バス

ダイワ 21 ブレイゾンの評価インプレ【徹底比較】ヤバい性能

ブラックバスのポイント

 

びぎなん
ダイワ 21 ブレイゾンってどんなロッド?

という疑問に答えします。

 

こんな記事[もくじ]

 

ダイワ 21 ブレイゾンの主な特徴

 

ダイワ 21 ブレイゾンはエントリークラスのロッドでありながら、高級ロッドに使われる技術を採用しているコスパの高いロッド。

1万円台前半という、誰にでも購入しやすい価格帯!

バス用のロッドってかなり競争が激しいこともあって、こういったミドルローエンドクラスのものにも贅沢な技術が使われているんです (^^;

またバスロッドはかなり万能に使えるので、下手なエントリークラスのソルトロッドやトラウトロッドを使うのであれば、同じような価格帯のバス用ロッドのほうが性能が高いです。

 

ブレイゾン一本で、フレッシュもソルトもかなり幅広く使える♪

そういった意味でもかなりコストパフォーマンスに優れたロッドになっています。

 

テレスコのブレイゾンモバイルはこちら👇

参考ダイワ ブレイゾン モバイルのインプレ評価【比較検証してみた!】

  びぎなんダイワ ブレイゾン モバイルってどんなロッド? という疑問に答えします。   ☑こんな記事[もくじ]   ➤ ダイワ ブレイゾン モバイルはどんなロッド? ダ ...

続きを見る

 

では気になるダイワ 21 ブレイゾンの特徴などを紹介すると、

エアセンサーシート、カーボンモノコックリアグリップ

エアセンサーシート

出典:ダイワ

 

この価格でエアセンサーシートにカーボンモノコックリアグリップってすごくないですか ( ;∀;)

ほかのモデルならミドルクラス以上に採用されているもの。

感度は明らかにエントリークラスじゃないですね (^^;

バスロッドって人気があって売れる本数も多いんでしょう。

 

HVF、ブレーディングX

HVF[エイチブイエフ]

出典:ダイワ

 

HVF、ブレーディングXは高級ロッドにも使われているカーボンの技術。

強度や軽量さに大きく貢献しています。

 

ほかにも、

  • MEGATOP メガトップ[ソリッドモデル]

といったものが使われています。

 

1万円台前半という価格帯では、これ以上ない位の性能です (^^;

上を見ればきりがないですが、限りなくミドルクラスに近い使用感であることは間違いないかと♪

 

ダイワ 21 ブレイゾンと他のロッドを比較してみた!

ブレイゾン

出典:ダイワ

 

シマノやダイワのほかのバスロッドと比較してみましょう。

ダイワ バス X、リベリオンと比較してみる

ダイワのバスロッドと比べてみると、

バス X 662MB ブレイゾン C66M-2 リベリオン 662MFB
1.98m 2ピース・仕舞:103cm 1.98m 2ピース・仕舞:103cm 1.98m 2ピース・仕舞:103cm
適合ルアーウェイト(g): 5~21 ルアー:5~21g ルアー:5~21g
カーボン含有率(%):88 カーボン:88% カーボン:99%
重さ:116g 重さ:107g 重さ:104g
ガイド:記載なし オールSiCリングKガイド オールステンレスフレームSiCガイド[外部サイト参照]
エアセンサーシート・HVF・ブレーディングX・カーボンモノコックリアグリップ X45・エアセンサーシート・ブレーディングX・リベリオンナット
定価:9,900円 定価:17,800円 定価:25,600円

 

ネット上での価格をみると、

  • バス X 662MB:9000円前後
  • ブレイゾン C66M-2:14000円前後
  • リベリオン 662MFB:20000円前後

[価格は変動します]

 

ダイワの上位下位のバスロッドと比べてみました。

ローエンドのバス Xと比べてみると、実売の価格の差は1.5倍ほど。

バス Xもリーズナブルですがかなり評判がいいロッド。

できるだけコストを抑えたい人にはピッタリです。

でもブレイゾンは、エアセンサーシート・HVF・カーボンモノコックリアグリップといったミドルクラスの技術を使っていることを考えると、予算があるなら絶対ブレイゾンのほうがいい!

