッドのソアレ BB アジングってどんな感じ?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

シマノ 19ソアレ BB アジングの主な特徴

うみ、海岸、磯

 

シマノのライトソルト用ロッドの人気シリーズ、ソアレ BBのアジング専用ロッド。

アジングがかなり人気というだけあって、各社からたくさんの専用ロッドが出ています。

アジングはロッドが一番重要になってくるので、専用ロッドを絶対おすすめします。

上位ロッドに使われているような技術を採用していて、ベテランアングラーでも納得できるようなクオリティに関わらず10000円ちょいで購入できる、かなりおすすめのロッド。

入門者用のロッドという位置づけですが、上級者のサブのロッドとしても十分な機能を持っています。

ここ最近の10000円台のロッドのクオリティは、はっきり言ってひと昔前の中堅クラスぐらいの性能がありますからね。

これから釣りを始める人にとっては、本当にいい時代になりました (^^♪

 

ノーマルのソアレ BBはこちらをどうぞ↓↓↓

参考シマノ19ソアレ BBの評価やインプレ!完全比較してみると分かった!

  びぎなんライトゲーム用のロッドが欲しいんだけど、シマノのソアレ BBってどうなんだろう? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノ 19ソ ...

続きを見る

 

おもな特徴などを紹介すると、

ハイレスポンスソリッド

ハイレスポンスソリッド

出典:シマノ

S610L-S、S74L-Sに採用。

ソリッドの穂先のことで、柔らかさと魚の掛けやすさ、両方を兼ね備えた技術。

S64UL-Sはタフテックを採用

 

CI4+ブリッジライクシート

ブリッジライクシート

出典:シマノ

 

軽量かつ高感度の、上位クラスのロッドに採用されているリールシートが使われています。

この価格で凝ったリールシートを使ってるロッドってあまりないですからね。

 

シマノ 19ソアレ BB アジングと他のロッドと比較してみた

アジ

 

アジングはロッドが一番重要。

シマノやダイワのほかのアジングロッドと比較してみましょう。

 

シマノ ソルティーアドバンス、ソアレ TT アジングと比較してみる

 

シマノの同じような価格帯のロッドと比べてみると、

ソルティーアドバンス S610L-S ソアレ BB アジング S610L-S ソアレ TT アジング S610L-S
2ピース・仕舞:106.5cm 2ピース・仕舞:106.5cm 2ピース・仕舞:106.5cm
適合ルアーウェイト(g) 0.5~12 0.5~12g 0.5~12g
カーボン含有率(%):98.8 98.8% 98.9%
重さ:67g 70g 64g
ステンレスフレームKガイド ステンレスフレームSICガイド ステンレスフレームSICガイド
  ブリッジライクシート スパイラルX・CI4+ブリッジライクシート
定価:11,400円 定価:15,000円 定価:19,400円

 

ネット上での価格的にみると、

  • ソルティーアドバンス S610L-S:8500円前後
  • ソアレ BB アジング S610L-S:11500円前後
  • ソアレ TT アジング S610L-S:14000円前後

[価格は変動します]

シマノのほかのアジング用ロッドと比較してみました。

スペックだけを比較する限り、ソルティーアドバンスがかなり優秀ですね!

ステンレスフレームKガイドで実質1万円切ります。

実際に使い比べてみないと分からないですが、リールシートをとるかKガイドをとるか、といったところ。

もしこの3つで迷うなら、ソルティーアドバンスが妥当なところかも (^^;

評判もいいですしね。

個人的には、もし予算があるならもう一つ上位のソアレSSの購入を考えてもいいじゃないかなと思います。

 

比較しての個人的な結論としては、

  • スペックを比較する限り、ソルティーアドバンスがいい!
  • 予算があるならソアレSSも選択肢に入れてみよう。

といったところ。

 

ダイワの月下美人 AJINGと比べてみると

アジ

 

月下美人 AJING 68L-S ソアレBBアジング S610L-S
2ピース・長さ:2.03m 2ピース・長さ:2.08cm
ルアー:0.5-8g 0.5~12g
カーボン含有率:96% 98.8%
標準自重:63g 70g
トップガイドSiCガイド SICガイド
定価:15,000円 15,000円

 

ダイワの同価格帯のロッドと比較してみると、カーボン含有率がソアレBBアジングのほうが高いです。

ガイドはダイワはトップだけSIC。

投げるルアーが軽量なので正直SICじゃなくても問題ないと思います。

個人的な意見では、ソアレBBアジングのほうが適合ルアーの重さが幅広いので、いろんな釣りに流用できることが魅力。

アジングメインでチニングやブラックバスもこなせるほうが出番も多くなってコスパがよくなりますよね♪

このあたりは行くポイントだったり、その人のスタイルの問題になってきますね。

 

シマノ 19ソアレ BB アジングのラインナップ

アジングで釣れたアジ

 

全3種類のロッドがラインナップ。

アジングするための基本的なロッドはすべて揃います。

 

ソアレ BB アジング S64UL-S

  • 全長:1.93m
  • 継数(本):2/仕舞寸法:99.0cm
  • 自重:70g
  • 先径:0.8mm
  • ルアーウェイト(g):0.3~6g
  • ライン:PE(号) 0.1~0.4 / ナイロン・フロロ1~3lb

シリーズ中最も柔らかい、ライトなモデル。

より軽いルアーや、小型のアジが多い場所に向いています。

でも大型のアジやセイゴなどが来ても十分対応できる粘りがあります。

 

ソアレ BB アジング S610L-S

  • 全長:2.08m
  • 継数(本):2/仕舞寸法(cm):106.5cm
  • 自重:70g
  • 先径:0.8mm
  • ルアーウェイト:0.5~12g
  • ライン:PE(号) 0.1~0.6 / ナイロン・フロロ 1.5~4lb

アジングでは基本となるレングスとアクション。

初めての一本に最適。

ジグヘッドからプラグまで何でもこなせます。

 

ソアレ BB アジング S74L-S

  • 全長:2.24m
  • 継数(本):2/仕舞寸法(cm):114.5cm
  • 自重:71g
  • 先径:0.8mm
  • ルアーウェイト:0.5~12g
  • ライン:PE(号) 0.1~0.6 / ナイロン・フロロ(lb) 1.5~4lb

遠投が必要な場所やテトラがある場所、足場が高い時に便利なロングモデル。

チニングやシーバスも視野に入れている人にはこのモデルがおすすめ。

上のショートモデルと比べてもたった1gしか変わらないので、操作性はかなり高いです。

 

>>ソアレ BBをアマゾンで見てみる 

 

シマノ 19ソアレ BB アジングのインプレ、評価

 

ではソアレ BB アジングのインプレや実際の評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

アジング用ロッドと言いながらアジ以外に使っている人が多いんです。

かなり粘りがあるブランクなので、いいサイズのチヌくらいならへっちゃら。

ショートレングスなので淡水の釣りにもバッチリです。

アマゾンのカスタマーレビューがかなりの数あって、とても参考になりますよ♪

 

シマノ 19ソアレ BB アジングのインプレ、評価まとめ

 

今回はシマノ 19ソアレ BB アジングの特徴やインプレ、評価を紹介しました。

最近人気のアジング用のロッドだけあって、かなりクオリティの高いロッドになっています。

結構短いロッドなので、淡水でも使ってみたくなります。

 

今回紹介したロッドはこちら↓↓↓

 

-メバリング、アジング