広告 メバリング、アジング

ルナキアのインプレ評価【比較検証!】意外とラインナップが個性的

アジ

舞洲で仕留めたアジ♪

 

びぎなん
ルナキアってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

➤ ルナキアはどんなロッド?

  1. ルナキアの主な特徴
  2. ほかのロッドと比較してみる!
  3. ルナキアのラインナップ
  4. ルナキアのインプレ

※クリックするとジャンプします

 

ルナキアの主な特徴

 

ルナキアは天龍 Tenryu が発売しているライトソルト用のロッドシリーズ。

ミドルクラスの価格帯で、リーズナブルながらも本格的な釣行に対応しているようなモデルになっています♪

天龍はロッドなどを中心に取り扱っている釣り具のメーカー。

あまり使ったことがないという人も多いのではないでしょうか (^^;

ルナキアは今かなり人気のアジングやメリングからライトゲーム全般向けのシリーズ。

番手によってはチヌやシーバスなども狙えそうなロッドもありますね。

ミドルクラスならではといった高いスペックで、さらに釣り場で人と被ることも少なそうです (^^♪

 

ではルナキアの特徴などを紹介すると、

チタンフレームガイド

 

ミドルクラスとしては標準的なチタンフレームガイド採用!

ライトゲームではタックルの軽量さや感度がやはり重要になってきます。

モデルによってATガイドも採用されていて、しっかりとこだわったセッティング♪

 

カーボン・ナノ・チューブ

 

ブランクにはC・N・T カーボン・ナノ・チューブ採用で、バットの粘りやしなやかさが向上しています。

ティップ部分もソリッド、チューブラーとこだわった素材になっています。

 

ルナキアと他のロッドを比較してみた!

ライトゲームで釣れたセイゴ

 

ほかのライトゲーム用のロッドと比較してみましょう。

シマノ ソアレ XRと比較してみる

 

シマノの他のロッドと比べてみると、

ルナキア LK752S-MMHT ソアレ XR S76UL-T
2.26m 2ピース・仕舞:116cm 2.29m 2ピース・仕舞:117.1cm
適合ルアーウェイト(g) :MAX10 ルアー:0.6~6g
重さ:70g 75g
チタンSiCガイド Xガイド・チタンSICガイド
C・N・T素材  スパイラルXコア・カーボンモノコックグリップ・ブリッジライクシートなど

※公式ページ参照。執筆時点の情報になります、最新のものはメーカーHPなどでご確認ください

 

シマノの大体同じような価格帯のロッドシリーズはソアレ XRあたりになりますね。

ソアレ XRはなんといってもXガイド採用 (*´Д`)

感度が凄いと定評があるだけに、Xガイドはポイントが高いですね。

またカーボンモノコックグリップも、これまた感度が高くて人気のパーツなので、ミドルクラスのロッドの充実ぶりはやはり凄い!

ソアレシリーズは、適合ルアーウェイトを見るとかなりバーサタイルに使えるモデルが多いです。

一本のロッドでいろいろな事をやれるので、汎用性といったところも魅力ですよ!

 

参考シマノ 21ソアレXRのインプレ評価【徹底比較】クラス最強!

  びぎなんシマノ 21ソアレXRってどんなロッド? という疑問にお答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ シマノ 21ソアレXRはどんなロッド? 21ソアレX ...

続きを見る

 

ソアレ XRと比べてみると、ルナキアは超軽量のジグ単を扱いやすいモデルが多いです。

LK532S-ULSはキャストできるルアーのMAXがなんと1.5g (*´Д`)

気軽にできる漁港などでの常夜灯を攻めるような釣りには使いやすいロッドが多い、といった印象です。

 

個人的にはソアレが万人受けしそうなモデルとすれば、ルナキアはコアなファンに受けそうな感じでしょうか (*^^)v

ソアレ XRと比べても、お互いスペック的にも個性があって競合しているモデルといえますね。

 

比較しての個人的なインプレとしては、

  • ルナキアは特化型のモデルがGOOD

といったところ。

 

ルナキアのラインナップ

 

全6種類のラインナップ♪

モデル 長さ ピース アクション 仕舞 ルアー
LK532S-ULS 1.60[5'3"] 2 EXF 82.5cm MAX1.5g
LK582S-LS 1.72[5'8"] 2 EXF 89cm MAX2g
LK632S-LMLS 1.90[6'3"] 2 EXF 98cm MAX3g
LK6102S-MLT 2.08[6'10"] 2 RF 107cm MAX5g
LK752S-MMHT 2.26[7'5"] 2 RF 116cm MAX10g
LK822S-HT 2.49[8'2"] 2 RF 127cm MAX25g

※公式ページ参照。執筆時点の情報になります、最新のものはメーカーHPなどでご確認ください

 

LK532S-ULS、LK582S-LS

ショートレングスで常夜灯回りを超軽量ジグ単で攻めるのに適したモデル。

1g以下のジグ単がメインの場合なら実力を発揮してくれそうです♪

 

LK632S-LMLS、LK6102S-MLT

バーサタイルに使えそうな6フィート台のモデル。

堤防などでも使いやすそうです♪

 

LK752S-MMHT

重めのリグを使うようなライトゲームにも対応します。

ライトなチニングや、軽量なメタルジグを使ったゲームにも面白そうですね♪

 

LK822S-HT

シリーズ中一番重いルアーに対応するモデル。

フロートリグなど、重たいものを遠投することも可能。

ばち抜けシーバスなどにも使えそうです♪

 

ルナキア各種モデル

 

 

ルナキアのインプレ、評価

食べてもうまいアジ

アジは料理も最高♪

 

ではルナキアのインプレ、評価などを見ていきましょう!

いろんな口コミで目立つのは、

  • 感度が優秀
  • 軽量のジグ単が使いやすい
  • デザインが◎
  • しっかり曲がる

といった感じです。

 

ショートレングスのタイプはやはりアジングで使っている人が多いですね。

超軽量ジグ単で本領を発揮しそうです。

しかしながらレビューで目立ったのはLK822S-HT。

ロックフィッシュや軽量のショアジギングなどで使っている人がかなり多い、といった印象です。

ライトゲームのロッドで 25gまでキャスティングできるロッドはあまりないですから。

釣りに行くポイントやスタイルによっては、かなり使い勝手が良さそうです♪

全体的にみても価格に対しての性能はかなり評価が高い、と言ってもいいのではないでしょうか (^^♪

 

ルナキアのインプレ、評価まとめ

 

今回はルナキアを紹介しました。

アジングやメバリングを中心に、パワーのある番手まで揃うライトゲームのロッドシリーズ。

エントリーモデルとは一線を画すスペックや性能です♪

 

各種モデル

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-メバリング、アジング