感度がまるっきり違います(^^;

 

リベリオンと比べてみると、価格差は約1.4倍。

ホームページには確認した限り情報がなかったですが、リベリオンはステンレスフレームSiCガイド。

>> ダイワ リベリオン  

ネット検索するとブレイゾンはアルコナイトといった情報もありますが、オールSiCリングKガイドのようです👇

ブレイゾンのガイドのついてのダイワのホームページ

もっとはっきりと記載してほしいものです。。。

リベリオンと比べてもX45以外スペック的にはほとんど差がないですね♪

 

個人的にこの2つならブレイゾンのほうが明らかにコスパが高い!

 

比較しての個人的な結論としては、

  • バス Xもリーズナブルだけど、予算があれば絶対ブレイゾン
  • リベリオンと比べてもガイド以外は負けていない

といったところ。

 

シマノ ゾディアスと比べてみると

ブレイゾン

出典:ダイワ

 

ブレイゾン C66M-2 ゾディアス 166M-2
1.98m 2ピース・仕舞:103cm 1.98m 2ピース・仕舞:101.7cm
ルアー:5~21g ルアー:7~21g
カーボン:88% カーボン:99.2%
重さ:107g 重さ:102g
オールSiCリングKガイド オールKガイド[スピニング]・マイクロガイド
エアセンサーシート・HVF・ブレーディングX・カーボンモノコックリアグリップ ハイパワーX ・パーフェクションシートXT・カーボンモノコックグリップ・タフテックα・CI4+など
定価:17,800円 定価:19,300円

 

ネット上での価格をみると、

  • ブレイゾン C66M-2:14000円前後
  • ゾディアス 166M-2:14000円前後

[価格は変動します]

シマノの同価格帯のロッドと比べてみました。

両モデル意識し合っているのは明らかなので、ほぼ差がないですね (^^;

ゾディアスは調べた限りではトップがSICみたいです。

オールSiCリングKガイドのブレイゾンのほうが少しだけお得感はありますね (^^)/

>> シマノ ゾディアス 

 

ダイワ 21 ブレイゾンのラインナップ

 

1ピースベイトモデル

モデル 長さ 継数 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー重量 ライン 調子 カーボン 価格[円]
(g) (oz.) (lb.) PE(#)
C64L-BF 1.93m 2※ 165cm 100g 1.7/10.9mm 1.8~11g 1/16~3/8 5~12 F 86% 16,500
C68L-BF 2.03m 2※ 175cm 106g 1.6/10.9mm 1.8~11g 1/16~3/8 5~12 F 87% 16,800
C66ML 1.98m 2※ 170cm 104g 1.7/10.9mm 3.5~14g 1/8~1/2 6~14 RF 86% 17,100
C66M 1.98m 2※ 170cm 108g 2.0/12.9mm 5~21g 3/16~3/4 8~16 RF 87% 17,400
C610M 2.08m 2※ 179cm 108g 1.8/12.9mm 5~21g 3/16~3/4 8~16 RF 89% 17,700
C67MH-FR 2m 2※ 172cm 111g 2.0/12.9mm 7~28g 1/4~1 10~20 MAX 5 F 90% 18,000
C610MH 2.08m 2※ 179cm 112g 2.1/12.9mm 7~28g 1/4~1 10~20 F 90% 18,300
C611H-SB 2.11m 2※ 181cm 120g 1.7/14.9mm 11~113g 3/8~4 14~30 MAX 5 S 90% 18,900
C72H 2.18m 2※ 188cm 126g 2.0/14.9mm 11~42g 3/8~1・1/2 12~25 F 90% 19,200
C70XH 2.13m 2※ 182cm 135g 2.2/14.9mm 14~84g 1/2~3 14~30 MAX 6 RF 89% 19,200

