広告 そのほかの釣りなど

飛竜 イカダのインプレ評価【比較してみた!】高い実用性で使いやすい

 

びぎなん
飛竜 イカダってどんなロッド?

という疑問にお答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

➤ 飛竜 イカダはどんなロッド?

  1. 飛竜 イカダの主な特徴
  2. ほかのロッドと比較!
  3. 飛竜 イカダの各ラインナップなど
  4. 飛竜 イカダのインプレ

※クリックするとジャンプします

 

ダイワ 飛竜 イカダの主な特徴

 

飛竜 イカダはダイワから発売されている、エントリークラスのイカダ竿。

筏釣りは筏やカセなどからチヌなどを狙っていく独特の釣り方です。

小さなアタリをしっかりとキャッチして、大型の魚の引きも受け止めるような、繊細かつパワーのあるロッドが必要です。

飛竜 イカダはエントリークラスとはいえ、ダイワのしっかりとした技術がつまった実用性能の高いモデル♪

初心者だけではなく、幅広いアングラーから人気がありますよ♪

 

では飛竜 イカダの特徴などを紹介すると、

X45

 

X45はダイワのカーボン技術で、ブランクにカーボンを巻き付けて強度などを向上させる技術。

大型のチヌの引きもしっかりと受け止めてくれますよ♪

 

グラスソリッド

 

穂先には繊細なグラスソリッド採用!

3色に塗り分けがされていて、視認性も高いです。

小さなアタリも視覚で捉えることができるようになっています。

 

DAIWA 飛竜 イカダと他のロッドを比較してみた!

チヌ、キビレ

 

ほかのイカダロッドと比較してみましょう。

ブラックジャック イカダと比較してみる

飛竜 イカダ 150P・V ブラックジャック イカダ 145・V
1.5m 2ピース・仕舞:100cm 1.45m 2ピース・仕舞:101cm
先径/元径:0.35/10.9mm 先径/元径:0.3/10.9mm
カーボン含有率(%):2 3%
重さ:80g 75g
SiCガイド[元部] SiCガイド[元部]
X45 X45・V-ジョイント・エアセンサーシート

※公式ページ参照。執筆時点の情報になります、最新のものはメーカーHPなどでご確認ください

 

ダイワの上位機種と比べてみました。

ブラックジャック イカダはミドルクラスのロッドで、実売の価格もかなり上がってしまいますね (^^;

しかしながらV-ジョイント・エアセンサーシートといったこだわりの技術が使われています。

やはり価格が高いだけに、エントリークラスとは一味も二味も違った操作性!

繊細なアタリを感じるような感度の高さが重要なことを考えると、特にエアセンサーシートはポイントが高いかと♪

 

 

上位モデルと比べると、飛竜 イカダのリーズナブルさはかなり魅力的!

リールシートなどグレードは下がってしまいますが、スペックを見ると上位モデルとほとんど変わらない部分も多いです。

特に重さなども非常に軽量で使いやすくなっています。

とりあえず筏釣りをやってみたいから、リーズナブルでもしっかりしたタックルが欲しい、といったアングラー向けかと♪

また年に数回釣行する程度の人でも、購入しやすい価格帯です。

 

比較しての個人的なインプレとしては、

  • 飛竜 イカダは派手さはないが実用的!

といった感じです。

 

飛竜 イカダのラインナップ

 

板シートタイプとパイプシートタイプがありますよ♪

モデル 長さ ピース 仕舞 重さ 先径/元経 カーボン[%]
150・V 1.51m 2 85cm 85g 0.35/22.4mm 42
180・V 1.81m 2 101cm 95g 0.35/22.4mm 39
210・V 2.11m 2 116cm 105g 0.35/22.4mm 35
120P・V 1.2m 2 70cm 74g 0.35/10.9mm 3
150P・V 1.5m 2 100cm 80g 0.35/10.9mm 2
180P・V 1.8m 2 130cm 95g 0.35/10.9mm 2

※公式ページ参照。執筆時点の情報になります、最新のものはメーカーHPなどでご確認ください

 

150・V、180・V、210・V

先調子の板シートモデル。

210・Vならヘチ釣りなどにも使えそうです。

 

120P・V、150P・V、180P・V

本調子で乗せが得意のパイプシートモデル。

 

飛竜 イカダ各種モデル

 

飛竜 イカダのインプレ、評価

クロダイ

 

では飛竜 イカダのインプレ、評価などを見ていきましょう!

口コミやレビューで多かったものとしては、

  • ビギナーでも使いやすい
  • 感度がいい
  • コスパ高い

といった感じです。

 

かなり長く使っている、といった人もいて実用レベルで見るとしっかりとしたロッド、という印象です (^^♪

また穂先が繊細でかなり感度がいい分、すごく細くなっています。

やはりぶつけたりすると折れの原因になったりするので、注意が必要ですね♪

 

全体的にみても、やはり筏釣り用のロッドとしてはかなりリーズナブル!

気軽に筏釣りを始められるし、モデルによってはヘチ釣りなど防波堤の釣りなどにも流用可能なので、一本あればいろいろと活躍してくれそうです。

繊細なアタリと強烈な引きのコントラストが非常に魅力的なのがチヌ釣りの特徴。

飛竜 イカダなら初心者でもその魅力を十分に堪能できるのではないでしょうか♪

 

ダイワ 飛竜 イカダのインプレ、評価まとめ

 

今回は飛竜 イカダを紹介しました。

エントリーのモデルですが実用性もしっかりとしているイカダ用ロッド。

今シーズンは筏釣りを始めてみませんか♪

 

 

   
※※価格や情報に関しては執筆時点のものになります、最新のものはショップなどでご確認ください※※
   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-そのほかの釣りなど