 

2ピースベイトモデル

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー重量 ライン 調子 カーボン 価格[円]
(g) (oz.) (lb.) PE(#)
C64L-2・BF 1.93m 2 100cm 95g 1.6/8.9mm 1.8~11g 1/16~3/8 5~12 F 85% 16,900
C68L-2・BF 2.03m 2 105cm 100g 1.6/9.4mm 1.8~11g 1/16~3/8 5~12 F 89% 17,200
C66ML-2 1.98m 2 102cm 101g 1.7/9.9mm 3.5~14g 1/8~1/2 6~14 RF 88% 17,500
C66M-2 1.98m 2 103cm 107g 2.0/9.8mm 5~21g 3/16~3/4 8~16 RF 88% 17,800
C610M-2 2.08m 2 107cm 110g 2.0/10.7mm 5~21g 3/16~3/4 8~16 RF 88% 18,100
C67MH-2・FR 2m 2 104cm 120g 2.0/10.9mm 7~28g 1/4~1 10~20 MAX 5 F 89% 18,400
C610MH-2 2.08m 2 107cm 123g 2.1/11.4mm 7~28g 1/4~1 10~20 F 90% 18,700
C611H-2・SB 2.11m 2 109cm 124g 1.7/12.9mm 11~113g 3/8~4 14~30 MAX 5 S 91% 19,300
C72H-2 2.18m 2 112cm 132g 2.1/12.9mm 11~42g 3/8~1・1/2 12~25 F 91% 19,600
C70XH-2 2.13m 2 110cm 130g 2.2/12.9mm 14~84g 1/2~3 14~30 MAX 6 RF 91% 19,600

 

1ピーススピニングモデル

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー重量 ライン 調子 カーボン 価格[円]
(g) (oz.) (lb.) PE(#)
S63UL-ST 1.91m 2※ 167cm 86g 0.8/10.8mm 0.45~3.5g 1/64~1/8 1.5~4 XF 85% 17,500
S64L-ST 1.93m 2※ 169cm 89g 1.2/10.8mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 86% 18,100
S64L 1.93m 2※ 169cm 87g 1.4/10.8mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 88% 17,800
S69L 2.06m 2※ 181cm 93g 1.5/10.9mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 87% 18,400
S67ML 2.01m 2※ 176cm 94g 1.5/10.9mm 1.8~11g 1/16~3/8 4~8 F 88% 18,700
S68MH 2.03m 2※ 177cm 110g 2.2/12.9mm 3.5~21g 1/8~3/4 8~20 0.8~2.0 RF 91% 19,000

 

2ピーススピニングモデル

モデル 長さ 仕舞 重さ 先径/元径 ルアー重量 ライン 調子 カーボン 価格[円]
(g) (oz.) (lb.) PE(#)
S63UL-2・ST 1.91m 2 99cm 90g 0.8/8.4mm 0.45~3.5g 1/64~1/8 1.5~4 XF 84% 17,900
S64L-2・ST 1.93m 2 100cm 92g 1.2/8.9mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 89% 18,500
S64L-2 1.93m 2 100cm 91g 1.4/9.4mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 87% 18,200
S69L-2 2.06m 2 106cm 96g 1.5/9.9mm 0.9~7g 1/32~1/4 2.5~6 F 88% 18,800
S67ML-2 2.01m 2 104cm 96g 1.5/9.9mm 1.8~11g 1/16~3/8 4~8 F 88% 19,100
S68MH-2 2.03m 2 105cm 108g 2.2/10.4mm 3.5~21g 1/8~3/4 8~20 0.8~2.0 RF 89% 19,400

※1ピースモデルはグリップジョイント

 

1ピースや2ピース、ベイト&スピニングとかなりの数がラインアップ!

21 ブレイゾン C64L-BF、C64L-2・BF、C68L-BF、C68L-2・BF

 

ライトアクションのベイトモデルが4種類♪

1.8~11gのルアーに対応。

ベイトフィネスとしてのモデルですが、トラウトやライトソルトに使っても面白そうです

 

21 ブレイゾン C66ML、C66ML-2

 

ミディアムライトアクションのベイトモデルが2種類ラインアップ。

3.5~14gのルアーに対応。

初めての一本ならこの辺りのモデルが使いやすいかと♪

 

21 ブレイゾン C66M、C66M-2、C610M、C610M-2

 

万能に使えるミディアムアクションが4種類。

5~21gのルアーに対応。

一本で済ませたいならMLかMモデルになりますね。

 

21 ブレイゾン C610MH、C610MH-2、C67MH-FR、C67MH-2・FR

 

7~28gのルアーに対応するミディアムヘビーのベイトモデル。

FRはフロッグモデルだそうです。

 

21 ブレイゾン C611H-SB、C611H-2・SB

 

11~113gの重量級ルアーに対応するベイトモデル。

公式ホームページによれば、ビックベイトに最適な位置づけ。

 

21 ブレイゾン C72H、C72H-2、C70XH、C70XH-2

 

かなり重たいルアーでも操作できるパワーのあるベイトモデル。

障害物の多いポイントでのランカー相手ならこれくらいのパワーは欲しいです♪

 

今回紹介しているブレイゾンベイトモデルのシリーズはこちら👇

 

21 ブレイゾン S63UL-ST、S63UL-2・ST、S64L-ST、S64L-2・ST

 

繊細なソリッドティップのスピニングモデルが4種類。

かなり軽量なリグに最適♪

軽量なルアーが中心ならスピニングのほうが使いやすいですよ♪

トラウトやソルトのライトゲームにも流用できそう。

 

21 ブレイゾン S64L、S64L-2、S69L、S69L-2

 

0.9~7gまでのルアーに対応しているライトアクションのスピニングモデル。

ライトゲームならフレッシュ、ソルト問わず万能に使えますね♪

 

21 ブレイゾン S67ML、S67ML-2

 

1.8~11gのルアーに対応して、万能に使えるミディアムライトアクションのスピニングモデル。

こちらも万能タイプ。

一本あったら何かと重宝しそうです♪

 

21 ブレイゾン S68MH、S68MH-2

 

3.5~21gの幅広いルアーに対応しているフィネスモデル。

少し重たいルアーで遠投することも可能です。

 

今回紹介しているブレイゾンシリーズはこちら👇

 

ダイワ 21 ブレイゾンのインプレ、評価

 

ではダイワ ブレイゾンのインプレ、評価などを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

1万円前後でこの性能なので、当然評価は高いです。

  • かなり使いやすい
  • この価格でこんなロッドが買えるなんてビックリ
  • 自分にはこれ以上必要ない

といった感じの良い意見が目立ちます♪

私も釣具屋で触ってみましたが、この価格とは思えないシャープさ!

感度も絶対いいので、エントリークラスでこのレベルだったら、高級ロッドもう必要ないかも。。。とちょっと思ってしまいました ( ;∀;)

アマゾンのカスタマーレビューがとても参考になりますよ♪

 

ダイワ 21 ブレイゾンのインプレ、評価まとめ

 

今回はダイワ 21 ブレイゾンを紹介しました。

価格的に見てもすべてのパフォーマンスがすごいロッドなので、初級者から上級者までおすすめできます。

初心者の最初の一本としてはもちろん、ベテランのサブのロッドとしても活躍すること間違いないでしょう♪

 

>>ダイワ ブレイゾンシリーズを見てみる

 

 

 

   
※※あんぶろ!で使わせてもらっているツイッターや画像など、もし不適切なものがあればすぐに削除など対応しますので、問い合わせのページからなんでもお気軽にメールして下さい♪※※

-バス